スキーをしてきました

この3連休で、妻の実家からスキーに行って来ました。妻の実家は雪国なので周りにスキー場は沢山ありますが、これまでは子供が小さかったこともありスキーには行ってませんでしたが、そろそろ子供たちも大きくなってきたし家族全員で楽しめるのでは?ということでスキーに行ってみました。私と長女は2回目。長男と次女ははじめてのスキーです。

長女と長男は結構すぐにスキーに慣れてリフトに乗って楽しく滑ってました。一番下の娘はまだもうちょっとという感じでしたが、それでも妻と一緒にリフトにのって上から滑ってきて、楽しい!という感じはあったようです。

私はまだ全然うまく滑れなくて、膝が痛くなってしまうので、ちゃんとパラレルで滑れるようになりたいなぁと思いますが、まだちょっと色々と研究が必要な模様です。普通に子供たちの方が早くうまくなるんだろうなぁと思います。

久しぶりにきつい「締切」が無い状態になりました。

ずっと仕事忙しくて、「おきてる間は移動中でもなんでもとにかくずっと仕事」モードでしたが、やっとちょっと落ち着いて「締切があるから今すぐやらなきゃ」という状態ではなくなりました。

なんとか、この状態をキープ…したい!!です。

最近きがついたら「趣味は音楽です。エレキベース弾いてます」といえるくらいにはやってる気がしてきました。なにせ毎日さわってます。やっぱり何かを始めるまでの敷居を極限までさげるってのはものすごく重要ですね。ケースから取り出すだけでもだめです。「常時そこに出てる。ベースを手にとって、アンプのスイッチだけいれたらすぐに音が出る。」という状態にしてから朝出社前の5分、10分の時間であっても楽器に手が伸びるようになりました。

これ、仕事でもそうなんですよね。カバンからPCを取り出すだけでも、その動作がおっくうでなかなかはじめられないんです。

だから、「よし、明日は朝起きて仕事するぞ」っていうときにはもうPCを出しておくんです。コンセントに指しておくんです。デスクトップにももうやることを決めておいてそのアプリを起動しておくんです。そうすると、「すぐにはじめられる」からはじめられるんです。

で、ほんのちょこっとでもはじめてしまえば、やる気出てくるんですよね。やるきは行動をはじめて、あとからついてくるものなので。

だから、PCも常時起動しっぱなしですぐ使える状態にしておくのが理想なのですが、残念ながら私には自分用のそういう空間が家庭にも職場にも無いんですよね。これ、相当生産性の低下を招いてると思います。

一時期書籍を書いてた時には自宅にそういう空間をつくってあって、朝起きたらすぐに執筆に取り掛かれたのですが、そのときはやっぱり捗りました。でも、もろもろ家庭の事情でその環境は維持できなかったんですよね。一軒家にすんでるのに贅沢な話ですが、やっぱり家族5人だと部屋数がすくなかったなぁ、とはちょっと思ってます。

そこにいくと、スマートフォンってのは使い出すまでの敷居が鬼のように低いですよね。電話だから持ち歩く必然性もあるし。ジョブスはやはり凄いなと思います。

ぼよよん行進曲/単独無寄港世界一周

しばらく日記をかけておりませんでした。日記を書く余裕も無いのは良くないですね。

この1週間くらいはまた仕事の見通しが悪くなっていて、ちょっと事前の想定が崩れたり、一度終わったつもりだった仕事が手戻りしたりするとすごく心理的ストレスがかかるようになってしまってました。でも、その後、普通に処理できてたりもしてて、ちょっとしたことで無駄に大きく心理負荷がかかっちゃう状況でもあります。やっぱり仕事全体の見通しがついてないからだと思うんですよね。見通しを良くするための時間を取りたいところですが、はて、さて、難しいものです。

私は理屈っぽい人間で、さらに「話せばわかる」派でずっと来てましたが、ここにきて「正しいことだからってやりすぎちゃ駄目だろ」と自分以外の人に思うようなことがあり、さらに面倒で会話もする気にならない状況もでてきました。こうなってみて自分が過去に言われていたことの意味が、自分がその立場になってみてよく分かる、というのはありますね。何事も自分がその立場になってみないと本当には理解できない、というは昔から思っていることではありますが。こういうところのバランス感覚ってどこで養われるんだろうか。

最近「ぼよよん行進曲」をちょっと練習してまして。ママさんブラスバンドでちょっと遊びで(?)演奏している曲なのですね。実はベースラインすごく面白いんですよ。吹奏楽のアレンジだと随分おとなしくなっちゃってますが、それでも面白いですね。そして、オリジナルを久しぶりにちゃんと細かく聞いてて、改めて良い歌詞だなと感じました。どんなたいへんなことがおきたって、きみのあしのしたにはつよいバネがあってぼよよんと飛べるから、おしつぶされそうだって大丈夫。とびあがってみよう。って歌詞なんですけどね。わたしもぼよよんととびあがらないとですね。

今日、床屋さんに行って髪を切ってきまして、髪を切られている間にラジオから単独無寄港世界一周ヨットレースに出場した人の話が聞こえてきました。記憶が曖昧だけど、今ネットで検索したところによるとおそらく白石康次郎さん。たったひとりで何千時間もかけてヨットで世界一周しちゃうとかそんなものすごい話だから多分間違えないと思うんですが、そんな凄いことをする人だから、ラジオでちょっと声を聞いただけでもその「精神力」のようなものがバシバシ伝わってきました。ちょっと「感銘を受けた」といってもいいかもしれない。

完全に準備をしっかりとやったけど、マストが折れてレースを途中で棄権したと、あれだけしっかりやったんだから「あの時ああしておけば」というような後悔は1つもないと、心の奥底にはもちろんいまでも悔しくてのたうち回りたく成るような感情はあるけれども、ちゃんと良いところを見ていくんだと、人生いつでもつらいこと、苦しいことはあるけれども、いつまでも落ち込んでくよくよしているのは駄目だと、前を向けるんだから向けば良いんだと、あなたはそのままでいいから、良い面をみて前をむけるだろうと。そういうことを言ってました。うまれてからずっとそういう性格ですとも言っていて、やはり精神的マッチョは生まれつきだよなと思うのですが(笑。でも、見らなわなくちゃなとすごく思いました。いやぁ、本当にすごい人は凄い。精神が強い。私は一人っきりで何ヶ月も海の上にヨットで…とか、ちょっと想像しただけでも耐えられるとはとても思えないです。

セッション初体験、キッザニア

金曜日の夜は最寄駅の近くにあるよ、と幼稚園の父親仲間に教えてもらったthrobberに会社帰りに行ってみました。月に一回の「セッションforビギナーズ」というイベントの日でして、わたしもセッションに人生初参加してみました。

本当は、ちょっと様子をのぞいてみるくらいのつもりだったのですが、みてるとやっぱり演奏したくなるもんですね。これまで楽譜をみてその通りにしか演奏したことなかったし、予習(?)もしてなかったので、はじめは本気でどうしていいのかわからず…といった感じでしたが、おおよその取り決め(?)は理解できました。

わたしもそろそろエレキベースでも、自分の出したい音がだせるようになりつつあるところなのでちょうど良い感じもします。

ピアノでは音を視覚的に捉えて一つしか選択肢のない中で適当に即興でメロディーを作って遊んだりは小学生の頃によくやってましたが、ベースだとまだそのレベルまでも到達してないです。そろそろ小学生のときの自分のピアノレベルくらいまでは行きたいなと…。

土曜日は吹奏楽の練習をすこし。ぼよよん行進曲のベースラインがなにやら面白くて良い感じです。

日曜日は家族みんなでキッザニアへ。長女はあちこち待ち時間が少ないところを狙って6箇所くらいアクティビティを1人で回ってました。息子もあちこちを妻と一緒に。わたしは次女と一緒に3つだけ。ファッションモデルと、消防士と、時計台。

ファッションショーはとても緊張して、笑顔が引きつってましたが、どれも面白かったようで、帰って来てすぐに「また行きたい!」とのこと。

キッザニアは子供達にはとても良いところですよね。親は疲れますが、もう少ししたら自分たちだけで楽しめるようになるので、のんびりできるかなと。

とはいえ、わたしはPCを持っていって待ち時間に仕事してましたが。最近あちこちでFree Wifiがあっていいですね。

たまにはオフラインで頭の整理をする時間が必要ですね。

今日はもともとは13時~18時に客先でずっとミーティング漬けの予定だったのですが、直前に連絡をもらって15時~18時に変更になりました。

すでに移動済みだったので、近所のマックに入ってオフラインでGTDでいうところの週次レビューを行いました。OneNoteでタスク管理するようにしたのでオフラインで実施しました。

かかった時間は2時間ほどですが、随分頭がすっきりしました。話しかけてくる人もいないし、メールもチャットも入ってこないし。

この1週間はとても精神的、体力的、睡眠時間的に厳しい感じだったのですが、ちょっとほっとしました。

常にオンラインで、休日も関係なく、いつでも、どこでも仕事できちゃうし24時間インプット情報がガンガンある状況でそうとう疲れてるなというのを再認識しました。

週に1回くらいは、オフィスも家庭も離れて、どこかのお店あたりで、オフラインになってインプットを遮断してタスク整理をする、というのが習慣にできるようにちょっと動いてみようかなと思います。

RPGツクール。2人の彼女。伝える力。図書館。ブックカバー。OMSデモ。WebHook。

うーん。日記が書けてない。

  • 娘が自分のお小遣いで3DSのRPGツクールを買って、RPGを作って喜んでいる。良いことだ。
  • 息子(小2)にはすでに彼女がいるらしく、しかも1人ではなく2人いるとのこと。けしからん。1人にしなさいと叱っておきました。
  • 伝える力を講習の中でおすすめされたので、その場でKindle版を購入したのだけれども、読んでみたらすでに既読だった。。。。でも、せっかくなのでもう一度読みました。
  • 近所の図書館で「長女が好きなんじゃないか?」と思う本を借りてきた。思惑通り長女はガリガリ喜んで詠んでいる模様。最近腑抜けの私も「本をよむのもいいかもなぁ」と思ってとりあえず1冊、ライトノベルを詠んでみた。面白かったけど、自分の成長につながっているような気がしない…。
  • いつも本にはカバーをしないのが当たり前だったけれども、流石にこれはな、とおもって、ブックカバーを購入。
  • 土日にOMSのデモ環境を作成して、サーチアラートからのWebhookやAzure Automation(こちらも結局裏でWebHookが作成されている)周りを結構しっくりと理解できてよかった。が、デバッグがやりづらくて厳しい。postされてきたデータをそのまま使って、新しいコードで簡単に「再実行」できたらいいのに、と思う。
  • 明日はMCP試験でWindows10の試験をうけなきゃいけないので、ちょっと勉強した。2時間くらい。とりあえず明日はこれで行ってみよう…。
  • 眠たい。

金曜日の夜新幹線にて

金曜日の夜、東京方面へ帰る新幹線の中で日記を書いています。

何か大きな事があった時には、心乱れてしばらく落ち着くまで時間がかかるものだと思います。それは良い事であっても、悪い事であっても、避けられたことであっても、避けられないことであっても。昔からずっとある人類にとって普遍的なイベントに関しては、きちんと昔からある「やりかた」があって、それに従う事もできる。こういうものが文化なんだなぁと改めて思います。

仕事はやっと、1日に入ってくるものを、1日以下で処理できるようになって、少しづつ「やらなくちゃいけないこと」に時間を割く事ができるようになってきました。

個人としてやりたい事だけど、時間に余裕がなくて封印していたことも少しづつできるようになってきました。自分の趣味の時間も少しはとれるようになってきた感じです。

今週くらいの感じでずっと仕事ができると色々と楽なんだけどなぁと思うところです。

演奏会に家族全員で参加

先週末は2日間どっぷりと音楽会の準備と本番とで過ごしました。

思えば長女が赤ちゃんの時には赤ちゃんを連れて演奏を聴きに行ける機会があまりなく、隔離された場所でスピーカー越しに演奏を聴いた思い出があります。今の楽団は赤ちゃんが泣いててもまったく問題ない感じで演奏会をしているのでそれはとても、とてもよいことだよなと思います。

そして、今回は家族5人全員が演奏しました。感慨深いものがあります。

日記を見返してみると、嫁さんが今の楽団に参加したのは2013年の4月ごろの模様。

その頃は長女が小学校2年生、息子が幼稚園の年中、次女が1歳でした。まだまだ「赤ちゃん」がいる中で、嫁さんのみが参加し、私も練習場所に行って、自分の子供に加えて他の子供たちとも一緒に遊んでました。子供たちがすごく小さくて、いつもスリングに入れてた気がします。

それから4年たって、長女はもう大人と一緒にしっかりと演奏しているし、息子も次女もステージにたって演奏するようになりました。4年もあると、新しくお子さんを出産する人もいますし、子供たちもどんどん大きくなります。楽団の参加者も随分増えました。

家族全員で音楽を演奏するようになれたらいいなと思っていましたが、また1つ夢が叶いました。ありがたいことです。

こういう場をずっと維持するのはとても大変なことだと思います。人には言えない苦労も沢山あるだろうと思います。とてもありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

泣いてる小学生

昨日は朝の出社時に、家のすぐ近くで小学生が泣いていて、慰めてあげていて少し遅刻気味になりました。全然知らない子だったのですが。結局朝の登校を見守ってくれているボランティアの方や先生にお任せしてきたのですが、大丈夫だったか少し心配です。

仕事は相変わらず沢山ありますが、少しは改善の兆しありです。大量に仕事が降ってくるのはもうちょっと先なので、それまでにどこまで持ち直せるか。

そして仕事で遅くなって家に帰ったらすでに子供達は寝静まった後でした。
夜の子供達との触れ合いがないと1日の中で自分が「ふざける」時間がなくてとても味気ないですね。もっとも、子供達がなかなか寝ないと仕事に取りかかれなくて、それはそれで参ってしまうのですが。

tdiaryは明確に日記なので何日の日記、という概念で記述できたのですが、Wordpressは完全にブログなので日付の概念が投稿日になるので、昨日とか今日とか表現難しいところがありますね。あとタイトルほぼ必須なのが…。

発熱

昨日は妖怪ウォッチの映画を下2人を連れて行ってきましたが、私は途中で寝てしまいました。声優さんってやっぱりすごいですね。

一緒に映画も見に行って元気だった下の娘が夜中寝ている間に発熱。今日は寝込みモードとなりました。

わたしもちょっと頭がいたいので、隣で寝てようとおもいます。