わくわく探検隊

今日は小学校のわくわく探検隊というイベントがありました。小学6年生が地域のいろいろなお店や、歴史ある場所などについて学び、それを4,5年生にプレゼンテーションする、というイベントです。

出発式では私も演奏に参加させてもらいました。DARAWAさんや、Throbberの西澤さん、そして小学5年生の女の子と一緒に演奏させてもらいました。小学生は大きな声で一緒に歌ってくれて、楽しかったです。

私個人としては、ミスを恐れて縮こまった、無難な演奏になってしまったなという感じではありますが…。録音を聞いた感じ、無難な感じになっていたので良かったです。それでも、もっとチャレンジしたいなと思うのでした。音楽って気持ちの問題もずいぶん大きいですね。今更ですが。

そして、長女は6年生なので、発表する側でして、発表の様子を私も見学させてもらいました。6年生の親は見学にいっていいルールなのです。きちんと下級生に対して一生懸命頑張って説明している姿を見られて良かったです。本来のグループリーダーが数日前から病気でお休みしてしまっているらしく急遽ピンチヒッター的に役割をこなしている面も多かったそうですが、しっかりやっていました。

でも、私が話しかけても隠れるわけですが…(笑。まぁ、小学6年生の女子というのはそんなもんですかね。

色々とありましたが、今日はなかなかよい1日でした。

…仕事で、考慮漏れが見つかってしまってがっかりしてますが、それはまた後日フォローしたいなと…。

ゆいの花音楽祭

8月半ばあたりから、また随分と仕事が忙しくなってきました。

イベントに登壇して喋る系の仕事も現在6個くらい溜まってきておりまして、早め早めに準備しないといけないです。

そんななか、ちょっと前になってしまいましたが先日は家族で「ゆいの花音楽祭」にて演奏してきました。子どもたちは練習どおりの力を本番でも発揮してくれてしっかりした演奏になりました。本番に強い。良い経験になったと思います。練習では「疲れたからもうやだ」と連呼していた次女もしっかりやってました。長男はまだリハーサルしか終わっていない段階で「今日はもうおしまい?」って言ってましたが…(笑

私は、練習不足もあって細かくあちこち失敗しましたが、そんなことよりも、あらゆる曲で相当走ってました。ベースがテンポ安定しないようじゃぁ、話にならないですね。反省しきりです…。自分では認識してないのですが、やっぱり緊張が出てるんですかね…。また、練習しているときのテンポがどうしても出てしまうので「この曲は難しいからあえてテンポ早めで練習して余裕をもって演奏できるようになろう」という作戦はちょっとやめたほうがいいかもと思いました。

イベントでは、お客さんに風船をくばって、演出にあわせて一緒に風船をとばしてもらったりして楽しかったです。

最近やりたいことが多くて練習すべき曲も多くなって、自分自身が自分で納得できるレベルに到達できないので、長女の小学校卒業と一緒に、私も卒業かなと考えていたりもします。

初ベースソロに挑戦…してうまくいかず

今日はThrobberのセッション初心者のイベントに参加して3曲ほど演奏してきました。

  • Change The World
  • Fly me to the moon
  • Stand by me

Change the worldはこの曲をやろうという話を事前にしていたので、持っていたバンドスコアも見ながら、CDと合わせて練習していったのですが、他の人と見ていた楽譜が異なり、さらに一部リズムも異なっていたのでちょっと焦ってしまいました。

Fly me to the moonは数ヶ月まともに弾いてなかったこともありちょっとうまくいかず。

Stand by meはコード進行がとても簡単でずっと繰り返しているだけなので、人生初のアドリブのベースソロに挑戦してみました…!が演奏としては全然うまくいかず…。自宅練習だとうまくいくんですけどね…。

というわけで、今日は演奏面ではかなり不満が残る感じになってしまいました。が、それよりもなによりも色々と楽しかったです。特にソロをやるのは前からずっとやりたかったけど、やる勇気がだせなかったので、とりあえず挑戦できたので良かったです。

・・・練習を継続してもっとうまく、自由に演奏できるようになりたいと思います。

この歳でも、新しいことに、趣味で挑戦できるというのは幸せな事です。ありがたいなと思います。

ピアノの発表会

先日、ピアノの発表会があり、聞きに行ってきました。

長女は3回目、次女ははじめてのピアノ発表会。

長女は小学校6年生になり、中学に鳴ったら吹奏楽の部活を頑張るんだ!ということでピアノはやめるつもりだそうなのでおそらく最後の発表会です。(ゆるく続けてもいいんじゃないかという気はしていますが)

長女としては「歌うように演奏する」ということが1つの目標であったようでして、とても素敵な音で演奏していました。本当に上手になったなぁと嬉しく思います。

次女は「あんまり練習してない」と威張ってました(笑。それでも練習のときにはうまくできるところはテンポ早くちゃちゃっと弾いて、あまりうまくできないところはゆっくりつっかえつっかえ弾いて…という感じでしたが、本番ではしっかりとテンポをとって、急がず、しっかりと演奏していました。本番では緊張して早くなってしまいがちですけど、大したものだなと思いました。

ふたりとも妻の手作りのドレスを着ての演奏でした。ドレスも素敵でしたし、二人共とても嬉しそうでした。とても良かったです。

一方こういう時には自動的に連れ回される息子は、兄弟がこれだけやってるけれども、全然自分がやる気はないそうです。早く家に帰ってゲームしたい!とのこと。これはこれでブレてなくて凄いなと思います。

そういえば、私も昔、ピアノ習ってて、発表会にも出たことがあります。その時にこの曲やったはずだな、と思う曲を弾いている子もいました。たしか繰り返し方を間違えてしまって失敗したんだったような。それでも、一応自分がピアノを習ってて、発表会にも出て、そこからいまでもまがりなりに音楽をずっとやってるわけで、ありがたいことだよなと思います。

親に感謝しないとですね。

子供には感謝されようとは思わないわけですが。

ベースやって何年なの?まだ初心者なの?と息子に聞かれる

今朝、いつもどおりベースを弾いてましたら、息子から「お父さんベースいつからやってるの?何年やってるの?まだ初心者なの?」と聞かれました。

最近練習している「はじめてのジャズ・ベース」という本は初級編、中級編、上級編に分かれていて、初級編の曲を初見で弾いてて結構間違えてて、そこを見られたわけです。

まぁ、ジャズに関しては本当に初心者ですが、ベース自体は中学3年生からやってますので…、そこからだと期間としては20年以上(汗)、でも間にブランクが相当あるので…実質的には8年くらいでしょうか。

もうとても初心者とはいえないくらい長いことやっていることになってますが、腕前は…。(涙)

それでも、最近は知ってる曲なら曲に合わせてアドリブで演奏して楽しめるくらいにはなってきたので……絶賛上達中です。

今くらいの感覚を中学、高校の時に持てていれば、その先も継続したと思うんですけどね。残念ながら、当時、良いお手本に恵まれなかったなぁと思います。

音楽に限らずですが、良いお手本、あこがれの存在ってやっぱり必要だと思うんです。

そういう意味では、次女のピアノの良いお手本に長女がなってまして…、長女はすっかりピアノが上手になりました。私も感心するくらいに。もう小学校6年生ですが、あたりまえのようにピアノも続けており、やめる気配がありません。いや、大したものです。

でも、私と一緒に演奏してくれないんですよね。もうそういう年頃だから、ということなのかもしれませんが。妻も一緒に演奏してくれないし、私の「家族みんなで一緒に演奏する@自宅」という試みはうまくいきそうにありません。

でも、次女は一緒にやってくれるのと、息子も最近ちょっと一緒にやりたがってくれているので、3人では一緒にできるかな?という感じです。次女はまだ流石にちょっと技術が足りていないのですが、今度のピアノの発表会に向けて随分頑張って練習してるみたいです。

屋外での演奏

4月29日に松戸市の21世紀の森と広場で、5月7日にららぽーと新三郷でそれぞれ屋外で演奏をしました。

私はエレキベースを弾いているので、そもそも屋外だと電源の心配からしなくちゃいけないし、ベースアンプ含めて重い荷物を持って回らなくちゃいけないしで大変なので、あまり積極的に演奏をしたい気持ちにはならないのですが、それでも演奏するとやっぱり楽しいですね。

それでも、屋外だと音が発散してしまって周りの演奏の音が聞こえなくて非常に演奏しづらく、あとで自分の演奏のだめさにヘコむ…ということを繰り返してました。

でも、先日のららぽーと新三郷のステージにはきちんと屋根があって、音響のことも考えられた設計だったので、屋外とは思えないくらい演奏しやすくてびっくりしました。きちんと音を出すことを考えて設計された空間ってやっぱり凄いんだなと改めて感じました。当たり前なのでしょうけど…。

 

それでも、屋外で演奏すると、手の汗のかきかたの違いなどもあって、いつもの練習の通りの演奏ができなくてもやもやします。普段の練習から外でやればいいのかもしれませんが…。

市民交流会館で音楽演奏をする

今日は、幼稚園のお父さん仲間の演奏をする人数名で市民交流会館のスタジオを借りて、集まって演奏してみました。

場所は市民が使うような場所なので安く長時間借りられて結構良い感じでした。1時間200円ちょっとで部屋が借りられちゃいます。ドラムセット、特にシンバルの音は残念な感じがありましたが、4時間400円ちょっとで借りられるドラムセットなので文句は言えないですね。

で、場所の借り方も予約の仕方も料金体系もわかったし、持ち込むべき機材もわかったし、初めてやったわりには結構楽しくうまくできたと思うのですが、演奏している最中に息子(小2)が卓球で遊んでいてボールを拾う時に勢いあまってテーブルの角で額をぶつけて流血してしまい、急遽病院に連れて行くことになってしまいました。

なので、2時間ほどは病院に行ってて終わってしまいまして…。メンバー全員そろってのきちんとした合わせは結局できずじまいとなりました。

息子は額から流血したものの、特に大したことなく、縫うこともなく済みよかったです。

小さいころからずっと子供の面倒をみるようにはしてましたが、もう子供たちも大きくなって、見てなくても大丈夫だろうと油断してしまったところがあり、反省です。

特に子供の遊ぶところにはボルダリングもあるし、卓球もあるしで、小学生以上は一人でも遊んでいいことになってますが、ちょっと気を付けないといけないかなと…。

かといって、自分ひとりで休日の午後丸まるとかいなくなっちゃうのもいやなので、ちょっとこの辺りはなにか手を打ちたいと思います。

エレキベースを演奏してみました/ルパン三世のテーマ(吹奏楽)

今日は、ふと思い立って、先月の演奏会のために一番練習した「ルパン三世のテーマ」を演奏してiPhoneで撮影してyoutubeに公開してみました。

はじめは全然演奏できなくて、毎日朝出勤する前の15分の練習を数ヶ月続けた気がします。でも、結局このくらいの出来ですが…。

本当はサクッとなんでもいいから一発で撮ってアップロードしたかったのですが、いやーうまくいかないものですね。納得いかなくてなんどもなんども撮影しなおしましたが、やればやるほど深みにはまる感じでうまく演奏できず。

1発どりでCDとか出しちゃうミュージシャンとかほんと、変態ですね。

複数テイクの一番良いところをつなぎ合わせたくなってしまいましたが、今回はこれで妥協しました。

もっとうまくなりたいですね。

発熱/今度の日曜日は演奏会です。

長女の風邪の症状が治まってきた…と思っていたら、昨晩長男が発熱しました。今朝にはある程度熱が下がっていたのですが、念のため学校はお休みに。

そういえば今度の日曜日には松戸市の21世紀の森と広場の小ホールで演奏会があります。家族全員出番があるのですが、息子はちょっと危ない感じかもしれません…。今日で元気になってしまえば良いんですけどね。

そういえば演奏会何時からだからわかってないな、と、思ってあちこち探してみたら以下画像を発見。


「ゆいの花音楽会」「松戸ウインドアンサンブル」「まつどだっこんちぇると」のどれに自分が所属してるのか、正式に所属はしていないのか、それすらよくわかってないですが、近くの方がいたら聞きにきてもらえると嬉しいです。子供が騒いでも全く問題なしです。

誕生日おめでとう/初音ミク V4X バンドル

本日、1月10日は長女の11歳の誕生日。おめでとう。

今でも長女が生まれた日の事を鮮明に思い出すので(超大雪だったし、自分が辛くて泣いてた)、もうあれから11年もたったのかと月日の流れの速さに、子供の成長の速さに驚きを隠せません。本当に子供の成長は早い。

長女はもうすっかり大きく、頼もしくなりました。本好き、演奏好き(ピアノ、ユーフォニウム)、VOCALOID好き。

11歳の誕生日は何がいいかを聞いてみたら、VOCALOIDをつかって作曲できるツールがほしいということだったので「初音ミク V4Xバンドル」をプレゼントしました。

ついでにせっかくなので、私も初音ミクに「Happy Birthday」の歌を歌わせてみました。おもったよりもずっと簡単に歌わせられることができてちょっと感動。明日長女に聞かせてみようと思います。

長女はもうすっかり音楽センスがよくなって、自分で作曲もできる力が備わってると思います。どれだけ本気かはまだよくわからないけど、5,6年前くらいから「将来の夢は?」という質問の答えに「シンガーソングライター」という選択肢も入ってるので、これをきっかけに作曲にも手をのばしてくれると嬉しいなぁと思います。

私自身が作曲好きなんですよね。でも、まがりなりにも一応曲として完成させたものは本当に1,2曲しかないという、「完成させられないやつ」なのですが、長女には謎の「完成させる力」が強大にそなわっているので作曲ももしかしたらテキパキとやっちゃうのかもしれない。

「今日は一緒に作曲しようぜ!」と言っても何年間も全然乗ってこなったですが、今週末からは一緒に作曲できるかも!と、娘へのプレゼントなのに私のほうが興奮してるかもしれません。