休日の午後にのんびりしてます。

今日は土曜日。午前中は幼稚園の父の会があったので、幼稚園で子供たちと戯れてきました。今年は9年連続の幼稚園の最後の年…ということもあり、父の会の副会長にもなりました。こういうのはあまり向いてないですが、まぁ、楽しんでやりたいと思います。午後はのんびりベースの練習などしながらのんびり過ごしております。日記も最近あまりかけてないので、ちょっと最近の振り返りでも。

今週は、息子の喘息が1年ぶりくらいに出て二晩ほどまともに寝られない感じでした。随分長い間大丈夫だったので、もう深夜に病院に行くこともなくなったかと思っていましたがちょっと考えが甘かったです。

一晩目の深夜23時くらいに病院に行って吸入をした翌日にすっかり元気になっていたので油断してしまったのも良くなくて、結局夜20時くらいに夜間救急にお世話になってしまいました。さらに、吸入してからもその後かなり呼吸が浅くなって苦しそうなことが継続してしまったので、本当はもう一度やってもらったほうがよかったのかもしれません。

なにかあったら翌日元気になっていてもしっかり病院につれていかねばなと思ったのでした。

そして、久しぶりの深夜の病院では症状が軽かった子供を連れてきていた親が医者に喧嘩を売っている現場に遭遇してしまって、非常に気分が悪かったです。私も子供に喘息の症状が出ているときに病院につれていくべきか自宅で様子を見るべきか非常に悩むので、深夜に病院に連れて行く程ではない症状なのに病院に行ってしまう事自体は理解できるのですが、医者にいらついてその場で喧嘩始めてもねぇ…。

私も医者に心にも思ってもいないひどいことを言われた経験はありますが…。

なんにしても、健康が一番ですね。健康に気をつけて平和に暮らしたいと改めて思いました。久しぶりに2日ほどまともに寝ない状態で過ごしたので辛かったです。

あと、最近の出来事として、Throbberのセッションforビギナーズの日にいって演奏をしてきました。3曲参加させてもらって楽しかったです。お店への参加はおそらく3回目。結構雰囲気も、勝手もわかってきた感じがあります。でも、何と言ってもアドリブでソロを取ることがまだできないので、次はそこに挑戦したい感じです。

初心者がアドリブでソロをやるのにおすすめの展開の非常に簡単な曲から…ということでstand by me, let it beをおすすめしてもらったので、このあたりから挑戦してみようかなというように思ってます。

卓球

最近子供たちが卓球が面白いらしいです。息子は卓球をして興奮して、卓球台の角に頭をぶつけて流血しましたが、それでも卓球熱は冷めていないようでして…。XXX市民センターとかそういうノリのところの卓球台を借りられる所でちょこちょことやってる感じです。

私は卓球は全くやったことがなく、漫画のピンポンを読んだくらいしか経験がありません(←それは経験ではありません)ので、教えることすらできないのですが、この間100円ショップに行ってちょっと目に入ったのでラケットとピンポン玉的ななにかを購入してみました。そうしたら家で子供たちがなにか卓球らしきものをやって喜んでいます。

にぎやかで良い感じです。

進行方向

日記には書かないでくれと言われたので直接的には書かないようにしよう…と思うのですが。

長男と次女はまだその段階には至っていないのですが、ある程度年を取って色々と物事がわかって交友範囲が広がってくると、自分の事がこの日記にかかれていることを色々な経路で知る機会も出てくるようでして。そろそろこの日記の役目も変更のタイミングかなと思っています。この日記は、願わくば、私がこの世に存在しなくなった後でも、人生の中で困難な事に出会った時に、過去の私の日記を見つけてそこに書かれていることから自分が愛されていた(いる)ことを感じてほしいなと思って書いているわけなのですが、そういう想いが私が思うように伝わるタイミングというのは、まずこないのだろうなぁとは思います。

私なんかは自分の両親のそのまた両親までも自分では辿れないような薄い親戚づきあいの中で過ごすのが当たり前で過ごしてきたし、自分の親が自分が赤ちゃんの時に一体何をして、何を感じて、自分のことをどう思っていたのかなど全然知らないわけなのですが、それって寂しいよなと結構最近思います。両親も歳を取ってきたし、もっと元気なうちに一緒に過ごしたいし、孫の顔ももっと見せてあげたいし、とずっと思いながらも、自分1人の事以外になってしまうと家族であっても自分の思い通りには全くならず、歯がゆい日々です。

小さい頃はお金も無く、力も無く、時間はあったけれども、自分の思い通りには全然できませんでしたが、大人になったら自分の好きなことが自分の責任でできるんだとおもってました。そのために今は我慢するんだと思っていた時期も相当の期間ありました。でも、大人になって、状況が変わっても結局自分の思い通りにできるような事は、どの領域でも全然無く。思い通りには行かないものです。自分の好きなことも色々と諦めてきましたが、今にして思えば、どんなことでも簡単に諦めるべきではなく、やりたいことをやりたい時に、できる範囲でやろうとしなければいけなかったんだと思います。いつまでまったってそれができるようになる状況なんて訪れないし、仮にそういう時期が訪れるとしてもそれはもうその時には自分のやりたいことではなくなってしまうことだって沢山あるし、状況が変わればそもそもそれを実行するというオプション自体なくなってしまうことも多くあって。

子供ができてからは色々と思い悩んだ挙句、家族との時間を多くすることにだけ注力してきましたが、それももう本当に終わりだなと思います。家に帰ってきたら、3人くらいから同時に話しかけられつつ、2人くらいから抱きつかれて困る、というのが普通の時期も長かったですが、もう、それぞれのやっていることに夢中で別に早く帰ってくる必要も無いな、という状況になりました。

私も次に自分が「熱中」できることを探したいのですが、なんだか最近はすっかり自分の心のコンディションが変化してしまって、色々と気合が入らない状況です。最近やってて楽しいのは、将棋と楽器演奏ですが…、なんというかこれまでずっと「将来のために」とやってきた事が成立しなくなっているのですっかり自分の居場所やモチベーションを再構築しないといけなくなってます。仕事も、家庭も。この日記もですかね。

Microsoft MVPももう申請済みなので、あと1回更新はできるんじゃないかと思ってますが、さらに更新することはもうないかなぁと今は思っています。MLを読んだり、Webinerに参加したりする気力が湧いてこない状況です、現状は。本もずっと書けてないですが、時間がちょとできても書く気力が無い状況でもあります。

ちょっと疲れてますね…。

さて、今後はどっちに向かって進んでいきましょうかねぇ…。

松戸市小中学校合唱・合奏発表会

今日は松戸市小中学校合唱・合奏発表会があり長女の演奏を聴きに行ってきました。以前に比べてずいぶんと音のピッチがあって、上手になってました。

もうこの発表会は41回目なんだそうです。歴史ありますね。参加者は何度も完全に入れ替わりながらも何十年も同じ取り組みが続くってのは凄いことですね。

長男も長女もそれなりにおとなしく聞いてられてよかったです。大きくなった。

スキーをしてきました

この3連休で、妻の実家からスキーに行って来ました。妻の実家は雪国なので周りにスキー場は沢山ありますが、これまでは子供が小さかったこともありスキーには行ってませんでしたが、そろそろ子供たちも大きくなってきたし家族全員で楽しめるのでは?ということでスキーに行ってみました。私と長女は2回目。長男と次女ははじめてのスキーです。

長女と長男は結構すぐにスキーに慣れてリフトに乗って楽しく滑ってました。一番下の娘はまだもうちょっとという感じでしたが、それでも妻と一緒にリフトにのって上から滑ってきて、楽しい!という感じはあったようです。

私はまだ全然うまく滑れなくて、膝が痛くなってしまうので、ちゃんとパラレルで滑れるようになりたいなぁと思いますが、まだちょっと色々と研究が必要な模様です。普通に子供たちの方が早くうまくなるんだろうなぁと思います。

久しぶりにきつい「締切」が無い状態になりました。

ずっと仕事忙しくて、「おきてる間は移動中でもなんでもとにかくずっと仕事」モードでしたが、やっとちょっと落ち着いて「締切があるから今すぐやらなきゃ」という状態ではなくなりました。

なんとか、この状態をキープ…したい!!です。

最近きがついたら「趣味は音楽です。エレキベース弾いてます」といえるくらいにはやってる気がしてきました。なにせ毎日さわってます。やっぱり何かを始めるまでの敷居を極限までさげるってのはものすごく重要ですね。ケースから取り出すだけでもだめです。「常時そこに出てる。ベースを手にとって、アンプのスイッチだけいれたらすぐに音が出る。」という状態にしてから朝出社前の5分、10分の時間であっても楽器に手が伸びるようになりました。

これ、仕事でもそうなんですよね。カバンからPCを取り出すだけでも、その動作がおっくうでなかなかはじめられないんです。

だから、「よし、明日は朝起きて仕事するぞ」っていうときにはもうPCを出しておくんです。コンセントに指しておくんです。デスクトップにももうやることを決めておいてそのアプリを起動しておくんです。そうすると、「すぐにはじめられる」からはじめられるんです。

で、ほんのちょこっとでもはじめてしまえば、やる気出てくるんですよね。やるきは行動をはじめて、あとからついてくるものなので。

だから、PCも常時起動しっぱなしですぐ使える状態にしておくのが理想なのですが、残念ながら私には自分用のそういう空間が家庭にも職場にも無いんですよね。これ、相当生産性の低下を招いてると思います。

一時期書籍を書いてた時には自宅にそういう空間をつくってあって、朝起きたらすぐに執筆に取り掛かれたのですが、そのときはやっぱり捗りました。でも、もろもろ家庭の事情でその環境は維持できなかったんですよね。一軒家にすんでるのに贅沢な話ですが、やっぱり家族5人だと部屋数がすくなかったなぁ、とはちょっと思ってます。

そこにいくと、スマートフォンってのは使い出すまでの敷居が鬼のように低いですよね。電話だから持ち歩く必然性もあるし。ジョブスはやはり凄いなと思います。

ぼよよん行進曲/単独無寄港世界一周

しばらく日記をかけておりませんでした。日記を書く余裕も無いのは良くないですね。

この1週間くらいはまた仕事の見通しが悪くなっていて、ちょっと事前の想定が崩れたり、一度終わったつもりだった仕事が手戻りしたりするとすごく心理的ストレスがかかるようになってしまってました。でも、その後、普通に処理できてたりもしてて、ちょっとしたことで無駄に大きく心理負荷がかかっちゃう状況でもあります。やっぱり仕事全体の見通しがついてないからだと思うんですよね。見通しを良くするための時間を取りたいところですが、はて、さて、難しいものです。

私は理屈っぽい人間で、さらに「話せばわかる」派でずっと来てましたが、ここにきて「正しいことだからってやりすぎちゃ駄目だろ」と自分以外の人に思うようなことがあり、さらに面倒で会話もする気にならない状況もでてきました。こうなってみて自分が過去に言われていたことの意味が、自分がその立場になってみてよく分かる、というのはありますね。何事も自分がその立場になってみないと本当には理解できない、というは昔から思っていることではありますが。こういうところのバランス感覚ってどこで養われるんだろうか。

最近「ぼよよん行進曲」をちょっと練習してまして。ママさんブラスバンドでちょっと遊びで(?)演奏している曲なのですね。実はベースラインすごく面白いんですよ。吹奏楽のアレンジだと随分おとなしくなっちゃってますが、それでも面白いですね。そして、オリジナルを久しぶりにちゃんと細かく聞いてて、改めて良い歌詞だなと感じました。どんなたいへんなことがおきたって、きみのあしのしたにはつよいバネがあってぼよよんと飛べるから、おしつぶされそうだって大丈夫。とびあがってみよう。って歌詞なんですけどね。わたしもぼよよんととびあがらないとですね。

今日、床屋さんに行って髪を切ってきまして、髪を切られている間にラジオから単独無寄港世界一周ヨットレースに出場した人の話が聞こえてきました。記憶が曖昧だけど、今ネットで検索したところによるとおそらく白石康次郎さん。たったひとりで何千時間もかけてヨットで世界一周しちゃうとかそんなものすごい話だから多分間違えないと思うんですが、そんな凄いことをする人だから、ラジオでちょっと声を聞いただけでもその「精神力」のようなものがバシバシ伝わってきました。ちょっと「感銘を受けた」といってもいいかもしれない。

完全に準備をしっかりとやったけど、マストが折れてレースを途中で棄権したと、あれだけしっかりやったんだから「あの時ああしておけば」というような後悔は1つもないと、心の奥底にはもちろんいまでも悔しくてのたうち回りたく成るような感情はあるけれども、ちゃんと良いところを見ていくんだと、人生いつでもつらいこと、苦しいことはあるけれども、いつまでも落ち込んでくよくよしているのは駄目だと、前を向けるんだから向けば良いんだと、あなたはそのままでいいから、良い面をみて前をむけるだろうと。そういうことを言ってました。うまれてからずっとそういう性格ですとも言っていて、やはり精神的マッチョは生まれつきだよなと思うのですが(笑。でも、見らなわなくちゃなとすごく思いました。いやぁ、本当にすごい人は凄い。精神が強い。私は一人っきりで何ヶ月も海の上にヨットで…とか、ちょっと想像しただけでも耐えられるとはとても思えないです。

セッション初体験、キッザニア

金曜日の夜は最寄駅の近くにあるよ、と幼稚園の父親仲間に教えてもらったthrobberに会社帰りに行ってみました。月に一回の「セッションforビギナーズ」というイベントの日でして、わたしもセッションに人生初参加してみました。

本当は、ちょっと様子をのぞいてみるくらいのつもりだったのですが、みてるとやっぱり演奏したくなるもんですね。これまで楽譜をみてその通りにしか演奏したことなかったし、予習(?)もしてなかったので、はじめは本気でどうしていいのかわからず…といった感じでしたが、おおよその取り決め(?)は理解できました。

わたしもそろそろエレキベースでも、自分の出したい音がだせるようになりつつあるところなのでちょうど良い感じもします。

ピアノでは音を視覚的に捉えて一つしか選択肢のない中で適当に即興でメロディーを作って遊んだりは小学生の頃によくやってましたが、ベースだとまだそのレベルまでも到達してないです。そろそろ小学生のときの自分のピアノレベルくらいまでは行きたいなと…。

土曜日は吹奏楽の練習をすこし。ぼよよん行進曲のベースラインがなにやら面白くて良い感じです。

日曜日は家族みんなでキッザニアへ。長女はあちこち待ち時間が少ないところを狙って6箇所くらいアクティビティを1人で回ってました。息子もあちこちを妻と一緒に。わたしは次女と一緒に3つだけ。ファッションモデルと、消防士と、時計台。

ファッションショーはとても緊張して、笑顔が引きつってましたが、どれも面白かったようで、帰って来てすぐに「また行きたい!」とのこと。

キッザニアは子供達にはとても良いところですよね。親は疲れますが、もう少ししたら自分たちだけで楽しめるようになるので、のんびりできるかなと。

とはいえ、わたしはPCを持っていって待ち時間に仕事してましたが。最近あちこちでFree Wifiがあっていいですね。

たまにはオフラインで頭の整理をする時間が必要ですね。

今日はもともとは13時~18時に客先でずっとミーティング漬けの予定だったのですが、直前に連絡をもらって15時~18時に変更になりました。

すでに移動済みだったので、近所のマックに入ってオフラインでGTDでいうところの週次レビューを行いました。OneNoteでタスク管理するようにしたのでオフラインで実施しました。

かかった時間は2時間ほどですが、随分頭がすっきりしました。話しかけてくる人もいないし、メールもチャットも入ってこないし。

この1週間はとても精神的、体力的、睡眠時間的に厳しい感じだったのですが、ちょっとほっとしました。

常にオンラインで、休日も関係なく、いつでも、どこでも仕事できちゃうし24時間インプット情報がガンガンある状況でそうとう疲れてるなというのを再認識しました。

週に1回くらいは、オフィスも家庭も離れて、どこかのお店あたりで、オフラインになってインプットを遮断してタスク整理をする、というのが習慣にできるようにちょっと動いてみようかなと思います。

RPGツクール。2人の彼女。伝える力。図書館。ブックカバー。OMSデモ。WebHook。

うーん。日記が書けてない。

  • 娘が自分のお小遣いで3DSのRPGツクールを買って、RPGを作って喜んでいる。良いことだ。
  • 息子(小2)にはすでに彼女がいるらしく、しかも1人ではなく2人いるとのこと。けしからん。1人にしなさいと叱っておきました。
  • 伝える力を講習の中でおすすめされたので、その場でKindle版を購入したのだけれども、読んでみたらすでに既読だった。。。。でも、せっかくなのでもう一度読みました。
  • 近所の図書館で「長女が好きなんじゃないか?」と思う本を借りてきた。思惑通り長女はガリガリ喜んで詠んでいる模様。最近腑抜けの私も「本をよむのもいいかもなぁ」と思ってとりあえず1冊、ライトノベルを詠んでみた。面白かったけど、自分の成長につながっているような気がしない…。
  • いつも本にはカバーをしないのが当たり前だったけれども、流石にこれはな、とおもって、ブックカバーを購入。
  • 土日にOMSのデモ環境を作成して、サーチアラートからのWebhookやAzure Automation(こちらも結局裏でWebHookが作成されている)周りを結構しっくりと理解できてよかった。が、デバッグがやりづらくて厳しい。postされてきたデータをそのまま使って、新しいコードで簡単に「再実行」できたらいいのに、と思う。
  • 明日はMCP試験でWindows10の試験をうけなきゃいけないので、ちょっと勉強した。2時間くらい。とりあえず明日はこれで行ってみよう…。
  • 眠たい。