IE8のActiveXコントロールについて

IE8のレンダリングモードに引き続き、今度はIE8のActiveXコントロールに関してお勉強。

Microsoftは、Windows VistaとWindows Server 2008で稼働するIE 8では、データ実行防止(DEP:Data Execution Prevention)と非実行ページ保護(NX:No eXxecute)機能をデフォルトでオンにする。
IE 8でセキュリティ機能のデフォルト設定が変更に – ITmedia エンタープライズ

ということで、ActiveXコントロールに関しては以下のようにしないとIE8(と、DEPを有効にしたIE7)では動かないらしい。

  • アドオンのコードで旧バージョンのATL(Active Template Library)を利用している場合、ATL バージョン7.1 SP1以上(Visual Studio 2005にはATL 8.0が含まれる)で再構築する
  • リンカオプション/NXCOMPATを設定し、アドオンがDEP・NXと互換性があることを指定する

とりあえず、Visual Studio 2005あたりで/NXCOMPTオプションをつけて際ビルドすればOKの模様。(理解が浅いです。有識者からの突っ込みをお待ちしております。)

 

で、これに関しては、そもそもATLって何よ?というレベルでした。今の理解は以下の程度。

 

うーん。難しいですね。とりあえずIE8でインストール、動作しないActiveXがあったらUpdateを待てばよいようです・・・・。(弱気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。