最近は書籍の執筆をぼちぼちやりながら、プログラミングがしたくてゲームプログラミングをかなり久しぶりにやってます。私のプログラミングの入り口はゲームプログラミングなので原点回帰的な感じではあります。

で、どのプラットフォームで、どのライブラリを使ってやろうかなと考えながら色々と見て回ってました。

Pyxelあたりが簡単にレトロゲームが作れていい感じそうに思いました。あえての制約も多いので完成までの道のりも短かそうですし。

ですが、作ったものの公開方法として簡単にiOSでも遊べるくらいじゃないと子供達にもやらせにくいなという点が心理的ボトルネックに。

以前みたいにまた生のHTML+JavaScriptで書いたりenchant.jsでもいいなとか、色々とライブラリを見て回ったのですがあまりピンとくるものがなく。

1番モダンでリッチなものとしてはUnityだと思うのですが、それはちょっと開発環境が重すぎたりUnity自体を覚えるという要素が強すぎてあまり気軽に手を出す感じでもない……と思っていました。ですがせっかく最近は時間と気力があるのでちょっとUnityの環境をインストールして、Webで適当に見つけた2Dゲームのチュートリアルで手を動かしてみているのですが、圧倒的な「仕組みあります」感にビビってます。生産性の高さがやばいですね。そりゃシェア高いはずだと実感しちゃいました。

というわけで、Unityでちょっとゲームを作ってみようと思います。

一方息子はプロゼミをつかってドラクエっぽいゲームを作ってました。自然とオブジェクト指向になれたようですし、すでにシーンの切り替えも理解したそうです。画像素材はgoogle画像検索であれこれとってきて普通に利用しており…、当たり前に自分のやりたいことを実現できる雰囲気になってました。環境が良いからってのもあると思いますが、結構センスあるなぁと自分の子供ながら感心してます。


I wrote a diary in Japanese first. I thought to translate it into English later but It is very difficult for me because of my poor English skill.

It is easy to quit writing diaries in English but I don’t want to do it. I want to get used to writing in English more.

Then, I decided to write different things in Japanese and English today. English is difficult…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

といってももう2019年も3日ですが。私は12月21日が仕事納めで仕事はじめも1月7日にしたのでなんと16連休です。社会人になってからこんなに連続で休むのは初めてだと思います。学生のときも中学校以上は部活があったりサークルがあったりバイトしてたりと色々あったので実質的には多分小学生以来の長期休暇な気がします。のんびり。リフレッシュ中です。

2018年は色々と変化のあった年でした。長女は中学生に、次女は小学生になりすっかり生活のリズムが変化しました。仕事での自分のポジションも変更になり、部下が0人にもなりました。長女ができてからずいぶんと自分の生き方を家庭にシフトしていたのですが、それももうすっかりおしまい、一区切りという形で次の状態にシフトしています。

2018年の目標的なものはたぶん日記には書かなかった(気がする)のですが、個人的には作成していて、仕事の面では外部露出を多くする方針でした。結果登壇も二桁回やりましたし、コミュニティイベントでも喋れましたし、社外の人との絡みも随分増やせたので良かったと思います。

音楽面では電子ドラムを購入してドラムもちょっとはたたけるようになって、セッションデビューもしましたのでそのあたりは予定通りです。ドラムもやってみて改めて「ベースをもっときちんとやりたい」と思ったのも収穫でした。毎朝の練習は相変わらず継続しており結構自分なりに納得できる品質のようなものは一段レベルが上がった気がしています。自分の演奏に納得しているわけではまったく無いですが。というか、自分のリズム感のなさには結構今更ながらガッカリしてます。もっと鍛えたい。

予定ではもっと自分の演奏動画を公開する予定でしたが、自宅のADSL回線(!)の速度が遅すぎて撮ったものがいつまでたっても公開できず…という状況になってしまいました。エラーになってしまうのです。そんなこんなもあって回線は光回線をこの間申し込んで、1月下旬には開通予定なのでその後はもうちょっと公開動画が多くなる予定です。

継続しているし、動画も撮ってるけど…というのは将棋も同じでして。毎日将棋ウォーズ3局は続けてます。楽しいです。が、いつまでたっても2級のままです。それでも、相手の指す手も少しづつ見えてきたのでもうちょっと真面目にきちんと元気なときにお酒を飲まずにじっくりときちんと考えて取り組めば1級にはなれそうな気がしてきました。もう少し定跡を勉強すれば初段も見えてくるかな?という気もしていますが…これはでもやっぱりまだまだ時間かかるだろうと思います。

そういえば、2018年には2曲オリジナル曲を曲がりなりにも作成できたので良かったです。これまで中学生くらいから作曲をたまーーーにしてるけれども、5年に1曲くらいしか完成していなかったのが、3ヶ月で2曲くらい一応つくれたのは個人的には画期的でした。本を書き終えたらまた作曲したいな。

うーん。ダラダラと書いてしまいましたが、継続するものは継続しつつ、2019年には何をしたいかというと…。

  • 本を1冊書きます。
    • もう何年も書く書く詐欺になってますが、今の状況なら毎日1,2時間は執筆時間が取れるので早朝の時間を使って書きたいと思います。
    • もう目次も決めたしあとは時間をとって書き続ければ完成可能なめどはたっているので…、できるはず…!できた実績あるし。
    • 書いても出版できないかもしれませんが、その場合Kindleでセルフパブリッシングします。
    • 1,2,3月くらいで集中的にやる予定。
  • 作曲します。
    • 本を書き終わったら作曲したいと思います。
  • 将棋は毎日指して1級になります。
    • 毎日将棋ウォーズ3局は続けます。
    • 少しは詰将棋もやります。3手詰めくらいはさっと解けるようになりたい。
  • ベースは毎日練習を継続します。
    • バンド仲間で4月に演奏する機会があるのでそれをこなします。
    • 2019年の後半にもどこかで演奏する機会を設けてやりたい。
    • 月イチのThrobberのセッションforビギナーズには引き続き参加しつつ、長女にもセッション参加してもらう予定。
  • 父親を海外旅行に連れて行きます。
    • 父親がまだ海外に行ったことが無いので連れていきたいと思います。
    • すでに6月にカナダ旅行を予約済みなので多分普通に実現できる…はず。
  • Microsoft MVP継続
    • もう5年継続していて、継続するのが当たり前的な感じになってますが、そういえば一旦継続を断念した時がありました。時間がもう全然取れなくて。
    • でも、仕事の状況が変わったのでまた継続できるようになったと思います。
    • Global Summitにも参加しますし、Microsoft MVPも継続します。
  • 英語で日記を書く
    • 英語は結構「このくらいできていればまぁ現状ではよかろう」というところまでは力がついたなと感じています。
    • つまり、「今日からコミュニケーションは全部英語」と言われても、なんとかやっていけるだろうと思えるくらいにはなっています。いや、全然英語力としては不十分でしょうけれども心理的な面では大丈夫。
    • 仕事でもすでに某プロダクト周りでは日本人同士のやり取りも英語にしてますし、それが結構当たり前にできているので。
    • で、もうちょっと英語のOutput力をつけるために日記を英語で書こうかなと思います。

というわけで、2019年最初のこの日記は日本語で書きましたが、このあとこの日記は突然英語でずっとかかれることになる…予定です。続くかどうかはよくわかりませんが…。ゆる~く行きたいと思います。

そういえばリフレッシュしていませんでした

会社に「リフレッシュ休暇」というものが年5日あります。多くの人はこれを夏に消化して夏休みを取ります。使わないと12月末でなくなります。

で、私は今年リフレッシュ休暇をまだ消化しておらず、なくなるのももったいないのでということで25~28日はリフレッシュ休暇を取得します。

つまり、今年の仕事納めは明日です。

一足先に休みに入ってなにをするかというと、この年末年始の時間を使って結構本気であわよくば本を出せるくらいの分量の文章を書いてしまおうと計画しています。いかに子どもたちに邪魔されないかというトピックはありますが、子どもたちもずいぶん大きくなったし、夜早く寝て、朝早起きすれば行けるかなと。

緊急じゃないけど重要なこととしてここ数年なしとげられていなかった本の執筆もそろそろ機が熟した気がしております。書きたいことも結構溜まってきたのでこのあたりで出力しようかなと。

なんだかちょっと悔しいのですがそろそろ復活したいと思います。

物語もかなり消化したし、仕事も落ち着いたし、年末だし、音楽は楽しいし、自己啓発本まで読み出してしまったので、そろそろ復活しようかと思います。

超久しぶりに少しだけ料理をする / BOSS Loop Station RC-3いい感じ

この土日は妻が体調不良で寝込んでいたこともあり、超久しぶりに少しだけ料理をしました。料理をするのは好きなのですが諸事情により料理をずっとあえてしていませんでしたが、久しぶりにやってみたらずいぶん楽しかったです。

もうそろそろ今年もおしまいですね。現在ちょっと人生を見直してます。どっち方面に頑張るべきか、結構また悩ましい次期になってきました。

話は全く変わりますが、先日購入したBOSS Loop Station RC-3が大変よい感じです。もっとずっと早く購入しておくべきでした。自分の演奏を客観的に聞けることも良いですし、一人でジャムれますし。ベースもギターもドラムもつなげて録音してループさせて大変楽しいです。

最近は私がベースを演奏していると子どもたちがやってきて一緒にドラムを立ていてくれます。次女も最初は全然まともに叩けませんでしたが、最近ずいぶんなれてきたようでリズムばっちりに合わせて叩いてくれるのでとても良いです。あとは、息子がギターに目覚めてくれるといいのですが…。でもそれはまだちょっと期待できそうには無いですが。

登壇イベント続きが一段落

ここの所かなりの頻度で登壇イベントが続き、頭痛くなってちょっとダウンしたりなどもありましたが、一番忙しい次期はなんとか乗り切った感があります。ちょっと一休みして…、またぼちぼち頑張りたいと思います。

仕事の方面での頑張りはまぁ継続するとして、最近また作曲が楽しく、死ぬほどセンスのない曲でも一応昔と違って一応「できたことにする」ところまで行けるようになったので駄作を今のうちに量産したいと考えています。あと演奏も楽しむ。

子どもたちもそれなりに大きくなりましたし、両親もまだ元気だし、仕事の自由度も高く裁量もあるし、多分今は人生の中でもかなり自由度が高い時期だと思うのです。

昔からずっと将来大人になったときに食べていくのに困らないように、家族をきちんと養っていけるように、お金を稼げる力をつけられるように…ということで結構ストイックにやってきた気が今となってはするのですが、今がその「大人」の次期ですね。

私は幸いにも小学校高学年から中学校くらいに、きちんと将来したいことを定めてそのためにいまから努力しろ、ということを何度も何度も何度も言ってくれる人がいたので結局中学生くらいのときからコンピューター系のことにずっと取り組んでます。結局もう25年くらいはずっとやってますし、大学でもきちんと情報科学を基礎から学びましたし、はっきり言って、「よくわからないけどこの分野に入っちゃいました的な人」(※残念ながら結構いる)とは全然違うレベルで仕事できてると思ってます。長い時間の積み重ねはたしかに自分のちからになったと感じています。

今は、長女がその時期だからそれを長女にも伝えたいなと思っています。なかなか難しいのですけれどもね。

価値観の転換

最近イベントや登壇続きで大変でしたが、少しは息ができるようになってきました。(勘違いの可能性は結構あります)

私はストレスが溜まるとお菓子を食べすぎてしまう心が弱い人間です。たとえばなにかあって1週間分と思ってそれなりの量を買って帰ったりするとと一晩でそれを苦しくなっても無くなるまで食べ続けてしまいます。人間ってチョコレートを食べ過ぎると超気持ち悪くなって吐くんですよ。知ってました?怖いですね。私、お酒飲んで吐いたのって多分大学生のときの一度しかないのですが、チョコレート食べすぎて吐いたことは5回くらいあります。

で、最近はストレスがずっとかかり続けてて結構食べちゃってまして、かなり太ってきました。しかも、家にあるものを食べると妻に怒られるので(十分にストックある中でなんで食べたら怒られるのかよく理解できてません。)、Amazon定期便で大量に毎月お菓子が届くようにセットしました。これでもう成人病まで一直線な気がします。あるいは大量にありすぎれば食べなくても心理的に満足できるようになるのか?実験です。

 

そして、ここには詳しくかけませんが人生レベルでの価値観の転換となる出来事がありました。何日前か忘れましたが。いい方向に転ぶのか悪い方向に転ぶのかまだ良くわかりませんが、良い方向に向かうと良いなと思っています。

 

そういえば良いこととして、父の癌の腫瘍マーカーの値が上がり再発が疑われたのですが、どうやら再発ではなかったらしいということがありました。これは1ヶ月半くらいの出来事だった気がします。父の癌のことはこれまで日記にも書かないようにしていたのですが、手術からもう2年程度たっており、そろそろ書いてもいいかなとおもって書き残しておきます。

近状

皆さんこんばんは。胡田です。

いや、ここのところクソ忙しいです。ちょっとやばいくらいの感じがあります。ちょっと前までは会社で組織も変わりずいぶん余裕がある!と喜んでいたはずなのですが。

それでも、自分のやりたいことや目指したいところに向けての頑張りなので不快な感じではないです。なんとかここを乗り越えてまた一皮むけたいところです。

最近のこと。

  • 動物園に行ったのがすごく面白かったです。子供と一緒のお出かけ楽しい。もっと行きたい。動物が檻の中に閉じ込められているのは可愛そうだけれども、それでもすごく癒やされました。
  • 次女の学校への不安はちょっと和らいできた感じです。休日の場所が小学校のイベントに参加したら次女の担任の先生がいて、次女のことを気にして私に話しかけてくれて、「ああ、気にしてくれてるんだな、ありがたいな」と思いました。ずいぶん復活してきたし大丈夫だろうと思います。
  • 長女の毎週火曜日のピアノへの送り迎えをしてあげていてほんの片道車で10分くらいの道のりなのですが、ほんの少しでも2人きりで人生のことについて語る時間が貴重です。きちんと私の思いが届くといいなぁと思います。
  • 長男は相変わらずフニャフニャしてるのですが、きちんと自分の好きなこと、得意なことを見つけてくれたらいいなとずっと思ってますが、相変わらずゲーム好きなようです。ゲームの大会的なものに応募したけれども抽選に漏れて出られなくて残念でした。なにかあれば出させてあげたいんだけれども。
  • 仕事で日本人通しのやり取りなのに裏で見ている人が使う言語が英語だからと英語でやり取りをする必要があるケースが多々あります。私は英語の練習にもなってすごく嬉しいですし、ずいぶんなれたのでひどい英語では有るけれども時間をかけすぎてしまうということもなくなりました。が、もう日本語だけでは仕事成り立たないなぁと本当に思うところです。子どもたちにはいつも口酸っぱく言ってはいるのですが。
  • 最近毎朝電子ドラムを叩いてますが、電子ドラムを叩いているとベースを練習する時間がなく、逆もまたしかりで、もうちょっとどうにかしたいなと思ってます。
  • ジャズは楽しいのでもちろん継続するのですが、またバンドを組んでどこかのライブハウスで演奏したりしたくなってきてしまいました。こんなに忙しいのに。だれか一緒にやってくれる人いるかな…。

ここ最近

ここ最近のことを記録しておきます。

  • まとめて読みたいシリーズがあったのでKindleUnlimitedを契約開始。ちゃんと読めるかは未知数。
  • 次女はずいぶん安定してきた模様。
  • 仕事の諸々の締切が迫ってきていてちょっと嫌な気分。
  • 諸々進めたくもあり、やりたいこともあり、毎晩子どもたちを寝かしたあとにまた深夜2時3時まで仕事をするのが毎日普通になってきてしまった。11月まではこの生活でもいいかなと思い始めている。ただし朝が辛い。
  • 今までだったらなし崩し的に引き受けていた仕事でも断るようになってきた。
  • 自分が得意じゃない、技術的でもない契約周りの話が難しい。
  • 新しいベースアンプの調子はかなり良い。前のアンプに比べて低音のパワーがやけにあって良い。低音と高音のパワーの差が逆に目立つけれども。どこかでフルパワーで音を鳴らしてみたい…。
  • ドラムを叩くのが楽しい。
  • 作曲したい。
  • バンドやりたい。オリジナルの曲で。
  • 将棋がいつまでたっても上達しない。
  • もうWindows Server 2019のイメージが再公開されてくれないと1週間後のイベントのデモ間に合わない…。

Ignite2018に現地参加してきました

オーランドにてMicrosoft Ingite2018に5泊7日で参加してきました。いくつか感想など。

情報収集効率の観点だとやはり日本で作業したほうがはるかに捗る

まぁ、これは当たり前だしだからこそ今まで現地参加していなかったわけではあるのですが。単に情報収集という観点だと、Keynoteはライブストリーミングされるし、セッションもほぼ動画公開されるし、現地にわざわざ行かなくても情報は得られます。さらに、ブログ等で公開される情報も多いです。現地に行くまでの移動だけでも丸2日近く潰れてしまいますし、現地会場はものすごく広いので現地会場内での移動にも時間がかかっちゃいます。ネット環境もモニタ環境も現地の方が貧弱だし。そういう意味で単にイベントに参加してセッションを黙って聞いているだけなら行かないほうがはるかにいいです。費用も高いですしね。

現地の雰囲気を感じて、周りの人と触れ合うのは大変刺激になる

やっぱり現地に行って良いのは現場の雰囲気を感じて、周りの人と会話して…というところでした。Keynote会場に集まっている人の多さとMicrosoft関連ビジネス、技術の盛り上がりはやっぱり相当だなと実感しました。毎晩何かしらの特別なReceptionに参加して普段直接会話できない人たちとの会話を楽しみながら情報交換できたのも良かったです。

サイドミーティング

個人的に今回一番良かったのは、いくつかのサイドミーティングに呼ばれたり、実際に参加したりできたことです。そもそもそういうものが開催されているということ自体よくわかっていなかったのですが、まぁ、よく考えたらそうですよね。個人的にもよく認識しているExectiveの方とも直接意見交換できたのは特に良かったです。伝えたいことは伝えられました。回答は予想通りではありましたが、伝えた問題のいくつかにはすでに認識して取り組んでいるということだったので、それも良い情報でした。

日本のSIer事情

改めて、本当に日本以外では日本のSystem Integratorのような形態が少ないのか個人的な興味として会話するチャンスが会った人にあちこちで話しかけてみたのですが、やっぱりエンドユーザー企業に技術者がきちんといて、その技術者としてイベントに参加しているという人しか見つけられませんでした。逆に「日本では顧客が自分たちでシステムを構築しないでSystem Integartorがシステム構築するってのは本当なのか?」とも聞かれました。

そして、エンドユーザー企業の技術担当者が「これからはサーバーレスだ!」って熱弁してて、ああ、やっぱり本当にこういう状況なんだなと再認識しました。

下から(基盤から)ではなく、上から(アプリケーション、ビジネス)から考えられるようにしていかなくては行けないなと改めて思うのでした。難しいところですが。

英語の大切さ

改めてですが、海外の技術カンファレンスですので、英語の大切さを身にしみて感じました。私も昔と比較したら相当に英語が上達して、まがりなりにもいろんな人と普通にコミュニケーションすることができました。入社後初めての海外カンファレンスではほとんどなにもわからなくて、参加した意味がほぼ無いような状況でしたが、その時の自分からしたら「羨ましい」と思うくらいの状況にはなったと思います。

でも、やっぱり、技術セッションを聞いたり、技術的なことを質問したりするのは良くても、ビジネス的なミーティングできちんと最初のアイスブレイク的なところから含めて、自分の言いたいことをきちんと伝えるのはとてもとても難しいです。今回は大事なミーティングでは資料をつくって望んだので資料も含めて意図は伝わっていると思いますが、細かいニュアンスでやはり伝わりきれていないだろうなと思うところもあり。

でも、またいい刺激になったので、英語勉強も再度気持ちをあらたに頑張ろうと思います。