今日は終日ITpro EXPOSpecial in Summer 2014に参加していました。とはいってもブースで立っていたのですが。そして、ほとんどブローシャを配っていただけなのですが。セッションで喋るのは色々と時間的余裕がないので今回は遠慮させてもらいましたが、説明のためにブースには立つ形でした。でも、やはりみなさんセッションを聞きに来ていてあまりブースで会話できないので、時間効率を考えるとブースに立たない方が良いのかも…と思ったりもしました。次回はもうちょっとうまくやろう…。

でも、ブースで立っていたら、人生ではじめて親類以外の「胡田さん」に出会って会話するという事件が(個人的に出来事というより事件レベル)。とっても嬉しかったです。自分が思ってたよりもずっと。私は親戚付き合いも昔からほとんど無いし、大きく言えば「日本人」みたいな意識も相当希薄なのですが、なんだか無性に嬉しかったです。むしろ自分と同じ苗字の人に出会わないからそういう感覚が希薄なのかな?とも思いつつ。

そんなこともあって、親父に電話をして、祖父の出身をはじめて聞いてみました。広島県の下蒲刈島というところだったそうな。でも、よく知らないらしい。自分も親父がどこで生まれ育ったのかとかしらないもんな…。広島県の下蒲刈島はgoogle map & earthで見てみたところ瀬戸内海の小さな島みたいですね。いつか目的もなく行ってみたい気もします。

で、イベントの後は、大学時代のボランティアサークル…には3つ所属してたのですがそのうちの1つの友人たちと10年~15年ぶりくらいに会いました。もう大学時代が遠い昔過ぎてかなりのことを忘れていましたが、会話するうちに色々な事を思い出して、とても懐かしく、楽しい時を過ごしました。今にして思えば当時、陸の孤島であった筑波大の、さらにボランティアサークルに所属するような人たちは本当に本当にいい人ばっかりだったなぁと思います。私も含めて(笑)。人間(※筑波大用語)だった人たちのそれなりの人たちは、福祉関連だったり、教育関連だったり、心理系だったり、「お金儲け」てきなところからはかなり離れた所で頑張っているらしくなんというか、自分の今とは随分違うなぁと思う所です。いや、元からそうとう違ったのですが。

1日、色々な事があって、色々な事を思う日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。