最近は書籍の執筆をぼちぼちやりながら、プログラミングがしたくてゲームプログラミングをかなり久しぶりにやってます。私のプログラミングの入り口はゲームプログラミングなので原点回帰的な感じではあります。

で、どのプラットフォームで、どのライブラリを使ってやろうかなと考えながら色々と見て回ってました。

Pyxelあたりが簡単にレトロゲームが作れていい感じそうに思いました。あえての制約も多いので完成までの道のりも短かそうですし。

ですが、作ったものの公開方法として簡単にiOSでも遊べるくらいじゃないと子供達にもやらせにくいなという点が心理的ボトルネックに。

以前みたいにまた生のHTML+JavaScriptで書いたりenchant.jsでもいいなとか、色々とライブラリを見て回ったのですがあまりピンとくるものがなく。

1番モダンでリッチなものとしてはUnityだと思うのですが、それはちょっと開発環境が重すぎたりUnity自体を覚えるという要素が強すぎてあまり気軽に手を出す感じでもない……と思っていました。ですがせっかく最近は時間と気力があるのでちょっとUnityの環境をインストールして、Webで適当に見つけた2Dゲームのチュートリアルで手を動かしてみているのですが、圧倒的な「仕組みあります」感にビビってます。生産性の高さがやばいですね。そりゃシェア高いはずだと実感しちゃいました。

というわけで、Unityでちょっとゲームを作ってみようと思います。

一方息子はプロゼミをつかってドラクエっぽいゲームを作ってました。自然とオブジェクト指向になれたようですし、すでにシーンの切り替えも理解したそうです。画像素材はgoogle画像検索であれこれとってきて普通に利用しており…、当たり前に自分のやりたいことを実現できる雰囲気になってました。環境が良いからってのもあると思いますが、結構センスあるなぁと自分の子供ながら感心してます。


I wrote a diary in Japanese first. I thought to translate it into English later but It is very difficult for me because of my poor English skill.

It is easy to quit writing diaries in English but I don’t want to do it. I want to get used to writing in English more.

Then, I decided to write different things in Japanese and English today. English is difficult…

インフルエンザ / flu

3連休ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?我が家は息子がインフルエンザになりまして、看病をしながら家でのんびり過ごしております。

かかりつけの医者に連れて行ったのですが、そこで同じ小学校の友人(父もその息子さんも)に複数名会いました。先生からは「君も4年生か」と言われました。小学校4年生で大流行しているそうです。

インフルエンザに対しては、ゾフルーザを処方されてそれを飲ませました。錠剤ですがかなり小さく飲みやすそうな感じでした。今年からの新薬(?)だそうで。

息子は吐きやすい体質で、今回も4回ほど嘔吐しています。でも、病院で吐き気どめの座薬入れてもらって、薬を飲んでからは吐かずにすんだのでよかったです。

はやくげんきになーれ。


It is three consecutive holidays. How is everyone going? My family spends days at home because my son got influenza.

I took him to a family doctor. We met several friends who go to the same elementary school. The doctor told us, “You also are the 4th grade”. flu is prevalent in 4th grade so much. The friends are also 4th grade actually.

A “Zofluza” was prescribed and let him drink it. It was a tablet but it was quite small and it seemed easy to drink.

My son is easy to throw up. This time he thrown up four times. But it was good that I got a nausea suppository in the hospital and He did not vomit after taking medicine.

He will getting well soon.

うーん。英語が怪しすぎる・・・。

start working

Today was the first day of work this year.

I took holiday for 16days. I almost forgot about work, but I usually write “code” for my work even it is infrastructure work. the “code” helped me so much today. I’ll continue to write code more and more.

End of winter holiday

Three of my kids are almost end of winter holiday. We were tackled to our homework today.

My son is such a clever person. he is not so smart, but he doesn’t do unnecessary things. I suspect he doesn’t do all homework, but he announced he have done all homework. I didn’t see when he is doing homework but it’s ok. He will manage many things.

My oldest daughter is too serious about all things in her childhood. She became not so serious person now. She started her homework today. I think it is good. I hope she will learn “manage” many things roughly. She may have trouble with learning English, I’m worried about it.

My young daughter has her own pace. She have done almost all her homework, but it’s quarity is not so good but she says it’s ok, I agree it.

I wrote some my article about my book. It may take much time than I expected. I try to make time to write book.

It is difficult to write diary in English. I’m relatively familiar with use English about IT related things but not about daily things. This diary may be good practice for me.

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

といってももう2019年も3日ですが。私は12月21日が仕事納めで仕事はじめも1月7日にしたのでなんと16連休です。社会人になってからこんなに連続で休むのは初めてだと思います。学生のときも中学校以上は部活があったりサークルがあったりバイトしてたりと色々あったので実質的には多分小学生以来の長期休暇な気がします。のんびり。リフレッシュ中です。

2018年は色々と変化のあった年でした。長女は中学生に、次女は小学生になりすっかり生活のリズムが変化しました。仕事での自分のポジションも変更になり、部下が0人にもなりました。長女ができてからずいぶんと自分の生き方を家庭にシフトしていたのですが、それももうすっかりおしまい、一区切りという形で次の状態にシフトしています。

2018年の目標的なものはたぶん日記には書かなかった(気がする)のですが、個人的には作成していて、仕事の面では外部露出を多くする方針でした。結果登壇も二桁回やりましたし、コミュニティイベントでも喋れましたし、社外の人との絡みも随分増やせたので良かったと思います。

音楽面では電子ドラムを購入してドラムもちょっとはたたけるようになって、セッションデビューもしましたのでそのあたりは予定通りです。ドラムもやってみて改めて「ベースをもっときちんとやりたい」と思ったのも収穫でした。毎朝の練習は相変わらず継続しており結構自分なりに納得できる品質のようなものは一段レベルが上がった気がしています。自分の演奏に納得しているわけではまったく無いですが。というか、自分のリズム感のなさには結構今更ながらガッカリしてます。もっと鍛えたい。

予定ではもっと自分の演奏動画を公開する予定でしたが、自宅のADSL回線(!)の速度が遅すぎて撮ったものがいつまでたっても公開できず…という状況になってしまいました。エラーになってしまうのです。そんなこんなもあって回線は光回線をこの間申し込んで、1月下旬には開通予定なのでその後はもうちょっと公開動画が多くなる予定です。

継続しているし、動画も撮ってるけど…というのは将棋も同じでして。毎日将棋ウォーズ3局は続けてます。楽しいです。が、いつまでたっても2級のままです。それでも、相手の指す手も少しづつ見えてきたのでもうちょっと真面目にきちんと元気なときにお酒を飲まずにじっくりときちんと考えて取り組めば1級にはなれそうな気がしてきました。もう少し定跡を勉強すれば初段も見えてくるかな?という気もしていますが…これはでもやっぱりまだまだ時間かかるだろうと思います。

そういえば、2018年には2曲オリジナル曲を曲がりなりにも作成できたので良かったです。これまで中学生くらいから作曲をたまーーーにしてるけれども、5年に1曲くらいしか完成していなかったのが、3ヶ月で2曲くらい一応つくれたのは個人的には画期的でした。本を書き終えたらまた作曲したいな。

うーん。ダラダラと書いてしまいましたが、継続するものは継続しつつ、2019年には何をしたいかというと…。

  • 本を1冊書きます。
    • もう何年も書く書く詐欺になってますが、今の状況なら毎日1,2時間は執筆時間が取れるので早朝の時間を使って書きたいと思います。
    • もう目次も決めたしあとは時間をとって書き続ければ完成可能なめどはたっているので…、できるはず…!できた実績あるし。
    • 書いても出版できないかもしれませんが、その場合Kindleでセルフパブリッシングします。
    • 1,2,3月くらいで集中的にやる予定。
  • 作曲します。
    • 本を書き終わったら作曲したいと思います。
  • 将棋は毎日指して1級になります。
    • 毎日将棋ウォーズ3局は続けます。
    • 少しは詰将棋もやります。3手詰めくらいはさっと解けるようになりたい。
  • ベースは毎日練習を継続します。
    • バンド仲間で4月に演奏する機会があるのでそれをこなします。
    • 2019年の後半にもどこかで演奏する機会を設けてやりたい。
    • 月イチのThrobberのセッションforビギナーズには引き続き参加しつつ、長女にもセッション参加してもらう予定。
  • 父親を海外旅行に連れて行きます。
    • 父親がまだ海外に行ったことが無いので連れていきたいと思います。
    • すでに6月にカナダ旅行を予約済みなので多分普通に実現できる…はず。
  • Microsoft MVP継続
    • もう5年継続していて、継続するのが当たり前的な感じになってますが、そういえば一旦継続を断念した時がありました。時間がもう全然取れなくて。
    • でも、仕事の状況が変わったのでまた継続できるようになったと思います。
    • Global Summitにも参加しますし、Microsoft MVPも継続します。
  • 英語で日記を書く
    • 英語は結構「このくらいできていればまぁ現状ではよかろう」というところまでは力がついたなと感じています。
    • つまり、「今日からコミュニケーションは全部英語」と言われても、なんとかやっていけるだろうと思えるくらいにはなっています。いや、全然英語力としては不十分でしょうけれども心理的な面では大丈夫。
    • 仕事でもすでに某プロダクト周りでは日本人同士のやり取りも英語にしてますし、それが結構当たり前にできているので。
    • で、もうちょっと英語のOutput力をつけるために日記を英語で書こうかなと思います。

というわけで、2019年最初のこの日記は日本語で書きましたが、このあとこの日記は突然英語でずっとかかれることになる…予定です。続くかどうかはよくわかりませんが…。ゆる~く行きたいと思います。

執筆環境を整えました

昨晩は子どもたちと一緒に早く寝まして、今朝は朝5時に起きて執筆環境を再整備しました。やり方はいろいろと悩んだのですが結局下記のようにしました。

  • 目次の作成のみOutliner
  • Windows上でのVSCodeをメインの執筆環境にする
  • 執筆のためのファイルは全体を1ファイルにする
  • ファイル形式はMarkdown形式
  • VSCodeのアウトライン表示を活用
  • Azure DevOps上のプライベートレポジトリでバージョン管理
  • さらにDropbox上に配置
  • 移動中はiPhone上のiA Writerで執筆

本当はMarkdown形式に対応したリッチなアウトラインエディタがあればそれを使いたかったのですが、無償では見つけられませんでした。残念。

前回の執筆時にはWordのアウトライン機能をメインで使っていたのですが、画像を貼り付けたときにそれと画像ファイルのファイル名を紐付けるのが難しくて苦労したので今回はMarkdownでその問題を回避しようと思います。移動中にも執筆しやすいのもポイント高いです。Azure DevOpsを使えばプライベートレポジトリを無料で持てるのもいい感じです。

目次は後でまた変更するかもしれませんが、一旦これでいこうというものができたのであとは片っ端から黙々と書いていけば完成までこぎつけられるはずです。仕事の状況等も含めて今がチャンスなので完成までは結構毎朝集中してやろうと思います。年末年始も年越しせず…。

なお、やっぱり朝早起きして数時間レベルで1人で集中して1つのことをすると1日「今日はもう朝集中してやるべきことやった」という充実感を感じながら過ごせるので精神衛生上とても良い感じです。

 

そういえばリフレッシュしていませんでした

会社に「リフレッシュ休暇」というものが年5日あります。多くの人はこれを夏に消化して夏休みを取ります。使わないと12月末でなくなります。

で、私は今年リフレッシュ休暇をまだ消化しておらず、なくなるのももったいないのでということで25~28日はリフレッシュ休暇を取得します。

つまり、今年の仕事納めは明日です。

一足先に休みに入ってなにをするかというと、この年末年始の時間を使って結構本気であわよくば本を出せるくらいの分量の文章を書いてしまおうと計画しています。いかに子どもたちに邪魔されないかというトピックはありますが、子どもたちもずいぶん大きくなったし、夜早く寝て、朝早起きすれば行けるかなと。

緊急じゃないけど重要なこととしてここ数年なしとげられていなかった本の執筆もそろそろ機が熟した気がしております。書きたいことも結構溜まってきたのでこのあたりで出力しようかなと。

Azure Stackハンズオントレーニング/クリックを裏で感じて演奏する

今日と明日はAzure Stackのハンズオントレーニングを受けています。

初日の内容はすでに自分で(苦労して)通った道だったのであまり新しく得るものはなかったのですが、振り返るいいきっかけにはなりました。明日は知らないこと、やったこと無いことが多いと嬉しいですが…はてさて。

Jazzセッションの方はThrobberにてちゃんとクリックを使って練習することや、クリックを裏拍で鳴らして演奏する練習をすると良いよというアドバイスをもらったので早速やってみていますが、はじめのうちはそもそもクリックを裏で感じることができなくてかなり苦労してしまいました。

結局8分で感じて1,2,3,4,5,6,7,8,1,2,3,1,2…..と奇数で頭からはじめる感じにすることで結構ひっくり返せるようになってきました。それでも早い16分のフレーズを弾いたりすると何度やっても8分ずれてしまってかなり苦労しました。こんなにリズムよれよれではやっぱりそりゃだめだよなと思うわけです。担当ベースなのに…。

というわけでリズム感強化を集中的にやっております。3日くらいたってもう裏でクリック鳴らしても安定して演奏できるようになってきましたが、この練習はもっとずっと早くやるべきでした。いつも走ってしまうので…。もっとリズム感を鍛えるよい練習方法があれば取り入れたいです。

なんだかちょっと悔しいのですがそろそろ復活したいと思います。

物語もかなり消化したし、仕事も落ち着いたし、年末だし、音楽は楽しいし、自己啓発本まで読み出してしまったので、そろそろ復活しようかと思います。

超久しぶりに少しだけ料理をする / BOSS Loop Station RC-3いい感じ

この土日は妻が体調不良で寝込んでいたこともあり、超久しぶりに少しだけ料理をしました。料理をするのは好きなのですが諸事情により料理をずっとあえてしていませんでしたが、久しぶりにやってみたらずいぶん楽しかったです。

もうそろそろ今年もおしまいですね。現在ちょっと人生を見直してます。どっち方面に頑張るべきか、結構また悩ましい次期になってきました。

話は全く変わりますが、先日購入したBOSS Loop Station RC-3が大変よい感じです。もっとずっと早く購入しておくべきでした。自分の演奏を客観的に聞けることも良いですし、一人でジャムれますし。ベースもギターもドラムもつなげて録音してループさせて大変楽しいです。

最近は私がベースを演奏していると子どもたちがやってきて一緒にドラムを立ていてくれます。次女も最初は全然まともに叩けませんでしたが、最近ずいぶんなれてきたようでリズムばっちりに合わせて叩いてくれるのでとても良いです。あとは、息子がギターに目覚めてくれるといいのですが…。でもそれはまだちょっと期待できそうには無いですが。