中学の体育祭

この週末は、長女の中学にて体育祭がありました。

中学生は若いですね。みんな一生懸命やってました。特に応援団を中心に応援を必死でやってました。勝敗にも一喜一憂して…。いや、若いですね。青春ですね。

私としても自分が中学生のときだった以来の中学生の体育祭ではありますが、私は中高一貫だったので、思えば中学生だけの体育祭というのを見るのは初めてでした。あとにして思えばダンス的なものがなかったですな。中学生だけの体育祭ではそういうものなのかな?私の中高の体育祭ではA団からF団まで6グループに分かれて競い合う上に「ダンサーズ」というものがあり、自分たちでダンスを考えて、衣装を作って、踊って…というのが一大イベントだったんですけどね。あと、団ごとにかなり大きなオリジナルイラストを描いたり。あれは、高校生もいたからこそできたことだった…のかな?ちょっとよくわかりませんが。

まぁ、でもそんなことお構いなしに中学生は輝いてましたね。いや、青春っていいですね。

私は中学校の「おやじの会」に入りまして、ちょっとだけボランティア活動をしていました、が、ほぼなんの役にもたっておりませんでした。幼稚園、小学校、中学校…と子どもたちが大きくなると子どもたちで完結してできることも多くなるし、そうすべきだし、親としてのイベント事での役割は小さくなりますね。

そんなか、一番違いを感じたのは親の参加率でした。幼稚園とか小学校だと体育祭、運動会だと場所取りからすごいことになっているわけですが、中学校だとほとんどだれもならんでいないどころか、開会式もおわって競技もはじまって、自分の子供がでるところだけちょっとだけ見る…かも…くらいの感じでした。見に来ていない親も相当数だったと思います。場所とりの必要すらないくらいの感じでした。小学校と中学校で親のモードがずいぶん変わるんですかね。ちょっとまだよくわからない感覚ですが。

そういえば、授業参観もほとんど親いなかったですしね、私が参加しすぎなのかもしれませんが、はてさて。

まぁ、なんにしても、長女もずいぶん中学生活を楽しくやってるみたいなので喜ばしいことです。

アスレチックと、プールと居酒屋と。

今日は息子もすっかり復調したので、私は仕事を…ちょっとやりつつ、午前中は市内のまだ行ったことのないアスレチックのある公園に長男と次女と3人で行ってきました。

息子はまだ復調したばかりだし、腕も完全ではないのでアスレチックはほんのちょっとの参加で、あとは軽いボールを投げたり、フリスビーをしたりして過ごしました。

お昼を食べて帰ってゆっくり…しようと思いましたが、次女が行きたいというので、午後はお隣柏市のプールに。プールを週一て習ってるのに土日にもプールに行きたがる次女はもしかすると本物かもしれません。

そんなわけで、午前も午後も運動をして疲れました。

夜は早い時間から久し振りに家族で居酒屋に。色々と思い通りにはいかないものです。

映画

今日は家族で映画を見に行って、それぞれ好きな作品を見ました。我が家の子どもたちもしっかりと映画を最後まで見られるようになったので大変よい感じです。

妻と長女はそれぞれみたい作品を、私と息子と次女はいっしょにクレヨンしんちゃんの「爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」を見てきました。クレヨンしんちゃんの映画はほとんど見ている気がしますが、今回の作品はとても面白かったです。映画館でたまたま一緒の回を見ている人と同じところで笑えるっていいですよね。

ここ数週間映画やTVアニメなどの映像作品をたくさん見てます。主にAmazon Primeにて、たまにレンタルで借りたり、映画館で見たり。やっぱり映画とかはスケールが大きいものが多いので自分の悩みなどがちっぽけなものに思えるし、家族愛ものを見れば家族を大切にしなきゃなって思うし、いろいろと精神衛生上良いですね。精神衛生上よくないものもあるので作品は選ばないとですが。

あと数年したら映画館でも自分の好きな作品を選んで見られるようになりますかね。楽しみです。

GW後半

皆さんこんばんは。胡田です。

すっかりPCを起動して持ち出すのが億劫になってしまい、日記もほとんど書かなくなってしまった胡田です。いつも久し振りに日記をかくので、どこまでなにを書いたのかわすれてしまっていて、なにを書けばよくわからなくなりますが…とりあえず、GW後半も半分おわったのでGW後半の二日間のことを書き残しておこうと思います。

まず、せっかくのGWなので色々と非日常的な事を…ということはまったくしておらず。わざわざ混んでいるところにも出かけずにのんびりと過ごす…予定だったのですが、息子が体調を崩してしまい、昨日と今日はずっと看病してました。

とはいえ、以前はすぐに点滴が必要なレベルで弱ってしまっていた息子も大きく、強くなりまして、今回は3回の嘔吐と1回の病院通院にて、今日の昼過ぎにはもうかなり元気になってました。

体調悪くて寝込んでいたのは1.5日程度。最後の方は吐かない間に妻がこういう時のために購入してくれていたラムネを食べて血糖値をあげてもちなおしました。病院でもらった薬よりもはるかによく効きました。

以前は、なにかちょっとでも口にさせると5ふん後くらいにはすぐに全部吐いてしまうレベルで嘔吐を繰り返していましたが、そこまででは無くなってきたのは本当にからだが大きく、成長したのだなという印象があります。

そもそも体調をくずさないでくれればよいというのは当たり前なんですけどね。

私は、子供達が体調を崩すと心配でかわいそうで、どうしても放っておくことができず、ずっと近くに付き添って、無意味に声をかけてあげたり、タオルを額に当ててあげたり、背中をさすってあげたりします。夜もまともに寝られない状態になります。時間効率が悪かったり、意味がなかったりする面は多分にありますが、病気になったり、怪我をした時には、多分自分の親にもそうしてもらったのだろうと思います。自分の子供が病気だったり怪我をしたりして苦しんでいる時に、気にせずになにか他のことをする気になれません。

このあたり、多分自分が子供のときにどのようにされてきたのかということが影響しているように思います。病気の時って家族がやけに優しくて、それが当たり前だと思ってました。

新生活

4月ももうおしまいですね。

すっかり日記を書くのが久しぶりになってしまいました。今日はGWということで鹿嶋の実家に長男と次女だけつれて帰ってきており、のんびり日記を書いています。天気もいいし、気分も良いです。両親に(全員じゃないけど)孫を見せられるのは本当に良いです。本当はもっとずっとずっとずっと頻繁にこられるといいのだけど。家族とはいえ別人格なので私の希望通りにはできず残念です。

息子の骨折、骨折後の喘息、次女も喘息、体調不良などありましたが、大事には至らずなんとかやっております。

息子はギブスが学校以外では外してよいことになりました。一ヶ月動かさないでいると関節が固まるんですね。まだ完全には伸ばせず、曲げられず、傷跡も痛々しいですが、この程度ですんで本当によかったなと思う所です。

次女も小学校が始まり毎日ドキドキの新一年生という感じでやってます。新体操も水泳も続けて取り込んでますし、ハキハキと頑張ってます。

長女は吹奏楽部に入るぞと息巻いており、体験入部の段階ではあれこれと楽器を日替わりで体験させてもらって楽しんでいたようです。でもやはり小学校のときと同じようにユーホニウムを希望しているそうです。オーディションで決まるそうです。結構部活を頑張りたいらしく、むしろ厳しい練習を希望しているみたいです。今は。さて、どうなることやら。

私は4月から部下を持たなくなり、名目上は管理職からエンジニア枠に変更となりました。もう日記にもかいたっけかな?とりあえず現状は4月だからというのもありますが、ミーティングが激減してたいへん良い感じです。少しはブログの執筆も再開しましたし、日経クラウドファーストへの寄稿も依頼があれば引き受けようという体制になってきました。

そう言えば日記に書いていなかった気がしますが、Azure App Service Web Appsの記事書きました。

日経クラウドファーストは自分が執筆作業をしている時と、実際に出版、公開されるタイミングがずれているので、自分でもいつ日記なり言及していいのかわからないんですよね…。

ハイブリッドクラウド研究会でのマイナビさんへの連載も書いてます。

こちらは研究会の活動がもっと活発になったらどんどん記載予定…ですが、私がうまく10社以上20人以上の会議をうまくファシリテートする必要があり、そこに苦労してます。

ブログも最近あたらしいものをつくって、結構まじめに中身の濃い記事を書くものにしようとしてます。以下のあたりは結構真面目に時間をかけて書いてます。

Windowsインフラ管理者への道」は当初結構真面目に記事を書いて、それを下敷きにしながら本も執筆しました。「Microsoft Cloud Administrators」も結構真面目に記事を書いて、それを元にしながら、Microosftのクラウド管理者向けの本を執筆できればなと考えています。

 

ところで、住宅ローンがまだ完済できておらず。予定、目論見よりもかなり遅れています。ちょっとお金を使いすぎな感じです。あるはもっと稼ぎたい感じです。マネープラン的にはこの1年、2年が勝負な感じです。もうちょっとリスクを取りに行くべきなのか・・・。うーん。悩ましいです。

入学式 / 喘息

先日、長女の中学校の入学式でした。

せっかくなので、有休をとって式に参加してきました。さすがに中学校ともなると入学式が面白くないですね(笑。少子化が社会問題の昨今ですが、自宅近所の中学校は6クラス合計200名強の規模ということで、さすがは東京のベッドタウンだなと感じます。

腕を骨折中の息子も学校に行きはじめ、春休みも終わって日常になりつつあります。

が、息子がまたちょっと咳をしだして、昨晩は呼吸に異音も混ざり、苦しそうな感じでした。少しは体が大きく強くなり、以前のように夜間救急に駆け込んで吸引、点滴…という感じではなかったので自宅で様子をみました。それでも、ときおり10秒くらい無呼吸になってから寝返りを打って苦しそうにすることを繰り返しており、私は心配でまともに寝られませんでした…。

が、いつも通り朝になったら普通に元気にしているので大丈夫なのですが。とりあえずさきほどかかりつけの医者にいって薬を貰ってきたので、これでごまかせるかなと思います。

子供たちの中では息子の病院率がべらぼうに高いです…。もう少し大きくなったらこれもなくなると良いなぁと思ってます。

4月になりましたね。

4月になりましたね。

私は仕事にて部長という立場からテクニカルロールにロール変更がありました。部下は0人です。4月だからというのもありますが、ミーティングが劇的に減って大変良い感じです。

ここ数日は半年くらいそもそも時間が取れなくて全く手を付けられていなかった仕事に手をつけており、大変精神衛生上好ましい感じです。

あらためて再認識ですが、私は技術的なことを追いかけるのが楽しいので、これをうまく活かしたいと考えています。うまくできるといいのですが。

 

日記にも書いたと思いますが息子の腕の骨折も、骨折してギブスをしている状態にも本人も家族も慣れてきて、落ち着いてきました。子供たちは春休みがそろそろ終わるので浮足立っていますが(笑

色々とありますが、物事の良い面を見て、悪い面はなるべく見ないようにして、日々過ごしていきたいと思います。

あ、そういえば、日経クラウドファーストにまた寄稿させてもらいました。もっと幅広くやりたい所です。

Amazon primeで映画を見る

人生に疲れたので、いくつか映画をみて心を癒やしています。

最近はまずAmazon Primeで評判の良い映画を探して見る感じですね。映画館に行くよりも超お手軽なので、しばらくはこのパターンかなと思います。

 

「きっと、うまくいく」。インド映画を見るのは初めてかも?本当にいきなり歌って踊りだすんですね。とてもおもしろかったです。まさに今の私に必要な要素が詰まってた気がします。

 

 

なぜか見ちゃいました。今の私に必要な映画ではなかったです。テンポが違う!音程が違う!って…全然わからなかったです。それでも、最後まで見ちゃいました…。面白かったです。

 

 

いや、これは今の私にとても必要な映画だったと思います。ずいぶん笑って見ました。元気になった気がします。

 

他にもおすすめあれば教えてくださいませ。

ディズニーシーに車で迎えにいく

今日は春休み…というか、小学生と中学生の間の長女が友達と4人だけでディズニーシーに行きそれなりに遅くまで遊びたい…という事だったので、車で迎えに行きました。

迎えに行くだけなのに駐車場に料金を払ってはいるのもさけたく調べたら送迎の車が使えるスペースがある、ということだったのでそのシステムを使いました。

事前のインターネットでの調査では情報不足で色々とわからない点があったので、今日のことを記録しておきます。

  • 春休み平日の午後7時前後はディズニーランド、シー付近の交通量は十分に少ない(今日はたまたまかもですが)
  • ディズニーランドとシーの周りをぐるっと車で回ると1週10分から15分程度。
  • 駐車場入口のゲート前は4,5車線あり、混んでいない時間ならはじに停めて待機可能だった。(ただし混んでる時にははそうはいかないだろうと思う。)
  • 送迎であることを駐車場入口で伝えると、入場時間を記録した紙をワイパーに挟んでくれ、誘導してくれる。
  • 別途入場時間がわかるチケットももらえ、「10分まで無料」との記載がある。
  • ディズニーシーの出入り口ゲートまで30秒くらいの場所に駐車できる。
  • 駐車場入口のゲートから駐車スペースまでは車でほんの1分ほどの距離。
  • 駐車場に車を停めて、入口ゲートまで迎えに行ける。
  • 駐車中や、送迎スペースをでるときにはチケットの確認などはなかった
  • すいてる時間なら10分を超えても全く問題なさそうだった。混んでいる時と空いている時で全く対応が違うと予想。
  • 駐車できるのは近い場所は10台程度だった印象。もっと手前にも駐車可能なスペースはあり、混雑時の運用は不明。

というわけで、閉園時間ならまだしも春休み平日の6時、7時、8時くらいであれば、特に心配せずに車で迎えに行っても全く問題ない感じでした。

むしろ周辺ではない道路が混雑すると思うので、そちらにはまらないように時間に余裕を持って移動するのが良さそうでした。

なお、今日もGoogle Mapさんに痺れるルートを案内されて疲れました…が、時間の見積もりはドンピシャでした。さすがです。

ロフトベッドの下に電子ドラムを設置

結構前の話ですが、どうしても電子ドラムが欲しくて、でも置き場所がなくて、苦肉の策でロフトベッドの下に電子ドラムを設置する、ということをしました。

想定どおりにうまく行ったのですが、実例を紹介している人はほぼインターネットを探しても見つからなかったうえに、本当に「ギリギリ」だったので、同じことをしたいと考える人のために情報を公開しておきたいと思います。

現在の状態

現在以下のような状態になっています。

電子ドラム、ギター、ベース、PC、アンプ等をおいて、狭いながらも自分のやりたい音楽関連の事ができるスペースになりました。

購入したロフトベッド

私が購入した電子ドラムはYAMAHA DTX 532KFSなのですが電子ドラム自体はかなりコンパクトなものが多く設置面ではどれでも大丈夫だと思います。

それよりもロフトベッドの選択の方が重要でした。私が購入したものは以下です。他で探してもいいものがなく、珍しく楽天で購入しました。

 

 

 

ポイント – 高さ確保!

唯一にして最大のポイントは、「ロフト下の空間の高さが高いもの」にしないといけないという点です。まぁ、当たり前ではあるのですが、ドラム自体の高さはそれほどないものの、ベッドの下にスローン(椅子)をおいてそこに座るわけで、きちんと高さが確保できないと座れません。

この商品はロフトベッドの置き場所として確保可能な場所における中でロフト下の空間の高さが1番高いものでした。

私は座高が高いので…、このロフトベッドはロフトの下の空間の高さが146cmなのですが、超ギリギリです。というかスローンを正しい高さにして、背筋を伸ばしてきちんと座ると、頭があたってしまいます。でもまぁ、ちょっとスローンを低めにセットして普通に演奏する分にはまったく支障ない感じではあります。

くれぐれも、ドラム演奏時に高さが足りるものを選択する必要があります。

私の場合にはロフトベッドとドラムを同時に買ったので一旦高さを計測して…ということもできず、探した中で1番ロフト下の空間が高いものを選択しましたがそれでも、ギリギリでした。他のものはどれももっとずっと高さが低かったので、これを選ばなかったら目的を達成できないところでした。相対的に値段が高い商品だったのですが、これを選択して本当に良かったです。

ちなみに私は身長174cmで、座高はきちんと図っていないのですが、かなり座高高めです。もっと身長、座高の低い人ならもっと高さの低いもので良いと思いますが、このあたり不安であれば

  • まず、ドラム関連を購入する
  • 必要な高さを実際に計測する
  • 高さが足りるロフトベッドを購入する

というステップを踏んだほうが安心だと思います。

もちろん、そのときにドラムを置く場所が無いから困ってるんだという話ではあるのですが…。

 

簡単ですが、私の事例を共有させてもらいました。電子ドラムの置き場所に困っている方、自分のスペースが無くて困っている人の参考になれば幸いです。