1人の時間と次女と2人のカラオケ

先週末はずいぶん久しぶりに4時間ほど1人で過ごせる時間がありました。やらなくちゃとずっと思いながら手を動かせていなかった書物を進めました。結構進んだので心理的にずいぶん楽になりました。

やっぱり私もたまに1人で過ごせる時間が必要ですね。

午後は次女と二人っきりでカラオケに行きました。私はカラオケはどちらかというと嫌いなのですが、次女と2人だけのカラオケはとても楽しかったです。次女はずいぶんと音程が正確になってきました。歌う才能結構ありそうです。

次女はキッズルームで滑り台など滑って遊んでる時間も長かったので、私もずいぶん久しぶりに結構歌いました。というか人生で一番歌った密度が高かったかもしれない。

小学生の時からずっと大好きな徳永英明の(カバーじゃない)曲を沢山歌いました。多分20~30年ぶりくらいに歌った曲も多かったような。覚えているもんですね。懐かしかったり、今の自分にとって心にしみる歌詞だったりでちょっと涙ぐみながら歌ったりしてました。変なオヤジすぎますが。

それでもやっぱり好きな曲、自分の心を癒やしてくれるような曲をしっかりと自分で持っておくというのは、人生においてすごく大事なことなんだろうなと改めてもらいました。

最近はストリーミングのサービスがとても便利なので、Google HomeやAlexaに「なんか曲かけて」とお願いすればとりあえずBGMは飽きないように書け続けてくれるのですが、そうじゃない自分のお気に入りの曲をまた持ちたいなぁと思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。