家族でハワイ旅行に行ってきました

長女が小学生のうちに家族で海外旅行に行っておきたいと娘が産まれる前から(笑)思っていました。子供3人の成長のタイミングも見計らいながら、今回はじめて家族5人でハワイ、ホノルルに旅行に行ってきました。帰りのフライト中にこのブログエントリを書いていま…したが、子供の世話で書き終わらず帰国後一晩寝てから書いてます。

長女は小学校6年生。長男は小学校3年生。次女は幼稚園年長。幼稚園の年長になるとしっかりできるようになるのが我が家の女子の傾向でして(男子は+2.5年必要)、飛行機の7時間程度のフライトふくめてどこでも大きな問題なく過ごすことができました。長女も今なら大きくなってもうっすらと覚えているかなと思うので、タイミングとしてはちょうど良かったなと思います。スケジュールと予算(あるいは私の度胸)の都合で4泊しかできませんでしたが家族全員で行動して思い出に残るものになったかなと思います。

今回の旅行の私としての1番の狙いは、家族全員で非日常を過ごす思い出をしっかりと作ることでした。これまでなかなか家族全員で旅行に行けておらず、中学校で長女は結構しっかりと活動している吹奏楽部に入る予定なのでほとんど休みがないとのことでして…。この先は実家への帰省も家族揃ってできるかどうか程度になってしまいそうなので。

私の2番目の狙いは英語圏に行って子供達に英語の必要性を実感してもらうことでした。ちゃんとあいさつしたり、お礼を言ったり、自分で注文したり、買い物したり、自分が喋った英語が通じてきちんと自分の欲しかったものが手に入る経験を三人ともきちんとできたのは良かったです。まぁ、ハワイなので日本語を喋ってくれる人も多かったり、レストランでも日本語メニューが結構あったりと、かなり生ぬるい感じではあるのですが、それでも。

でも、私の狙いをよそに、子供達は、一緒になった子供好きの人々と言葉抜きで交流をしていました。特にクルーズの最中には子供好きのお姉さんにすごく仲良くしてもらって、一緒に手遊びをしたり、抱っこしてもらったり、30分~1時間くらいは言葉は全然通じないのにずっと凄く親密にしてもらっていました。言葉はもちろん凄く大切なのですが、言葉じゃないところにもっと大切なものがあるということを逆に私が子どもたちに教えてもらう事になりました。いや、やっぱり子供はすごい。もしかするとうちの子供達が人懐っこすぎるのかもですが…。

旅行は大きな問題なく過ごせたのですが、個人的にはやっぱり飛行機が不快でしたね。帰りはほとんど揺れませんでしたが、行きは結構揺れました…。私は飛行機が揺れると怖いのですが、飛行機初体験の下の子供2人はまったく気にしてませんでした。揺れると無邪気に「なんでこんなにゆれるの~?」とか聞いてましたが(笑。長女は少しだけ怖いみたいでしたが「だって揺れることも計算されて作られてるでしょ」とのことで、仰る通り。妻もまったく気にならないとの事で。私だけ冷や汗をかいてました。これでも随分慣れはしたんですけどね。飛行機を使わずに外国に旅行できる国の人たちが羨ましいです。

行きにフライトを終えて、空港からホテルに向かうタクシーの中で次女が嘔吐してしまったのが1番のトラブルでしたが、ちょっとした乗り物酔いだったようで、その後ちょっと寝たら元気になったので良かったです。初日のホテルのチェックインは15時からでしたが、娘が体調わるいからということを伝えて早くチェックインできるようにお願いしたら10時にはチェックインさせてもらえました。部屋が準備できたことの連絡はテキストメッセージでもらう形態でした。まず、初日はホテルの部屋でちょっと休んでからじゃないとくたびれちゃってて色々と大変ですね。

次女は帰りのフライト後の電車移動でもちょっと気持ち悪くなってしまったので休みながら、乗り物酔いの薬を飲ませたらすっかり元気になりました。私は乗り物酔いしない人なのであまりピンとこないのですが、次女はほかのときにも乗り物酔いで気持ち悪くなったことがあるし、長時間乗り物に乗るときには酔い止めの薬を飲ませたほうが良さそうです。

旅先では主に海で遊んでました。今回はワイキキのホテルに滞在して、海まで徒歩3分のロケーションだったので何度も海に行きました。ホテルで部屋用のとは別にプールと海用のタオルを複数枚借りて、部屋で水着に着替えてから出かけて、海に入って楽しんで、帰りはビーチにあるシャワーで砂を落として、ABCStoreで買ったゴザの上で少し乾かして、水着のまま部屋に戻るという感じでとても快適でした。

個人的に1番印象にのこったのは、野生のイルカを見たことです。舟に乗って自分たち(イルカ)を見にきているということを認識しているのでしょうね、近づいてきてくれて、何度か水族館のイルカショーのようにジャンプして私たちを楽しませてくれました。本当に頭がよい生き物なんだなと実感しました。知識としては知ってましたが、実際に見ると感動的でした。

シュノーケリングではまだ泳げない次女が危険なく楽しめるかどうか心配してましたが、クルーの皆さんがみんなにしっかりと気を配ってくれて、追加で浮きを投げてもらったりして、しっかりと楽しめました。私自身、シュノーケリングは初体験でしたが、楽しいですね。水面からは見えないのに、海の中にあんなにたくさん魚がいるものだとは思いませんでした(餌でおびき寄せているにせよ)。まだ泳げない子供もいるし、事前に危険事項を了解したというサインさせられるしで、事前にシュノーケリング有りと無しのどちらにしようかけっこう迷いましたが、シュノーケリング有りにして、結果的にとても良かったです

海では結構写真を取りました。iPhoneを水の中でも使えるようにするケースを事前に日本で買っておいてそれを使ったのですが、浸水することなくきちんと使えたので期待した性能は発揮してくれました。が、水の中ではまったくボタンが押せなくなることを理解しておらず、結構無駄に操作してしまってました。帰りのドライバーの方がサーファーだそうで、実際にGo Proをつかって取ったダイナミックな写真をみせてもらいましたが、普段のビーチでの海水浴くらいならケースでもよいですが、シュノーケリングとかやるならGo Proを使うのが良さそうですね。あとは私だとスキーとかでしょうか。次回そういう機会があればGo Proを使おうと思いました。

Magic of Polynesiaも見にいきましたが、そもそもマジックショーをまともに見たことがない子供達にはやはり言葉がなくてもわかるネタが受けてました。英語がわからない日本人をからかうネタはちょっとイマイチでしたが(面白くはありましたが)、全体的に大人から子供まで楽しめました。

今回はとても残念だったのはUber。Uberはまったく使えませんでした。支払いオプションが無効と出てしまって、配車依頼ができないというトラブルでした。クレジットカードを複数枚追加してもダメ、一度削除して登録し直してもだめ、サポートに事情を伝えると「アカウントに問題があったので直したよ!」と連絡がくるにもかかわらず現象変わらず、それを再度伝えても「アカウントに問題があったので直したよ!」と連絡が来る始末、つまり定型文。アプリを入れ直しても、アカウントを一度削除してやり直しても、結局携帯番号に紐付くので結果は同じで、事象に変化無し…。システムの良さは知っていて、活用するつもりだったのでかなり当てが外れてしまいました。がっかり。

結局、TwitterでLyftを教えてもらって、Lyftを利用したところ、こちらは完全にうまく行きました。たまたまではありますがが、ホテルでタクシーを頼んで待った時間は15分ほどでしたが、Lyftでは3分、5分ほどと、圧倒的にLyftの方が利便性が高いと感じました。ドライバーの人に聞いてみたところ、UberもLyftも両方ドライバーとして登録しているとのことでした。そういう人が多そうですね。

今回はほとんどワイキキのあたりでしか行動しない予定だったので必要ないだろうとは思いましたが、念のためにWifiをレンタルしておきました。以前、シアトル近辺ではSprintで接続できない場所ばかりで苦労したので…。でも、今回は私の行動範囲ではSprintのネットワークがほぼ、常時繋がっていました。 あとでメッセージをみたら一度だけSprintではないキャリアに接続していたようですが、気が付きませんでした。Softbankのアメリカ放題はありがたいですね。

今回は航空チケットやホテル、アクティビティなどすべて自分でExpediaを使ってオンラインで予約していきました。ツアー会社の提示料金と比べるとタイミングもあるでしょうが、軽く半額以下という値段だったので本当に大丈夫なのかな?ともちょっと思ってましたが、全く問題なかったです。これから気楽に海外旅行も行けるなという感じを得たので、今度は両親をどこかに連れて行ってあげないとなと思ってます。元気なうちに。

1週間仕事を空けたので、メールの未読が合計600件以上、自分宛のメールだけでも200件程度溜まっておりゲンナリしてますが…家族との思い出は貴重なので良しとします。

咳喘息に薬が効いてます

皆さんこんにちは。絶賛咳喘息中の胡田です。

先日病院にいって薬をもらってきました。とりあえず1週間分もらって服用しておりましたが咳は薬を飲むと一気にほぼ止まりまして、日中ちょっとだけ出る・・・かも?程度になりました。

1週間後にまた来るように言われたので行ってきましたが、ほぼ止まってるけれども、あと1週間分薬出しておきますね、ということになりました。

処方箋を薬局に出しに行く時間が当日に取れなくて、今日は夜と朝の分の薬をのんでいない状態なのですが、やっぱりちょっと咳が出ます。薬の効果で咳が抑えられてたんだなぁと再実感しております。薬って凄いですね。

一緒に実施してもらった血液検査の結果では検査項目に対してのアレルギー反応は出ませんでした。アレルギーがある人のうち8割くらいの人ではこの検査で原因が分かるらしいですが、残念。

何はともあれ、早く直したい所です。

吹奏楽コンクール

今日は長女の吹奏楽コンクールがあり、家族全員で千葉市まで行ってきました。

長女ももう小学6年生。小学校最後のコンクールです。約50名の大所帯の音楽部の部長を務めて、毎日朝練も、夏休みに入ってからの練習も頑張っていました。

音楽が好きで、毎日楽しそうにやっているのを見ていたので、今日の演奏を聴いて感動してしまいました。歳を取ると涙腺が緩みますね。

私は、コンクール含めて年数回のイベントで演奏をちょっと聴くくらいでしかないのですが、一昨年よりも、去年よりも、今日はずっと素敵な演奏に聞こえました。

長女の演奏するユーホニウムの音もとても素敵に響いてました。私も、妻も、演奏をそれなりにする中で長女の成長を見てましたが、気がつけば長女の方が私たちよりもずっと上手くなっていました。とても嬉しく思います。

長男は、3つ上の6年生の友達を見つけて、とても喜んで一緒に遊んでました。3つ上の先輩と本当に楽しそうに無邪気に遊ぶってのは私にはあまり考えられないことで、純粋にすごいなと(笑

次女は友達はいませんでしたが、演奏中も静かにしていられました。成長をとても感じました。そして、最後の成績発表の時にお姉ちゃんがトロフィーをもらえなかったのがとても悔しかったそうで、おいおいと泣いてました。自分は何もしてないくせに(笑

今日は朝10時に家を出発して、全部終えて夕食も食べてから、帰ってきたのは夜の8時前でした。とても疲れたそうです。暑い夏の青春の1日なのでした。

咳喘息

ここ数年症状出てなかった気がするのですが、またしても風邪からの咳が長引いております。大学生のころから、もう慣れっこになってしまった感はあります。

日記にもあまり書かなくなってた模様。

で、今回もまた10日ほど止まらないですし、会社が移転したので近くの呼吸器科も変わってる…ということで、会社から近いところを調べて受診してきました。今回はしっかりと「咳喘息」と言われまして、せっかくなので(?)血液検査でアレルギーに関しても調べてもらうことにしました。

そしてついに(?)、シムビコート・タービュヘイラーが処方されました。吸入ですね。病院、医師によって全然方針は違うんだなぁと実感中です。平和に夜寝られるようになれると良いなぁと…。

初ベースソロに挑戦…してうまくいかず

今日はThrobberのセッション初心者のイベントに参加して3曲ほど演奏してきました。

  • Change The World
  • Fly me to the moon
  • Stand by me

Change the worldはこの曲をやろうという話を事前にしていたので、持っていたバンドスコアも見ながら、CDと合わせて練習していったのですが、他の人と見ていた楽譜が異なり、さらに一部リズムも異なっていたのでちょっと焦ってしまいました。

Fly me to the moonは数ヶ月まともに弾いてなかったこともありちょっとうまくいかず。

Stand by meはコード進行がとても簡単でずっと繰り返しているだけなので、人生初のアドリブのベースソロに挑戦してみました…!が演奏としては全然うまくいかず…。自宅練習だとうまくいくんですけどね…。

というわけで、今日は演奏面ではかなり不満が残る感じになってしまいました。が、それよりもなによりも色々と楽しかったです。特にソロをやるのは前からずっとやりたかったけど、やる勇気がだせなかったので、とりあえず挑戦できたので良かったです。

・・・練習を継続してもっとうまく、自由に演奏できるようになりたいと思います。

この歳でも、新しいことに、趣味で挑戦できるというのは幸せな事です。ありがたいなと思います。

映画で寝てしまう

この土日はのんびり過ごしておりました。

次女は相変わらずプールに行きたがるのでプールに連れて行ったり、ママさんブラスの練習があったり。

そんな中、先月からずっと次女がアンパンマンの映画を見に行きたいと言っていたのですが、やっと映画(それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険)が7月になって公開されたので見に行ってきました。

MOVIX三郷に行ってきたのですが、観客は…私達もいれて10人くらいしか入っていなくてかなりのヤバさを感じました。映画館大変そうですね…。

そして、私は映画の途中でまたしても寝てしまいました。前回のクレヨンしんちゃんも寝てしまったし、その前のポケモンも寝てしまったし、最近子供を映画に連れて行ってあげたときには起きていられないです。せっかくの映画なんだから子供向けとは言え楽しんで鑑賞したいのですが…。歳をとったから…なんですかねぇ。

思い起こせば、私の父親も映画を見ながらいつも寝る人でした。でも、子供向けの映画というわけではなく、寅さんを二人で観に行っても、小学生の私がずっと面白がってみてて、父親が寝てて…という感じでしたが。

今日は、次女と二人で映画に行きました。上の子供二人はもうアンパンマンには一緒にいかなくなりました。赤ちゃんがずっといた頃ははるか昔に感じるようになってきました。もう少しすると子供をあちこちに連れて行ってあげることもなくなるでしょうかね。

それまではもうちょっと楽しみたいと思います。

ピアノの発表会

先日、ピアノの発表会があり、聞きに行ってきました。

長女は3回目、次女ははじめてのピアノ発表会。

長女は小学校6年生になり、中学に鳴ったら吹奏楽の部活を頑張るんだ!ということでピアノはやめるつもりだそうなのでおそらく最後の発表会です。(ゆるく続けてもいいんじゃないかという気はしていますが)

長女としては「歌うように演奏する」ということが1つの目標であったようでして、とても素敵な音で演奏していました。本当に上手になったなぁと嬉しく思います。

次女は「あんまり練習してない」と威張ってました(笑。それでも練習のときにはうまくできるところはテンポ早くちゃちゃっと弾いて、あまりうまくできないところはゆっくりつっかえつっかえ弾いて…という感じでしたが、本番ではしっかりとテンポをとって、急がず、しっかりと演奏していました。本番では緊張して早くなってしまいがちですけど、大したものだなと思いました。

ふたりとも妻の手作りのドレスを着ての演奏でした。ドレスも素敵でしたし、二人共とても嬉しそうでした。とても良かったです。

一方こういう時には自動的に連れ回される息子は、兄弟がこれだけやってるけれども、全然自分がやる気はないそうです。早く家に帰ってゲームしたい!とのこと。これはこれでブレてなくて凄いなと思います。

そういえば、私も昔、ピアノ習ってて、発表会にも出たことがあります。その時にこの曲やったはずだな、と思う曲を弾いている子もいました。たしか繰り返し方を間違えてしまって失敗したんだったような。それでも、一応自分がピアノを習ってて、発表会にも出て、そこからいまでもまがりなりに音楽をずっとやってるわけで、ありがたいことだよなと思います。

親に感謝しないとですね。

子供には感謝されようとは思わないわけですが。

あいかわらずベース練習中

相変わらず、ぼちぼちエレキベースの練習を継続してまして、最近は随分と自分のイメージどおりに音が出せるようになってきました。何年かかってるんだという話ではありますが。

もともと弦ごとに4度ずれているということと、自分が今弾いている音から次の音が何度ちがうからどういう位置関係にあるかとか、楽譜に書いてある音がコードの構成音になっていて、このコードはXXだからこうなってるとか、コードにあわせてアドリブを入れるとか、譜面をなぞって演奏しながら何度異なる音で構成されているかなど分かるようになってきました。

そんなに難しいコード進行ではない知ってる曲なら、いきなり音楽を聞きながら一緒に演奏できたりも随分できるようになってきました。

この歳になっても自分の進歩を感じられるのは精神衛生上大変好ましいことであります。

現在できなくて困ってるのは、曲のコード進行を覚えることです。覚えなくてもいいんじゃないかという話もあるのですが、コード進行を目で追っている段階のなかではルート音はまだしもその他の構成音も考えながらさらに音楽的に良い感じのコードラインを作る…というところまで頭と指が回りません。

さらに悩ましいのは、同じ曲でも演奏によってほとんど違う曲じゃん!という感じに感じてしまうので、何をどうすると「よし準備OK」といえるのかがわからず。そもそもそういうものじゃないのでしょうけど、もともと存在しているスコアや演奏をそのままコピーすることに慣れすぎていて、「これでとりあえずこの曲はOK」という状態が定義できないのでどの順番で何をどこまですすめて次に進んでいけばよいのかよくわからない感じがあります。

まぁ、でも楽しくやっております。

ベースやって何年なの?まだ初心者なの?と息子に聞かれる

今朝、いつもどおりベースを弾いてましたら、息子から「お父さんベースいつからやってるの?何年やってるの?まだ初心者なの?」と聞かれました。

最近練習している「はじめてのジャズ・ベース」という本は初級編、中級編、上級編に分かれていて、初級編の曲を初見で弾いてて結構間違えてて、そこを見られたわけです。

まぁ、ジャズに関しては本当に初心者ですが、ベース自体は中学3年生からやってますので…、そこからだと期間としては20年以上(汗)、でも間にブランクが相当あるので…実質的には8年くらいでしょうか。

もうとても初心者とはいえないくらい長いことやっていることになってますが、腕前は…。(涙)

それでも、最近は知ってる曲なら曲に合わせてアドリブで演奏して楽しめるくらいにはなってきたので……絶賛上達中です。

今くらいの感覚を中学、高校の時に持てていれば、その先も継続したと思うんですけどね。残念ながら、当時、良いお手本に恵まれなかったなぁと思います。

音楽に限らずですが、良いお手本、あこがれの存在ってやっぱり必要だと思うんです。

そういう意味では、次女のピアノの良いお手本に長女がなってまして…、長女はすっかりピアノが上手になりました。私も感心するくらいに。もう小学校6年生ですが、あたりまえのようにピアノも続けており、やめる気配がありません。いや、大したものです。

でも、私と一緒に演奏してくれないんですよね。もうそういう年頃だから、ということなのかもしれませんが。妻も一緒に演奏してくれないし、私の「家族みんなで一緒に演奏する@自宅」という試みはうまくいきそうにありません。

でも、次女は一緒にやってくれるのと、息子も最近ちょっと一緒にやりたがってくれているので、3人では一緒にできるかな?という感じです。次女はまだ流石にちょっと技術が足りていないのですが、今度のピアノの発表会に向けて随分頑張って練習してるみたいです。

休日の午後にのんびりしてます。

今日は土曜日。午前中は幼稚園の父の会があったので、幼稚園で子供たちと戯れてきました。今年は9年連続の幼稚園の最後の年…ということもあり、父の会の副会長にもなりました。こういうのはあまり向いてないですが、まぁ、楽しんでやりたいと思います。午後はのんびりベースの練習などしながらのんびり過ごしております。日記も最近あまりかけてないので、ちょっと最近の振り返りでも。

今週は、息子の喘息が1年ぶりくらいに出て二晩ほどまともに寝られない感じでした。随分長い間大丈夫だったので、もう深夜に病院に行くこともなくなったかと思っていましたがちょっと考えが甘かったです。

一晩目の深夜23時くらいに病院に行って吸入をした翌日にすっかり元気になっていたので油断してしまったのも良くなくて、結局夜20時くらいに夜間救急にお世話になってしまいました。さらに、吸入してからもその後かなり呼吸が浅くなって苦しそうなことが継続してしまったので、本当はもう一度やってもらったほうがよかったのかもしれません。

なにかあったら翌日元気になっていてもしっかり病院につれていかねばなと思ったのでした。

そして、久しぶりの深夜の病院では症状が軽かった子供を連れてきていた親が医者に喧嘩を売っている現場に遭遇してしまって、非常に気分が悪かったです。私も子供に喘息の症状が出ているときに病院につれていくべきか自宅で様子を見るべきか非常に悩むので、深夜に病院に連れて行く程ではない症状なのに病院に行ってしまう事自体は理解できるのですが、医者にいらついてその場で喧嘩始めてもねぇ…。

私も医者に心にも思ってもいないひどいことを言われた経験はありますが…。

なんにしても、健康が一番ですね。健康に気をつけて平和に暮らしたいと改めて思いました。久しぶりに2日ほどまともに寝ない状態で過ごしたので辛かったです。

あと、最近の出来事として、Throbberのセッションforビギナーズの日にいって演奏をしてきました。3曲参加させてもらって楽しかったです。お店への参加はおそらく3回目。結構雰囲気も、勝手もわかってきた感じがあります。でも、何と言ってもアドリブでソロを取ることがまだできないので、次はそこに挑戦したい感じです。

初心者がアドリブでソロをやるのにおすすめの展開の非常に簡単な曲から…ということでstand by me, let it beをおすすめしてもらったので、このあたりから挑戦してみようかなというように思ってます。