屋外での演奏

4月29日に松戸市の21世紀の森と広場で、5月7日にららぽーと新三郷でそれぞれ屋外で演奏をしました。

私はエレキベースを弾いているので、そもそも屋外だと電源の心配からしなくちゃいけないし、ベースアンプ含めて重い荷物を持って回らなくちゃいけないしで大変なので、あまり積極的に演奏をしたい気持ちにはならないのですが、それでも演奏するとやっぱり楽しいですね。

それでも、屋外だと音が発散してしまって周りの演奏の音が聞こえなくて非常に演奏しづらく、あとで自分の演奏のだめさにヘコむ…ということを繰り返してました。

でも、先日のららぽーと新三郷のステージにはきちんと屋根があって、音響のことも考えられた設計だったので、屋外とは思えないくらい演奏しやすくてびっくりしました。きちんと音を出すことを考えて設計された空間ってやっぱり凄いんだなと改めて感じました。当たり前なのでしょうけど…。

 

それでも、屋外で演奏すると、手の汗のかきかたの違いなどもあって、いつもの練習の通りの演奏ができなくてもやもやします。普段の練習から外でやればいいのかもしれませんが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。