しろくまのパンツ/ジュラシック・ワールド/片付けられない/DARAWA

今日も長女から借りた本を…読みたかったところですが今日は色々と時間がなく断念。日記を書き終わってからちょっと読もうと思ってます。

今日は、妻と長男は午前中楽団の練習。長女は部活…と、私と次女の二人だったので近所のイオンに行って本屋さんで本探し。今日の次女のチョイスは「しろくまのパンツ」。

子供たちと一緒に本屋さんにいく機会があったら好きな本を1冊買っていいというルールはまだずっと継続していて、子供たち用の本は買いまくってます。子供3人なので合計月6冊から10冊くらいでしょうか。それでもって子供たちを本好きにするという計画はほぼ成功しています。

因果関係、相関関係は定かではないですが、我が家の子供たちはみんな学校の成績はいいです。私は、私が毎日寝る前に絵本を毎日読みまくってあげたのと、自分で本を選べるようになってからは本を買いまくってあげたのが超効果的に効いてると思ってます。というか、効いてないはずがない。やっぱり何事も遺伝と家庭環境だよなぁと思うところは正直あります。

あとは、なにか人生レベルでも困ったことがあれば本を手に取るようになってくれるといいなぁと思ってます。これはまだもうちょっと時間がかかりそうです。

閑話休題。

で、今日はあと次女と長男を連れて午後には映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を見てきました。MX4Dにて。

見ようと決断したのは先日の夜7時過ぎで、ジュラシック・ワールドがみたかったわけではなく、そういえば気がついたら次女がMX4Dを見られる身長に達していたので。3D映像とMX4Dの臨場感あふれるギミックってのは子供ながらにワクワクするものなのではないかと思って。

で、内容どうこうというよりもジュラシック・ワールドが小学4年生男子と小学1年女子にどうだったかといいますと…(それぞれサンプリングたったの1)

  • 小学4年生男子は楽しめるらしい。(でも、見る前はスターツアーズ並に座席がゆれるのではと思ってビビってた)
  • 小学1年女子には刺激が強すぎるらしい。
    • 何度も号泣
    • 画面を見ていられなくなって抱きついてくること多数。
    • それでも、音は聞こえるわ、座席は揺れるはでもう泣きまくり。

という感じでした。次女には悪いことをしました…(笑。 それでも、一応ところどころ見ながらはいたようで、XXXが助けに来てくれたことをきちんと認識していました。なんやかんやで楽しんではいたようですが、でも、もうちょっと素直に楽しめる怖すぎない内容のほうが良さそうでした(^^;

でも、MX4Dってラインナップ殆ど無いし、料金は高いし…でちょっともったいない気がします。凄くいいものだと思うんですけどね。今回も3人で1回映画を見るのに8000円です。2時間アトラクションに乗れると思えばテーマパークに行くよりは圧倒的に良いですが、それでも裾の尾が広がるラインナップだったり、料金ではないよなぁと思うのです。

でも、まぁ、泣きまくったのも含めてよい思い出ができたかな?

 

あと、今日は午前中に長女が部活に行っている間に本人には宣言した上で、あまりにも汚い長女の机周辺を掃除しちゃいました。良くないことだったかもしれません。が、あまりにもひどいため。まぁ、それ自体を叱ったりはしないのですが。

私も片付けられない人間です。妻もそうです。子供たちもそうです。やっぱり何事も遺伝と家庭環境だよなぁと思います。だから責めるつもりななくて。で、私自身は子供時代に比べたら遥かに片付けられるようになりました。というかものをそもそも持たないようになりました。本は電子書籍にする、活動拠点をデジタルにする…っていうだけでもう物量の7割くらいはなくなりますしね。なんとうかそういう割り切りや自分なりの「やりやすいメソッド」のようなものをみつけてくれればなぁとは思っているのですが。まぁ、これはだめだと思います。

で、夜はだれも付き合ってくれなかったので1人でDARAWAさんのディナーライブ(?)に行ってきました。一人っきり出来てるのは私だけでしたが(笑。

素敵な歌が沢山きけてよかったです。

映画

今日は家族で映画を見に行って、それぞれ好きな作品を見ました。我が家の子どもたちもしっかりと映画を最後まで見られるようになったので大変よい感じです。

妻と長女はそれぞれみたい作品を、私と息子と次女はいっしょにクレヨンしんちゃんの「爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」を見てきました。クレヨンしんちゃんの映画はほとんど見ている気がしますが、今回の作品はとても面白かったです。映画館でたまたま一緒の回を見ている人と同じところで笑えるっていいですよね。

ここ数週間映画やTVアニメなどの映像作品をたくさん見てます。主にAmazon Primeにて、たまにレンタルで借りたり、映画館で見たり。やっぱり映画とかはスケールが大きいものが多いので自分の悩みなどがちっぽけなものに思えるし、家族愛ものを見れば家族を大切にしなきゃなって思うし、いろいろと精神衛生上良いですね。精神衛生上よくないものもあるので作品は選ばないとですが。

あと数年したら映画館でも自分の好きな作品を選んで見られるようになりますかね。楽しみです。

Amazon primeで映画を見る

人生に疲れたので、いくつか映画をみて心を癒やしています。

最近はまずAmazon Primeで評判の良い映画を探して見る感じですね。映画館に行くよりも超お手軽なので、しばらくはこのパターンかなと思います。

 

「きっと、うまくいく」。インド映画を見るのは初めてかも?本当にいきなり歌って踊りだすんですね。とてもおもしろかったです。まさに今の私に必要な要素が詰まってた気がします。

 

 

なぜか見ちゃいました。今の私に必要な映画ではなかったです。テンポが違う!音程が違う!って…全然わからなかったです。それでも、最後まで見ちゃいました…。面白かったです。

 

 

いや、これは今の私にとても必要な映画だったと思います。ずいぶん笑って見ました。元気になった気がします。

 

他にもおすすめあれば教えてくださいませ。

コーミングノイズ、インターレース等について学ぶ

幼稚園のイベントで動画を作ることになっており、今日は結構時間を使って作業してました。

DVDをソースにして取り込んだものをiPADのiMovieで編集すれば電車での移動時間中も作業できて時間稼げるなと思っていたのですが、動きが速い部分でとてもひどいノイズが出てしまいました。これ「コーミングノイズ」っていうんですってね。

このあたり真面目に勉強したことがなく原因がわからなかったので、ちょっと勉強しました。以下のあたりわかりやすかったです。

結局、DVDから取り込んだあと、PC等で問題なく扱うにはきちんとインターレースを解除して、プログレッシブに変換して扱う必要があると理解しました。今回はわざわざ変換してiPadに取り込んで…とやるのも大変な量があるので諦めました…(笑。昨年末購入したPower Directorではこのあたり全自動でうまくやってくれてたので、結局PCで作業しちゃおうと思います。

動画の状況を確認するためにMediaInfoを使いましたが、こういうの面白いですね。動画編集系ももうちょっと勉強したい感じに思えてきました。最近いろいろなことにやる気がでてきていい感じです。

良い感じといえば、今日は下2人の子供と一緒に近所だけれども通ったことがない道をあちこち散策して遊びました。やっぱり自転車ってこういう目的には素敵ですね。何年も住んでいてもいつも車で同じ道ばかりしか使ってないなぁと改めて思いました。またやろう。

あと、私の書いた本を読んでよかったですよーとメールをくださる方がいました。とてもうれしいです。

次の本はなかなか筆が進んでいないのですが、最近すこしずつ手が動くようになってきました。ちょっと自分が完全にはわかっていない技術的なことも自分も勉強しながら多く盛り込む構想をしていたのですが、それよりも「今伝えたいこと」を技術的なことの要素は薄めにしながら書きたいなという気持ちになってきまして、それであればかなりすぐかけちゃう気がしてきてます。それが求められているのかどうかはいまいちわからないですが、まずは全体の構想を練り直して、まず書いてしまってから考えようと思います。

あと、昨日ちょっとだけゼノブレイド2を進めて、1話が終わるところまで進めたのですががぜん面白くなってきました。続きがやりたい。

発熱/SAO/Vocaloid

昨日は次女が発熱して、私も頭が痛かったのでのんびり寝てました。

寝ながらAmazon Prime Videoでなにか見ようかなぁとおもってみてみたら、ソードアートオンラインが新しく入ってきており、評判がいいことは知ってたので見てみました。中学生の時に授業も聞かずにこの手の小説を沢山読んでいたのを思い出しました。久しぶりに面白かったです。

次女は午後くらいから「寝てるの飽きた」とおきだしまして、今日はもう元気なようです。

明日長女の誕生日なのですが、明日は私は仕事なので、誕生日プレゼントということで前からほしがっていた「初音ミク V4X バンドル」のダウンロード版を購入してあげて現在ダウンロード中です。

長女もそろそろまともに作曲できるころだと思うので、ちょっと期待。せっかくだから私も久しぶりに作曲したいなと思います。

最近Amazon Primeにはいったこともあり、いくつか映画をみたりしてます。
「最高の人生の見つけ方」はとても良かったです。

私もそろそろ死に方を考えないとなと思います。(自殺するとかそういう意味じゃないですが)

息子と下の娘がみたいみたいというので、ドラえもん 新・のび太の日本誕生を見てきました。その間長女は喫茶店でお茶しながら勉強してました。

ふたりともすっかり映画館にもなれて、おとなしく見られるようになったので良かったです。後ろの子供がポップコーンとジュースを派手にひっくり返して頭からジュースを浴びました。終わったあと床をみたら大変な事になっており…。映画館危ないですな。

ドラえもんの日本誕生の映画は見たことなかったですが、漫画を最近息子が買ったばかりでして、それを読んでたからストーリーは最後以外全部わかってて、いまいち面白くなかった!子供たちは楽しんでたようです。

次はクレヨンしんちゃんを見たいと子供たちは言っており、クレヨンしんちゃんなら私も楽しめそう。

今日は嫁さんがららぽーと柏の葉でママさんブラスの発表会的なものがあったので、家族で行きました。待ち時間がかなりあったので子供たちにモンスターズ・ユニバーシティーを見せてみました。前日にふと思いついて「そうだ、映画でも見て時間を潰そう」と思って見てみただけだったのですが、とても面白かったです。

息子は「楽しかった!」という感想なのですが、娘は「怖かった」とのこと。確かにそうかもしれない。「モンスターってのは日本語で怪物だから、怪物がいっぱい出てくるぞ、こわいぞー」と始まる前に冗談で言ってたのですが、7歳の女の子には冗談じゃなかったようです。下の娘ははじまったくらいですぐに寝て、終盤に起きて、暴れて、歩き出して大変でした。周りの人にほんのちょっと迷惑かけちゃったけど、許される範囲…だったはず(汗。

上の2人は映画1本を集中して見ていられるだけの集中力がすっかりついたようです。下の娘がもうちょっと大きくなれば映画も頻繁に行けますねぇ。楽しみ。

それにしても、最近のGC映画は凄いですね。私もちょっとだけCGをかじったことがありますが、あのクオリティのものが1時間も2時間も動き続けるなんて信じられないです。しかも今回は2D版を見ましたが、立体視できる状態で…。世の中には天才とものすごい努力家が沢山いますねぇ…。ものすごいお金と時間がつぎ込まれてるのだと思います。調べても制作費は出て来ませんが、4,5年かけて作ってるんですね。凄いなぁ…。

毎回恒例のプリキュアの映画を今回も見て来ました。

そろそろ上の娘はプリキュアを卒業ぎみではありますが、息子も下の娘も大好きなのでみんなで。嫁さんは春休みに備えて自分の時間を確保です。いつも松戸のシネマサンシャインに行っていたのですが残念ながら閉館してしまったので、今回は亀有のMOVIX亀有に行ってきました。遠くなったし勝手も違ってたので時間に間に合わないかとちょっと焦りましたがなんとか時間に間に合って映画を見られました。

上の娘と息子はもうほおっておいても自分でずっと集中して映画を見続けることができました。一方下の娘はまだ1歳だし案の定集中力が続かず後半はモジモジしてて対応が大変でした。なんとか周りのひとの迷惑にならずに済んだ…はず。

映画は出来が良く面白かったです。前回のNewStageの出来が悪かったのでそのせいで余計に面白く感じたのかもしれませんけれども。娘も同じ感想だったようで、「面白かった!前回のはつまらなかったからね。」とのこと。子供でも面白い、面白くないの評価は厳しいですね。人数が増えすぎてるので、まったく喋らないキャラクターなどもおり、その辺りやはり割り切りが必要なんだろうな…なんて思いながら。監督泣かせなシリーズ…。

ところで、今日は安い日だったこともあり映画館はすごい人でした。電車で移動中にチケットを買っておかなかったら相当長い列を並ばなくてはいけないところでした。スクリーンも大きかったし、映像もクリアだったし、音響もよかったし、ラインナップも多いし、これじゃぁ松戸シネマサンシャインは潰れるわけだな…と思ってしまいました。でもあの横に長い座席配置は映画を見るにはいいけど、子供が暴れた時に抜け出せないので赤ちゃん連れには厳しいですね。

なんだかんだで子供を3人連れて歩くと片道1時間ほどかかってしまい、非常に疲れました。子供たちが大きくなったらもうちょっと大人な映画を一緒に見たいところです。

1件のコメント

「耳をすませば」を英語でみました。音声と字幕が一致していないので、英語音声、字幕なしで見ました。私、この映画、テレビか何かで見たことあると思っていたのですが実はちゃんと見たことがなかったらしく。一度英語ヒアリングのためにスタジオジブリのDVDをたくさん借りてパソコンに取り込んだまま、長年眠らせていたようです…。

大学の時にリコーダーのサークルでカントリーロードを吹いたりもしてたのですが、映画の中でも演奏するシーンがあったんですね。ちゃんと映画を見ておけばよかったなと今更思いました。私は中高一貫でもありましたし、中3の恋愛とか受験勉強とか進路とか将来の夢とか、よく分からなかったり、もう忘れかけていたりしますが何だかいろいろ苦々しい思い出と共に思い出しました(笑

若者は自分に重ね合わせて見る映画なのでしょうが、わたしはもう主人公は自分の娘に、自分は主人公の父親に重ねて見てました。いやぁ、歳をとりました。自分の子供たちにも自分の本当にやりたいことを見つけてもらいたいし、その時には認めて応援してあげられるようにしたいです。