1人の時間と次女と2人のカラオケ

先週末はずいぶん久しぶりに4時間ほど1人で過ごせる時間がありました。やらなくちゃとずっと思いながら手を動かせていなかった書物を進めました。結構進んだので心理的にずいぶん楽になりました。

やっぱり私もたまに1人で過ごせる時間が必要ですね。

午後は次女と二人っきりでカラオケに行きました。私はカラオケはどちらかというと嫌いなのですが、次女と2人だけのカラオケはとても楽しかったです。次女はずいぶんと音程が正確になってきました。歌う才能結構ありそうです。

次女はキッズルームで滑り台など滑って遊んでる時間も長かったので、私もずいぶん久しぶりに結構歌いました。というか人生で一番歌った密度が高かったかもしれない。

小学生の時からずっと大好きな徳永英明の(カバーじゃない)曲を沢山歌いました。多分20~30年ぶりくらいに歌った曲も多かったような。覚えているもんですね。懐かしかったり、今の自分にとって心にしみる歌詞だったりでちょっと涙ぐみながら歌ったりしてました。変なオヤジすぎますが。

それでもやっぱり好きな曲、自分の心を癒やしてくれるような曲をしっかりと自分で持っておくというのは、人生においてすごく大事なことなんだろうなと改めてもらいました。

最近はストリーミングのサービスがとても便利なので、Google HomeやAlexaに「なんか曲かけて」とお願いすればとりあえずBGMは飽きないように書け続けてくれるのですが、そうじゃない自分のお気に入りの曲をまた持ちたいなぁと思うのでした。

恐竜 / マーチング / 数学ガール/ワールドトリガー

また日記が空いてしまった。最近のこと。

次女に恐竜ブームがやってきました。ジュラシックワールドを4DMXで観に行った時には号泣してたので悪いことをしたなと思っていたのですが、それでもしっかりと心に響いていたようで、それからしばらくしてから恐竜、恐竜言うようになりました。ジュラシックワールドを見るときにもらったアニアのDVDも効いてるみたい?

最近の本屋さんで買う本も恐竜のものばかりです。恐竜の図鑑、ARの恐竜図鑑、3Dの恐竜ジグソーパズル…。

先日ハワイアンズに行ったついでによったほるるでは恐竜の化石や動く恐竜の模型に大興奮して「これは歯が尖ってるから肉食恐竜だ。こっちは歯が尖ってないから草食だ。」とか色々と教えてくれました。

私はフタバスズキリュウの発見50周年と言うことで本物の化石が見られたのがよかったです。そういえば私も子供の頃恐竜が好きだったことを思い出しました。

長女の吹奏楽部がマーチングの大会に出るということで幕張メッセまで観戦に。吹奏楽コンクールとは違って長男と次女もそれなりに見られました。視覚的な情報があって面白いですね。私ももっと見たかったけど、5校くらいでもう飽きたと子供達が言うので退散。

演奏とマーチングと、両方やるのはきついだろうなと側から見ていても思ってしまいますが、はてさて。

長女が秘密ノートではない数学ガールを読み出しました。流石に難しいようですが、興味を持って取り組むのはとても良いことです。

長男はワールドトリガーを何度も読んでは「早く次のでないかなー」と言ってます。出るんですかね…。夏休みで時間も持て余してるだろうしと、まだ見ていないアニメの初期の方が見られるように(Amazonプライムにはなかったので)dアニメを契約して見られるようにしてあげました。これだけ見られて初月無料、月400円とか安すぎでしょうと思います。いい時代になった…を通り越して安すぎると思います…。

夏もそろそろおしまいですね。

千葉県吹奏楽コンクール/千葉市化学館

昨日は長女の吹奏楽の演奏を聴きにまた千葉県文化会館まで行ってきました。

チケットは引換券を長女がジャンケン大会にて2枚Getしてくれていたのでのんびりと午後に着くように、道中で昼食をとりながら移動。妻だけ先に送って、長男と次女は午後丸々千葉市化学館にて遊ばせました。

千葉市化学館はもう何度も来て見尽くした感あったのですが、よく考えたら主に長女に合わせて来ていたので長男と次女はほとんど記憶にないとの事で、何時間もずいぶん楽しく過ごせたようです。

私は途中少し徒歩で抜けて演奏を聴きに。子供だけおいていくのはちょっと問題ありですが、ずいぶんしっかりしてきたので。

長女たちの演奏はとてもよかったです。本当に涙が出るくらい感動しました。本番でこれだけ演奏できるってことは本当に何度も何度も練習頑張ったんだろうなぁと思います。

正直なところこの出来だったら次の東関東の大会に進めるんじゃないかなと私は思ったのですが、結果は7校まで進めるところ、8位だったとの事。

私は吹奏楽はほぼまともに聴いたことがないですが、相対音感もあるし、耳自体はそんなに悪くないと自負してますが、これで上位の学校との演奏の違いがきちんと聞き取れる気が全然しないです。でも、きちんと分かる人には分かるんでしょうね。

このレベルになると、それはやっぱり指導者によって、ものすごい違いが出るだろうなと改めて思ったりなども。

今回は1つの部のみブルーレイを注文してみたのでゆっくり演奏を聞き比べてみたいと思います。

長女はずいぶんがっかりしていたようですが、私としては一年生に負けて大会に出られなかった先輩の方が気の毒です。中学校の部活でそこまでやるのは勝ちに行く気がある学校では当たり前なのでしょうけど、教育として考えるとどうかと思います。きちんと相対的な評価ではない軸で、絶対的な成長が実感でき、そういう評価がなされていると良いのですが。

ところで、外環から京葉道路に入ったところの料金所手前からは少し渋滞してくると左レーンが混み、右レーンが空きますが、恐れずに右レーンを進むのが正解ですね。無駄にみんなで待ってしまう構造は良くないですね。

ボルダリング

今日の午前中は長女は部活、妻と長男は楽団の練習、ということで私と次女だけの自由な時間だったので次女のリクエストで近所のクライミングパークに行ってきました。

以前訪れたのは長女と長男の会員証の日付からすると2013年7月20日とのこと。2013年7月20日の日記にそのことを書いてるかな?とおもって見返してみましたが書いてませんでした。なんだろうあんまりその時は楽しめなかったりしたから書かなかったのかな?

2013年なので長女は8歳、長男は4歳だったはずですが、どちらもほとんどまともに子供用のコースでもクリアできなかった記憶があります。

でも、次女はまだ6歳ですが、身体能力高めなので、キッズ用のコースは4コースほどクリアできました。手足短いなかで結構すごいなと私は驚きました。本人は凄くたのしかったらしく、同じコースでも何度も登って楽しんでました。

結局2時間以上ずっと楽しく取り組んでて、私がお腹が空いたのでおしまいにしてもらいました。

私もせっかくなのでと会員登録してちょっと登ってみましたが、キッズ用のコースは流石に簡単ですが、一番初級者用のコースでもかなり本気で勇気を出して登らないとゴールできませんでしたし、もう一つだけ難易度の高いコースはどれも途中で断念しました。正直怖いし、体がなまりすぎてて言うこと効かなすぎて…。

いや、積年の運動不足を痛感する時間でした。体なまりすぎててやばいです。普通に手足を動かすだけで変なふうに痛くなります…(汗

それでも、暑い中体を動かして汗をかいて…、とても気持ちが良かったです。爽快でした。やっぱり体を動かして汗をかくと気分が良くなりますね。今の私には運動が超足りないことを自分の体もわかってるんだなという気がします。子供たちもきちんと取り組めるようになったし、たまにボルダリングするのもいいし、違う運動もしたいなと思うのでした。

でも、今は暑すぎるので屋外直射日光は絶対にいやですね…。

吹奏楽コンクール/プロゼミ/手品

結構連続で日記を書いてましたが、ちょっと途切れちゃいました。忘れないうちに書いておきます。

先週末には千葉県吹奏楽コンクールがあり、長女も1年生ながら演奏メンバーであるということで聞きに行ってきました。長女は朝の4時代に学校に集合とかふざけた日程で動いてましたが…、もっと遠いところから来ている学校とかどうしてるんでしょうね、という感じですが。

去年までは小学生の演奏を聞いていたということもあり、中学生のレベルの高さにビビりました。毎日クソ長い時間部活をしているだけあってどこもうまかったです。下手な大人よりはるかに上手いですね。どこも練習厳しいんだろうなぁと思いますが…。それを本当に楽しめてるなら良いと思いますが、はてさて。長女はマジで楽しめてるみたいなのでそれは良いのですが…。

で、成績はとても良かったらしく次の大会(本戦?)に進むそうです。引き続き頑張ってください。

長男と次女は有無をいわさずに連れ回されておりましたが、文句一つ言わずについてきつつ、きちんと自分たちで本を読んだりして待っていられました。もう赤ちゃんだったときとは全然違うなぁと本当に思うわけです。

ところで、私は運転に疲れたのか、精神的につらかったのか、疲れてしまって、帰りの運転で何度もちょっと危ない場面がありました。高速でも道を間違えそうになったし、あわや事故になりそうな場面もありました。運転する日の前の晩はちゃんと体調を整えないといけませんね。

 

さて、気がついたら息子が「プロゼミ」というアプリでなにやらプログラムで絵を書いて遊んでました。

本人はちゃんと解説してませんが、これ、同じことを大人にやらせたってできない人が沢山いると思います。きちんと自分の頭で考えて、動かしてみて、修正して、動かしてみて…とすでにできている息子をみて嬉しく思います。

このあたりのお手軽さって、昔だとBASICでちょっと円とか線とかつかって絵を書いてみていたころと同じ感覚なのかなぁと思ったりしながら。プロゼミがあまりにもScratchでこれいろいろと大丈夫なのかとちょっと心配したりしながら。

 

次女は最近手品にはまってるらしく、謎の手品道具を作っては謎の手品を見せてくれます。あまりにマジカル過ぎてビビってしまうところです。

 

夏休みですねぇ…。

新体操の大会/音楽漬け/のほほんと

先日は次女のやっている新体操の大会だったので会社を休んで応援に行ってきました。とはいえPCを持ち込んでかなり書き物の仕事してましたが。

で、次女は演技前に頭がいたいと言い出すなど、ちょっとしたトラブルもありましたが、たいして体調悪い感じもなくきちんと演技をできました。2位になったので関東大会に進むのだそうです。日時と場所は未だ不明ですが…。

で、昨日はたいして気温が高くなく助かったのですか、やはり冷房のない体育館は暑いですね。運良く猛暑日に当たりませんでしたが、単純に運の問題であり。
運営も、例年と違って冷房の効いているロビーに子供がいられる時間を長くするような柔軟な対応をしてくれていたので好印象でしたが、そういうのがないと本当に辛いよなぁと思うのでした。

それにしても次女は足も速いし、体幹もしっかりしてるし、なにやら色々と体育会系です。上2人と全く違う特徴を備えていて面白いです。最近は世界一足が速くなりたいと言ってますし…。一度そういう傾向がつくとどんどんサイクルが回って傾向強まるんでしょうね。

 

傾向といえば、長女は毎日音楽活動をしまくりです。朝9時くらいから、夕方5時くらいまで、毎日毎日お弁当持参で部活動に勤しんでいます。青春ですね。中学生っぽい。

それだけでもすごい時間なのに、家に帰ってくるなりピアノで自分の好きな曲を耳コピして弾いたり、歌を歌ったりします。お風呂はいってる間も歌ってます。
いくらなんでも音楽好きすぎだろ、という気もしますが、良いことですね。これだけ自分で好きで自主的に取り組めるのであれば伸びるだろうと思います。

(追記)—

この記事を投稿した後に関連の日記が出て昔の長女が大会に出た時の記事を自分で読み返しました。

  • http://ebi.dyndns.biz/diary/2012/09/08/

うん。長女はきちんと自分の好きなものを見つけられて本当に良かったと思います。

(追記ここまで)—

 

息子は夏休みの宿題はそつなくこなしながらのほほんとしてますが、私よりもはるかにゲームが上手くなってるのでそれだけで良いです。昨日は一緒に新体操の大会に連れていかれましたが、ずっとKindleでワールドトリガーを読んでました。もう3周目に突入したそうです。何回読んでも面白いらしく。ワールドトリガーの連載がずっと止まっちゃってるのは本当に残念です。復帰あるのかな…。

 

私はハイブリッドクラウド研究会関連の物書きを進めようと思ってますが、色々と考えだすとなかなかに難しいです。分類ものは唯一無二の正解があるわけではないので言い切ったもの勝ちだから割り切りの問題ではあるのですが。

子供たちが夏休みなので、なるべく多く自宅にいたいのですがなかなか…。

自由研究と自動仕分け貯金箱

今日のトピックは息子が自動仕分け貯金箱をうまく作ったことです。

夏休みに貯金箱を制作したことはみんなあると思います。そして、小銭を自動的に仕分けるというアイデアもかなりメジャーなものではと思います。が、実際にそれをうまく作るというのは小学生には難しすぎるだろうと思ってます。

私も子供の頃なんども挑戦してはうまく行かずくじけていた記憶があります。長女も挑戦してくじけてました。

で、息子はずいぶん妻に助けてもらったようですが、動画の通りほぼ完璧にしわけられるように仕上げられたそうです。驚きです。やればできるもんですね。

一方、次女は自由研究…なのですが、(手動で)まわるメリーゴーランドを作成してました。色々とよくわからないですが、本人は大満足してたので良いと思います。

私は子供たちと遊びながら、Amazon Prime Readingでちょこっと本を読みました。

あと、久しぶりに勉強したくて、下記の本もKindleで購入して途中まで読みました。

若干期待していた内容と違ったのですが…、まぁ、このあたりは仕方がないですね。一度ささっと読んで他の本にも手を出したいとおもいます。

あと、Spainを一緒に演奏しましょう、という話をしたので毎日練習してます。ずいぶんと難しい曲なのでかなり苦戦してますが、やっとそれなりに演奏できる感じになってきました。楽しいです。

将棋もあまり日記に書いてませんが、毎日3局は指し続けてます。将棋ウォーズで。そろそろやっと2級から1級に上がれるか?という感じになってきました。現在達成率77.9%。

マリオテニスACEで息子に全然勝てない

最近購入した(※事故があったのですが割愛)マリオテニスACEが息子の最近のお気に入り。

私とも対戦を結構してます。でも、息子が強くて私は全然勝てません。今日は1勝16敗でした。私よりはるかに息子のほうがプレー時間が長いとはいえ、ちょっとひどい対戦成績です。

父の威厳を見せるために練習しまくるか、接待プレー的な感じでやり過ごすかちょっと考え中…。

長女は毎日朝から晩まで部活しまくってますが、夏休みの宿題は毎日すこしづつやってるらしく。なんでもいいから算数の問題を説いてノートに書く、とい宿題があり、かなり前に購入したApplication×Study AppliS 中1 5教科をちょっとやてるそうです。

ゲームと参考書が連動しているという画期的仕組みなのですが、どうやらストーリーが長女にはいまいちらしく。アイデアはいいのでもうちょっとどうにかならないだろうか?と思うところです。

次女は相変わらずマイペースにやってるみたいです。

しろくまのパンツ/ジュラシック・ワールド/片付けられない/DARAWA

今日も長女から借りた本を…読みたかったところですが今日は色々と時間がなく断念。日記を書き終わってからちょっと読もうと思ってます。

今日は、妻と長男は午前中楽団の練習。長女は部活…と、私と次女の二人だったので近所のイオンに行って本屋さんで本探し。今日の次女のチョイスは「しろくまのパンツ」。

子供たちと一緒に本屋さんにいく機会があったら好きな本を1冊買っていいというルールはまだずっと継続していて、子供たち用の本は買いまくってます。子供3人なので合計月6冊から10冊くらいでしょうか。それでもって子供たちを本好きにするという計画はほぼ成功しています。

因果関係、相関関係は定かではないですが、我が家の子供たちはみんな学校の成績はいいです。私は、私が毎日寝る前に絵本を毎日読みまくってあげたのと、自分で本を選べるようになってからは本を買いまくってあげたのが超効果的に効いてると思ってます。というか、効いてないはずがない。やっぱり何事も遺伝と家庭環境だよなぁと思うところは正直あります。

あとは、なにか人生レベルでも困ったことがあれば本を手に取るようになってくれるといいなぁと思ってます。これはまだもうちょっと時間がかかりそうです。

閑話休題。

で、今日はあと次女と長男を連れて午後には映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を見てきました。MX4Dにて。

見ようと決断したのは先日の夜7時過ぎで、ジュラシック・ワールドがみたかったわけではなく、そういえば気がついたら次女がMX4Dを見られる身長に達していたので。3D映像とMX4Dの臨場感あふれるギミックってのは子供ながらにワクワクするものなのではないかと思って。

で、内容どうこうというよりもジュラシック・ワールドが小学4年生男子と小学1年女子にどうだったかといいますと…(それぞれサンプリングたったの1)

  • 小学4年生男子は楽しめるらしい。(でも、見る前はスターツアーズ並に座席がゆれるのではと思ってビビってた)
  • 小学1年女子には刺激が強すぎるらしい。
    • 何度も号泣
    • 画面を見ていられなくなって抱きついてくること多数。
    • それでも、音は聞こえるわ、座席は揺れるはでもう泣きまくり。

という感じでした。次女には悪いことをしました…(笑。 それでも、一応ところどころ見ながらはいたようで、XXXが助けに来てくれたことをきちんと認識していました。なんやかんやで楽しんではいたようですが、でも、もうちょっと素直に楽しめる怖すぎない内容のほうが良さそうでした(^^;

でも、MX4Dってラインナップ殆ど無いし、料金は高いし…でちょっともったいない気がします。凄くいいものだと思うんですけどね。今回も3人で1回映画を見るのに8000円です。2時間アトラクションに乗れると思えばテーマパークに行くよりは圧倒的に良いですが、それでも裾の尾が広がるラインナップだったり、料金ではないよなぁと思うのです。

でも、まぁ、泣きまくったのも含めてよい思い出ができたかな?

 

あと、今日は午前中に長女が部活に行っている間に本人には宣言した上で、あまりにも汚い長女の机周辺を掃除しちゃいました。良くないことだったかもしれません。が、あまりにもひどいため。まぁ、それ自体を叱ったりはしないのですが。

私も片付けられない人間です。妻もそうです。子供たちもそうです。やっぱり何事も遺伝と家庭環境だよなぁと思います。だから責めるつもりななくて。で、私自身は子供時代に比べたら遥かに片付けられるようになりました。というかものをそもそも持たないようになりました。本は電子書籍にする、活動拠点をデジタルにする…っていうだけでもう物量の7割くらいはなくなりますしね。なんとうかそういう割り切りや自分なりの「やりやすいメソッド」のようなものをみつけてくれればなぁとは思っているのですが。まぁ、これはだめだと思います。

で、夜はだれも付き合ってくれなかったので1人でDARAWAさんのディナーライブ(?)に行ってきました。一人っきり出来てるのは私だけでしたが(笑。

素敵な歌が沢山きけてよかったです。

ディズニーランドに3人で

今日は、長男と次女だけを連れて3人でディズニーランドに行ってきました。そろそろ大丈夫だろうと思い電車にて移動。朝から晩まで、午後は雨も降る中遊びましたが、だれも体調悪くなったりすることもなく過ごせました。子供たちの成長を実感します。

それにしても、ディズニーランドにはもう何回来たかわからないくらい来ました。もうさすがにディズニーランドに行くとつかれるからいやだなぁ、という感想なのですが、私が小学生だったときのときめきやワクワクを自分の子供たちも味わっているのかなと思うと嬉しいものです。

息子はきちんと口では言わないのですが、ジェットコースターなどの絶叫系のものが苦手らしく、初めて乗る乗り物はどんな内容なのかドキドキしてるみたいです。でも、そうやってきちんと言うのは嫌みたいです。私もそういえば昔苦手な時期がありました。それでも、終わってしまえば「楽しかった」と言ってるので、慣れの問題ですかね。

次女はあれこれ素直に感動しながら、周りに愛想を振りまいていて面白い感じでした。キャストの方に手を振ってもらえば必ず振り返し、ハイタッチして。面白かった素直に面白いというし、怖かったら素直に怖いと言うし、素直な時期です。

というわけで、今日は一日疲れました。でも、雨の影響で人が少なかったので良かったです。ディズニーに行くときは晴れて暑くて混んでる日に行くくらいなら雨の日のほうがまだましかもしれないと思いました。