ディズニーランドに3人で

今日は、長男と次女だけを連れて3人でディズニーランドに行ってきました。そろそろ大丈夫だろうと思い電車にて移動。朝から晩まで、午後は雨も降る中遊びましたが、だれも体調悪くなったりすることもなく過ごせました。子供たちの成長を実感します。

それにしても、ディズニーランドにはもう何回来たかわからないくらい来ました。もうさすがにディズニーランドに行くとつかれるからいやだなぁ、という感想なのですが、私が小学生だったときのときめきやワクワクを自分の子供たちも味わっているのかなと思うと嬉しいものです。

息子はきちんと口では言わないのですが、ジェットコースターなどの絶叫系のものが苦手らしく、初めて乗る乗り物はどんな内容なのかドキドキしてるみたいです。でも、そうやってきちんと言うのは嫌みたいです。私もそういえば昔苦手な時期がありました。それでも、終わってしまえば「楽しかった」と言ってるので、慣れの問題ですかね。

次女はあれこれ素直に感動しながら、周りに愛想を振りまいていて面白い感じでした。キャストの方に手を振ってもらえば必ず振り返し、ハイタッチして。面白かった素直に面白いというし、怖かったら素直に怖いと言うし、素直な時期です。

というわけで、今日は一日疲れました。でも、雨の影響で人が少なかったので良かったです。ディズニーに行くときは晴れて暑くて混んでる日に行くくらいなら雨の日のほうがまだましかもしれないと思いました。

中学の体育祭

この週末は、長女の中学にて体育祭がありました。

中学生は若いですね。みんな一生懸命やってました。特に応援団を中心に応援を必死でやってました。勝敗にも一喜一憂して…。いや、若いですね。青春ですね。

私としても自分が中学生のときだった以来の中学生の体育祭ではありますが、私は中高一貫だったので、思えば中学生だけの体育祭というのを見るのは初めてでした。あとにして思えばダンス的なものがなかったですな。中学生だけの体育祭ではそういうものなのかな?私の中高の体育祭ではA団からF団まで6グループに分かれて競い合う上に「ダンサーズ」というものがあり、自分たちでダンスを考えて、衣装を作って、踊って…というのが一大イベントだったんですけどね。あと、団ごとにかなり大きなオリジナルイラストを描いたり。あれは、高校生もいたからこそできたことだった…のかな?ちょっとよくわかりませんが。

まぁ、でもそんなことお構いなしに中学生は輝いてましたね。いや、青春っていいですね。

私は中学校の「おやじの会」に入りまして、ちょっとだけボランティア活動をしていました、が、ほぼなんの役にもたっておりませんでした。幼稚園、小学校、中学校…と子どもたちが大きくなると子どもたちで完結してできることも多くなるし、そうすべきだし、親としてのイベント事での役割は小さくなりますね。

そんなか、一番違いを感じたのは親の参加率でした。幼稚園とか小学校だと体育祭、運動会だと場所取りからすごいことになっているわけですが、中学校だとほとんどだれもならんでいないどころか、開会式もおわって競技もはじまって、自分の子供がでるところだけちょっとだけ見る…かも…くらいの感じでした。見に来ていない親も相当数だったと思います。場所とりの必要すらないくらいの感じでした。小学校と中学校で親のモードがずいぶん変わるんですかね。ちょっとまだよくわからない感覚ですが。

そういえば、授業参観もほとんど親いなかったですしね、私が参加しすぎなのかもしれませんが、はてさて。

まぁ、なんにしても、長女もずいぶん中学生活を楽しくやってるみたいなので喜ばしいことです。

卒園

今日のことではないのですが、書いておかないと忘れてしまいそうなので遅い時間ですが、クイックに書き残しておきます。

先日、次女が無事に幼稚園を卒園しました。最後の卒園式でも歌を歌ったり、喋ったり、ずいぶんやること多かったのですが、きちんとしっかりとやっていました。本当に立派になりました。

最後、ちょっと涙ぐむような場面も見せながら、きちんと友達にも先生にも感謝しながら、小学生になる準備はきちんとできたようです。

それにしても幼稚園では先生に恵まれたなと思います。本当に頭が下がるくらいみなさん一生懸命取り組んでくださって本当にありがたかったです。

私ももうこれで最後なんだなぁと感慨深いものがありました。9年間お世話になりました。

次女はまだまだ甘えん坊ではありますが、しっかりできることはやりながら家では私に甘えるという感じなので全く問題ないです。今はお父さん大好きと言ってくれる可愛い時期ですが、もうちょっと大きくなったらお父さんのことは好きじゃなくなるらしいです(笑。それもまた成長ですので、楽しみにしています。

幼稚園では娘も友達たくさんできましたし、私も父親の友達もたくさんでき、バンド仲間もでき、自分が住んでいる地域に頼れる人がたくさん持ててよかったです。これから先もこの絆を大事にしていきたいと思います。

幼稚園の父の会の最後の日 / 探検僕の町

子供たちが通っている幼稚園には月に一度の「父の会」の日があり、子供3人、連続9年間私もほぼ休まずに参加していました。参加しなかったのは海外出張の時など本当に片手で数えるほどだったんじゃないかと思います。それも、先日の最後の反省会イベントで最後となりました。

はじめの頃はいつでも何をしていても下の子供を抱っこしながら、という感じでしたし、なにか記念のイベントがあっても「まだ下がいるから」という感じでしたが、最後の次女の順番になってからは抱っこする赤ちゃんがいなくなってゆっくりと園の発表も見られるようになって、「下の子供がいないとこんなに楽なのか」という驚きがありました。そして、最後だからこそ、いろいろな事を大切にしたいという想いも強く持つようになりました。

9年間もあると父親も、母親も、子供たちも、先生たちもかなり入れ替わっていきます。変化することも沢山あります。そんな中でもずっとぶれずに同じメッセージを発信し続ける軸となる人がいて、過去の反省を踏まえながら改善し続けて、きちんと新しい人が入りやすいように場を作ってあげて…。そういうことの大切さをずっと見てきた気がします。

長い目でみて全員が入れ替わりながらも、きちんとその組織としての軸があり、発展し続ける…。そういう組織を設計、運営、維持させるのは並大抵のことではないですね。それはどの組織においても言えることなのですが、私が見てきた9年間の幼稚園の父の会は1つの成功例なのだろうと思います。

大学のときには4年間でボランティアサークルの状況を見てきて、自分たちのやっている間はうまく発展していたと感じていましたが、卒業して16年、当時に比べて参加人数も減ってしまい、活動に難しさを抱えているグループもあるという話が少し聞こえてきています。同時に所属していた音楽サークルは当時よりも遥かに多くのメンバーが活発に活動しているという話も聞いています。大卒新卒以来ずっと勤めている会社も発展を続けて16年間で規模はほぼ20倍程度になっています。現在参加させてもらっている音楽団体も私が関わっている数年で人数は3~4倍程度に増えています。どこも、うまくいっているところもあればうまくいっていないこともありました。

どんな組織、団体がうまく発展し、あるいはそうではないのか。その時にそのキーファクターはなんなのか、そういうことを思います。

私自身、幼稚園もおしまいになりますし、新しいコミュニティもはじめようとしてますし、会社の組織も4月ともなれば変化するでしょうし、所属している音楽団体からも抜ける予定ですし、いろいろと変化の春となります。新しく、発展的にいろいろなことをやっていければいいなと思います。

 

で、反省会ではバンド演奏をやったり、先生にお礼の花を用意したり、ムービーを作って上映したりなどなどしておりました。ちょっとやり過ぎました。当日、プロジェクターにVGAケーブルが無くて超焦りました。幼稚園の他のモニタから借りようと思いましたがDVIケーブルしかなく。プロジェクターにはDSub5の口しかなく。近所のイオンの電気屋さんに言ってもHDMIケーブルしかおいて無く…。自宅に戻ってもVGAケーブルとモニタ自体処分してしまっていて無く…。家族もでかけていて車もなく…。結局荷物運搬で車できていたバンドメンバーに車を出してもらって近場の電気屋さんにてケーブルを購入することで事なきを得ましたが…。いや、参りました。「プロジェクターには、プロジェクターに対応したケーブルが付属している」ことを当たり前と思ってはいけないですね…。これは本当に大反省です。

そして、ケーブルの件であたふたしてしまって、いろいろと準備不足で、演奏はメタメタになってしまいました。外に結構長時間いたので手がかじかんでしまったのもありますが。やっぱりBassがしっかりしてないと曲はだめですねぇ。こちらも大反省。まぁ、でも全体ではすごく盛り上がって私も楽しかったので良かった。

そして、今日は昨日の疲れもあるしのんびり休みたい…ところでしたが、執筆活動をしたり、下の子供2人と一緒に近所の探検にでかけたりなどしてました。これを我が家では(私が1人で勝手に)「探検僕の町」とよんでおります(笑。車でいつも通る道ではない道をあえて選んで自転車で走ります。これ結構いろいろな発見があって面白いんですよね。

今日は自宅から南西方面に行ってみました。新松戸方面。息子に全部自由に道を選ばせて、行き当たりばったりに見つけた面白そうなお店をのぞいてみたり、公園で遊んでみたり。おやつの時間になったらそのへんでみつけたお店でお茶をします。

今日は公園で遊びたいというのでそのへんで見つけた名前も知らない公園で遊んでたら、急に幼稚園の先生が来てくれてびっくり!たまたま車で走っていてみかけて、わざわざ車を停めて降りてきてくれました。車で走ってて公園で遊んでいる知り合いを認識するという経験を私はしたことがないです。というかそんな事本当に可能なのか?というレベルです。しかも適当に走りすぎてて、遊んでいる本人もどこだかわからないような場所で。いや、本当にびっくり。そして、見つけたからってわざわざ来てくれるって、本当にありがたいです。次女も息子も私も大喜びでした。本当に子供想いの素敵な先生に子供たちを見てもらってありがたいです。

そんな平和な日曜日の午後でした。

9回目の発表会

先日、幼稚園で発表会があり見に行ってきました。長女3年、長男3年、次女3年で、9回目の鑑賞です。

その中でも毎年年長さんが必ずやる毎年恒例の演目がありまして、9回目ともなるとすっかり内容を覚えてしまいました。

毎年子供達は入れ替わりますし、年少さんともなるとすごく幼くて演技もやっとという感じなのですが、みんな年長になると難しい演技をきちんとできるようになります。小さい子供の成長は本当に凄いです。

次女も何日も前からかなり緊張していたようですが、しっかりとできていました。嬉しく思います。

スケート。viscuitでゲーム作成。BGV作成。

今日は家族でスケートに行ってきました。次女は1人でかなり滑れるようになりました。いままではずっと私が両手を持っていたり体を支えておいてあげないといけなかったのですが今日は積極的に1人で滑ることができていました。むしろ私のほうが手をひかれるような場面すらありました。

今日はオリンピックの影響だと思うのですが人がすごく多くて、リンクは混雑していました。なので右へ左へと人を避けながら滑る必要があったのですが、狭いところもきちんと体をコントロールして柔軟に滑ることができていました。私がうしろから押してあげてそれなりに速いスピードを出すことも度々あったのですがスピードを出すのもとても楽しいと言って喜んでいました。

次女は背が低く、手をつないでずっと滑っていると腰が痛くなってしまうのですが、以前に比べると随分と身長も大きくなってきてくれたので、私自身ずいぶん楽に滑ることができるようになりました。

さらに今日は靴のサイズが無くて、いつも27.5cmのところを28.5cmの靴を履いたのですが、これが大変に具合がよく、いつもだったらすぐに足が痛くなってしまう所が全然痛くなく滑ることができました。これからは28.5cmを常用しようと思います。

息子は次女とは違いかなり1人で滑っていました。そしてずいぶん楽しかったようです。息子は速く滑ることをしたいらしく何度もこけても立ち上がって滑り続けていたようです。次女とは違って小さい時から1人で滑ることができていましたし、それを1時間でも2時間でもずっと続けていられるその体力と根性は大したものだなぁと言うふうに感じます。

私は次女の様子を見ながらたまにちょっとリンクの中心で回転する練習をしています。はじめの頃は少しだけ回ることしかできませんでしたが、そろそろ慣れてきてそれなりに回転するようなことができるようになってきました。また、片足だけに体重を乗せて、もう片足は上げたまま5秒から10秒くらいその姿勢を維持して滑ることもできるようになってきました。子供にせがまれて何度もスケートに行くうちに私も少しは上手くなってきたようです。どんなことでも成長を感じられると言うのは嬉しいことですね。スケートのうまいおじさんから「昔やってたんですか?」と聞かれたりもしました。こういうのも地味に嬉しいんですよね。
帰ってきてからは息子にはviscuitでプログラムを作らせてみました。息子はプログラムを作ることもとても楽しいようです。きちんと自分なりにゲームを作って、一応遊べる状態にしていました。とても単純なものですが自分でルールも、動きもクリアの条件も考えて遊べる状態にしたのは凄いと思います。

viscuitは作成するのはものすごく簡単で直感的で素晴らしいのですが、作ったものを保存する、公開する、過去の作成物を再度編集する…等のの操作がかなり分かりづらく、時間がかかってしまいました。この点はもう少し改善してもらえると良いのですけどね…。
あと、今日は息子には今度の演奏会で流すBGVも作成してもらいました。PowerDirectorの操作方法もかなり慣れたようで素材の動画を、私が指定した長さに編集し、シーンをきちんとそれをつなぎ合わせてくれました。チャプターの概念も理解して、DVDへの書き出しまで実行できました。

本番では演奏に合わせてチャプターをショートカットで移動しながら映像を流してもらいます。ショートカットキーを覚えて音楽に合わせて映像を流す練習まで何度もしていました。本番で自分がタイミングを合わせて切り替えるということが楽しみらしく、楽しみが1つ増えたといって喜んでいました。

viscuitにしてもPowerDirectorでの映像編集にしても、マインクラフトにしても、今のうちに覚えておいたほうがいいから私が遊びの中で学ばせているものではあるのですが、本人も楽しくやってるようですし、なんといってもセンスがあるのが良いです。さすが自分の息子だなと思ってしまいます。(親バカ)

ところで今日はiPadでSiriにて音声入力をしながらそれをOneNoteアプリに書き出し、Windows PCのOneNoteに同期をさせてからPC上で修正し、最終的にワードプレスの編集画面に貼り付けると言う手順で文字入力を行ってみています。思ったよりも音声入力が快適に素早く入力できるので結構新鮮な驚きがあります。OneNoteでも同期もなかなか快適です。

iPadを使う前にWindows 10の音声入力を試したのですがそちらはかなり残念な結果でした…。iOSのほうはいちど入力された文字もあとから修正されるような動きをしています。面白いですね。個人的にはキーボードで長文入力することも得意だしスピードも早いのですが、たしかにそれよりもはるかに早い速度で音声入力はできますね。でも、あとから修正する分量もそれなりに大きく微妙ではありますが、しばらくこの方法を継続してみてもいいかなぁと言うふうに思います。

授業参観

今日は小学校の授業参観だったので、会社はお休みさせてもらって、小学校に授業を見に行ってきました。

とはいえ、結構仕事をしたり、オンライン会議をしたりはしましたが。

授業参加は今日は2時間だけ、ということでまずは小3の息子の体育の授業を見ました。なぜなら小3の息子は是非体育を見てほしいと私に言っていたからです。小学校3年生の子供たちはみんな頑張って跳び箱をしていました。私としては息子に「もっとはしるスピードを早くして、ロイター板をうまく使って上に飛べ!」と言いたいのをぐっとこらえてニコニコして見てました。はじめは飛べなかった高さのものも授業の中で飛べるようになったりしていて、みていて楽しかったです。

息子は元気一杯でやっているのはとても良いのですが、ちょっと元気すぎる感じではありました。

さすがに、授業中に「お父さんに抱っこしてもらっていい?」と先生に聞くのはよくないと思いました。お父さん好きすぎだろと。まぁ、嬉しくはあるのですが。

次の時間は長女のクラスにいって、英語の授業を見てきました。自己紹介をしましょうということで、きちんと英語で自己紹介をしていました。長女はもう6年生で、「親がきたらやだ」という感じでしたが。まぁ、寂しいですがこれも成長ですね。

というわけで、子供たちがしっかりと学校でも頑張っているのを見られて良かったです。

この時期の授業参観となるともう、お父さんはほとんど見に来ておりません。私ともう1人くらいお父さんを見ましたが、会社を休んでまで3年生6年生の授業を見に来る人はほぼいないようです。

もちろんその事情はわかるし、それはそうだろうと思います。でも、私は見に行けてとてもよかったと思います。

夜は家族で外食に行き、その後私はひとりで月1の楽しみのJazzのセッション for ビギナーズに参加してきました。

演奏しなれたfly me to the moonを再度演奏して、アドリブをちょっと長めに…とやろうと思ったのですが自宅では楽勝にできることがやっぱりできなかったです。まぁ、これも場数でしょうか。あとで録画してもらっていたものを聞いてみたら、それほどひどくなかったのが救いです。今後は練習時に完全に1人で演奏しているときでもきちんと曲を追えるようにしたいと思います。

 

久しぶりの(ほんのちょっとの)家事

今日は妻が体調不良で寝込んでいました。以前は結構ちょこちょことありましたが、最近はなかったのでかなり久しぶりの感じがします。

それで、今日は会社には出社せず、すこしだけ家事をしたり、幼稚園の送迎をしながら自宅から仕事をしていました。

海外から来てくださって製品紹介をしてもらう機会もあったのに、Skype経由で残念でした。Skype経由で音質悪目の英語はやっぱり難しくてかなり苦労しました。

それでも通勤が無い分、仕事はそれなりに進みました。

子供たちももうすっかり大きくなったので、お風呂は自分たちで洗って沸かして入れるし、小学校組は自分たちで全部行動できるし、次女の育児休暇のときの大変さからしたら相当楽になりました。子供たちの成長を感じる所です。

そして、明日は超久しぶりに次女の幼稚園のお弁当を作らなくてはいけず…まったく自信無いです(笑

水泳100mとボビング15分

今日は日曜日。午前中はママさんブラスバンドの練習があり家族5人でいつも通り参加してきました。

そういえば、今度の3月17日の午後に松戸市の森のホール21の小ホールで演奏会がありますので、是非皆さんいらして下さい。

特に小さなお子さん、赤ちゃんがいるような方に是非来ていただければと思います。騒いでも泣いても全く問題なしです。

image

今日の練習はいつもどおりではあるのですが、最近色々とやりたいこと、やらなくてはいけないことがあって、全然練習できていないのですが、練習できていない割には演奏できて良かったです。そろそろ譜面を見ながらその通りに演奏することにもなれてきた感じです。再開したばかりのときは譜面がその場で読めなくて随分苦労しましたが、おとなになってから再開しても人間なんとか対応できるものですね。

午後は、次女のリクエストで、この寒い中ですがプールに行ってきました。

次女はボビングに燃えてまして、ずーーーーっとやってました。ボビングわかりますかね、潜って床を蹴って上に上がって息をして、また沈んで床を蹴って上がって息をして…とやる泳げない人が溺れそうな時にジャンプしながら呼吸する方法って感じでしょうか。それが大好きでして、ずーーーーーっと何百回も何分もずっとやってまして。旗から見てると溺れてるようにも見えます。あんまりずっとやってるものだから、周りの親切なお父さんが「大丈夫?」(ブクブク)「溺れてる?」(ブクブク)「助けようか?」(ブクブク)とちょっとずつ話しかけながら助けてくれました(笑)。あわてて、「いや、それはやりたくてやってるんです、ありがとうございます。」とお礼をいって再度ボビングさせましたが、そのくらい足がつかないプールで必死にボビングをしまくる幼稚園年長さんはなかなかいないのではと思います。今日はなぜかず~ーーーっと続けてまして。結局15分とか20分とかずっとやってたと思います。以前は10回くらいしか続けられなかったのですが、コツを掴んだようです。何かしらいままでできなかったことができるようになるというのは素晴らしいことです。

息子はクロールを泳いでまして、必死にバチャバチャとクロールをするものだから、25mも泳いだらもう大量的につらくて持たない感じでした。「もっと楽にやったらいいんだよ」ということでちょっと手本を見せたらそれを真似して、記録を更新していきなり50m泳げました。休憩を挟んで最後にできるところまで足をつかないで頑張ってみな、といってやらせてみたら、ゆっくり100mも泳げました。そんなに泳げると思ってなかったので私もびっくりしましたし、本人もびっくりしたみたいです。すごく喜んでました。何かしらいままでできなかったことができるようになるというのは素晴らしいことです。

と、今日は結構嬉しいことが2つもありました。良かったよかった。

コーミングノイズ、インターレース等について学ぶ

幼稚園のイベントで動画を作ることになっており、今日は結構時間を使って作業してました。

DVDをソースにして取り込んだものをiPADのiMovieで編集すれば電車での移動時間中も作業できて時間稼げるなと思っていたのですが、動きが速い部分でとてもひどいノイズが出てしまいました。これ「コーミングノイズ」っていうんですってね。

このあたり真面目に勉強したことがなく原因がわからなかったので、ちょっと勉強しました。以下のあたりわかりやすかったです。

結局、DVDから取り込んだあと、PC等で問題なく扱うにはきちんとインターレースを解除して、プログレッシブに変換して扱う必要があると理解しました。今回はわざわざ変換してiPadに取り込んで…とやるのも大変な量があるので諦めました…(笑。昨年末購入したPower Directorではこのあたり全自動でうまくやってくれてたので、結局PCで作業しちゃおうと思います。

動画の状況を確認するためにMediaInfoを使いましたが、こういうの面白いですね。動画編集系ももうちょっと勉強したい感じに思えてきました。最近いろいろなことにやる気がでてきていい感じです。

良い感じといえば、今日は下2人の子供と一緒に近所だけれども通ったことがない道をあちこち散策して遊びました。やっぱり自転車ってこういう目的には素敵ですね。何年も住んでいてもいつも車で同じ道ばかりしか使ってないなぁと改めて思いました。またやろう。

あと、私の書いた本を読んでよかったですよーとメールをくださる方がいました。とてもうれしいです。

次の本はなかなか筆が進んでいないのですが、最近すこしずつ手が動くようになってきました。ちょっと自分が完全にはわかっていない技術的なことも自分も勉強しながら多く盛り込む構想をしていたのですが、それよりも「今伝えたいこと」を技術的なことの要素は薄めにしながら書きたいなという気持ちになってきまして、それであればかなりすぐかけちゃう気がしてきてます。それが求められているのかどうかはいまいちわからないですが、まずは全体の構想を練り直して、まず書いてしまってから考えようと思います。

あと、昨日ちょっとだけゼノブレイド2を進めて、1話が終わるところまで進めたのですががぜん面白くなってきました。続きがやりたい。