電子ドラムの組み立てに苦戦

昨日YAMAHA DYX532Kが届いたので早速組み立て…たのですが、ものすごい量のパーツの数で、組み立てにはかなりの苦戦を強いられました。説明書もよくわからないし…。

私は元々物理的な作業が苦手というのはあるのですが、楽観的に想像していたものの3倍くらいの分量と5倍くらいの大変さでした。

あんまり大変なので途中で説明書を読むのをやめてYouTubeで組み立て解説動画を探したのですが、きちんと公式のものがありわかりやすくて助かりました。やっぱり文字だけの説明よりも映像での説明の方がこういうのはわかりやすいですね。

寝室にロフトベッドを置いてその下に電子ドラムを置くことにしたこともあり、作業は夜に開梱、朝に組み立てとなり、結局開梱とゴミ掃除だけで2時間、組み立てに1時間半くらいかかりました。

作業は次女がずっと付き合ってくれてなかなか助かりました。

一応組み立て終わったので、毎日のスケジュールのどこか(多分朝の出社前)にドラム練習も組み込みたいと思います。

曜日によって練習する楽器を変える感じで考え中。

Smoke Gets In your Eyesと自転車練習

これから毎週末に1曲くらいはベース、ドラム、ギター、ピアノなどで課題曲を決めて半日くらいで練習〜撮影〜編集〜動画公開を継続的にしてみようと計画中です。週末に予定があってできない時もあろうかと思いますが。

うまくやろうと思うといつまでたっても納得できなくて終わらないので、強制的におしまいにしつつ、本当に納得いかなければ後日同じ曲で再挑戦するということで。

数年後に振り返ると「あの時はこんなに下手だったね」と、腕前の向上が可視化されるという希望的想定ですが、さて、そんなにうまくいきますかどうか。

で、先週末はSmoke Gets In your Eyesを撮影してみました。練習は合計2時間くらいかな?

撮影当初はもっとかなり色々とアレンジしてバリエーション豊かにやってるのですが、うまくいかず段々と無難で繰り返しの多い演奏になってしまいました…。

そして、やっぱりリズムがよれよれなんですよね。うーん。演奏している時には気がつかないのですが、あとで客観的に聞くとずれすぎてて愕然とします。リズムをもっと鍛えたいです。

来週には電子ドラムが届くので、電子ドラムを頑張るとリズム感が良くなるのではと考え中ですが、さてうまくいきますかどうか。

今回の撮影は動画をiphoneで撮りながらベースの音はPCでライン入力で録音し、CD音源とMixしてみました。私の演奏がよれよれなので映像と演奏の音と、CD音源との本当の正しい一致タイミングがよくわからないというひどい状況になって編集のタイミング合わせにかなり時間がかかってしまいました。。。

次回以降は冒頭のメトロロームの音に合わせてスラップを入れておくなど音的にも映像的にもわかりやすい目印を入れておこうと思いました。みんなどうやってるんだろう…。

その他週末は下の2人をつれて近所のユーカリ交通公園まで遊びに行ってました。お金もかからず自転車、ゴーカート、コインを入れて動かす乗り物などが乗り放題、遊び放題のコスパ無限大の素敵な公園です。

次女がそろそろ少しは自転車に乗れるようになってきたのでその練習に…と思ったのですが結局公園までの移動は補助輪なしの自転車で、公園ではゴーカートや補助付きの自転車に乗るという逆転現象となりました。

外の移動はまだ1人では無理なのでわたしは軽くランニングで移動しながら危ないところでは次女をつかむという感じでして、主に私の運動になりました。大変疲れました。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。2018年になりましたね。

年越しは鹿嶋の実家で過ごしました。両親に子供たちとの時間をプレゼントできるのは大変うれしく思います。当たり前ですが、両親も歳を取ったなと感じることも多くなりまして、そろそろ実家で…というよりは何か違う方法にしたいなとも思ってきました。数ヶ月前に思いつき程度ではもう間に合わない感じなので今度はもっと早めに動こうと思います。

そして、実は、まだ年賀状も出しておりません。そろそろ年賀状という習慣自体をおしまいにしようか、という気持ちもあります。が、きちんと伝えてもいない中頂いた皆さんすいません。ありがとうございます。

なんとなく習慣で続けていることにもそろそろ答えを出さなくてはいけないな、と思うところもありながら過ごしております。

今年はクオリティには目をつぶってもいいから、より多く「成果物」を多く出していきたいと考えています。仕事も、プライベートも。そしてやりたいことは我慢しないでやりつつ。

とりあえず今からコンビニに年賀状を買いに行きます。

2017年も、もうおしまいですね。

2017年ももうおしまいですね。

今年はどんな年だったかなぁと思い起こすと…。

1番印象深かったのは音楽に関する事でしょうか。ママさんブラスバンド、おやじバンド、Jazzセッション挑戦など音楽活動の幅も広がり改めて楽しくなりました。昔から作曲などは少しだけやっていましたが、あらためて音楽理論をちょっと学んだり、アドリブに挑戦したりなど新しい領域に挑戦でき、それに楽しみを感じられるようになったのが良かったです。

将棋も最近…と書こうと思ったのですが今、過去の日記を見返したら、2015年11月くらいから結構やってるようなので、もう2年くらいになりますね。いまだにアマチュア2級ですが…。これも毎日続けています。が、まだ将棋の本をきちんと読んだり、詰将棋をしっかり考えたり…ということには取り組む気になれないのですが。

仕事は相変わらず忙しいのですが、なんとかペースを掴みかけている気はします。もう一歩自分の立ち位置を明確にする必要がある時期に来ているのは感じてはいます。

それにしても、なんにしても、すっかり子供たちが大きくなって自分の時間が少しは持てるようになったのが大きいです。平日の朝も、夜も土日もずっと乳幼児を抱えていて、自分の時間なんて1つも持てない…というように感じていた時期が10年くらいありましたが、そういう時期はすっかり終わりました。だから自分のやりたいこと、やっておきたいこと、やらなくちゃいけないことをしっかり……できていて良いはずなのですが、それがあまりできていないのがなんだかなという感じです。

1番自分がしたいことややらなくちゃいけないと思っていることができないことが続くと、やる気が削がれてしまって、それをやりたいと感じられなくなっちゃうものですね。

そんなこともあって、「本当はやりたいんだけど」「いつかやろうとおもっているんだけど」ということは無理してでも実行してしまうようにしなきゃと思っています。

2018年はそういう年にしたいなと思ってます。

もう年末ですね。

STRONG ZEROを1人飲みながら日記を書いています。(酔っ払って気分が良い)

12月も半分過ぎまして、2017年ももう終わりますね。今年も早かったです。もう、何をしてきたのか思い出せないくらいです。それは何かおかしい気もしますが。

ここ1週間くらいの出来事で印象深かったことをいくつか。

  • 人数も多く、難しい曲の演奏にはやっぱり指揮者が重要ということをあらためて実感する。
    • 先生に指導頂いて、演奏のクオリティが見違えるように良くなりました。指揮者って超重要ですね。今更ながら。
  • やっと仕事のペースをつかめてくる。
    • 年末になって、ちょっと仕事の流入速度が遅くなっています。やっと息ができるようになってきました。これを維持していきたい。
  • 長男(小3)に「サンタはお父さんなんでしょ」と言われる。
    • 小6の長女はそういう言い方はしないのですが、小3の長男がそうやっていってました。「サンタはいないんでしょ」じゃなくて、「この家のサンタはお父さんなんでしょ」という言い方が可愛らしいです。次女は「なにいってるの!」という感じで怒ってましたが。
  • 長女の絵がなんかやけにうまくなる
    • 長女は絵を書くのも好きなのですが、好きなキャラクターの模写がなにやら一気にうまくなってました。お手本を見ながらではあるのですが、今までは全然違うクオリティで描いているのをみてびっくりしてしまいました。そろそろ、きちんと絵の書き方の勉強をさせてもいいかも。
  • 幼稚園の音楽会を聞きに行く
    • 幼稚園の音楽会を聞きに行きました。なんかもう、全てのイベントで「ああ、もう9年間の最後なんだなぁ」とばかり思います。そして、長女は幼稚園生のくせに「アフリカンシンフォニー」を演奏。難しすぎるだろ!いいのかその選曲で!と思ってましたが、なんだかそれなりに纏まっていてびっくりしました。もちろん相当な簡単アレンジがなされてはいたのですが。ボンゴはじまりというなかなかのチャレンジングな始まりで、ずっとボンゴがリズムの要になる構成だったのですが、ボンゴ担当の子ではこのためにボンゴを購入したそうで、「凄いそこまでやるのか」と思いましたが、そのかいあって、なのか、見事な安定度でした。いや、凄い。
      うちの娘は「バスキー」という渋い楽器でベースを支えてましたが、なかなかの安定度でした。私は低音好きなので、大満足です。よくやった娘よ。
    • 9年目ともなると、子供たちもさることながら、幼稚園の先生たちの線よく、ピアノ演奏や、子供たちのまとめ方も鑑賞対象になっちゃいますね。お疲れ様でした。
  • 社外の人から少し認知されている気がする
    • 社外の人とのやり取りで、「ブログ見てます」とか、「TechSummitでセッション聞きました」とかそういうものが増えてきた気がします。少しは認知されてきた気がします。もっとこう、そっちの方面に振り切りたいところなのですが、なかなかそうも行かず。相変わらず苦しんでおります。
  • はてブ歴代多い順を直す

さて。今年ももうすぐ終わっちゃいますね。ぼやぼやしてると子供たちが巣立っちゃいますね。

平和な土曜日

今日は土曜日。お休みだけどいつも通りに起きる…という生活を結婚してから10年以上してましたが、ここ数ヶ月は結構寝坊してます。結婚前は深夜までプログラミングなどして、14時に起きるとかが当たり前でした。またそういう生活に戻りたいです。

次女がなぜか小学校の校庭で遊びたいとずっと行っていたので、次女と長男と一緒に遊びに行ってきました。次女は色々な遊具で遊んでご満悦。私は次女に付き合っていたら、長男は校庭で練習していた地域のソフトボールチームに混ざってキャッチボールしたり、バッティングしたりしてました。人懐っこさは相変わらずで。

ずいぶん楽しかったらしく「チームに入る!!」と興奮してましたが、明日になっても覚えてるかどうか…。

習い事はやりたかったらやらせて、いやになったらやめさせてますが、流石にチームプレイのスポーツにお金を払うわけでもなく参加するという話になると慎重になりますね。私が。体育会系はいいところもいっぱいありますけど、悪いところもいっぱいありますしね。。。

その後は長男がレンタルDVDを借りてドラえもんの映画を見たいと言い張るので、近所のゲオまでマラソン練習を兼ねて同じ三人で走って往復しました。いや、私はもう全然運動してなくて体力衰えてるので長男に追いつけませんでした。さらに次女にも。次女はちょっと幼稚園生のくせに足早すぎな気がします。

ドラえもんの映画は面白かったらしいです。次女は途中怖いと言ってましたが。その間私は仕事してました。仕事はいくらでもやることあるので、もう、ONとかOFFとかよくわからない感じでやってます。

そんな頃、長女は友達とずっと公園で遊んでたそうです。おやつにみかんを持って(笑)。しかも、最近はゲーム機を持ち寄って遊んでることが多かったようですが、今日はマラソン大会が近いのでゲームは持たずに走ったりしてたそうです。

走って、みかんを食べてる小学生……。よいですね。

私はやっと「マードックからの最後の手紙」の曲を覚えて、一通り演奏できるようになりました。私のパートはたんに演奏するだけなら全く難しくないのですが、テンポの変化が激しくテンポのゆっくりなところできちんと合わせるのは大変に難しそうです。こういう曲こそ指揮者の腕の見せ所なのかなぁと思ったりしながら。

さて、今はベッドの中で長男と次女が寝るのを待ってるのですが、2人が寝たら起きて、原稿を書かねばです。締め切りは近い…。

dlibでちょっと遊ぶ

自分でも手を動かして遊びたい、ということでちょっとだけ機械学習関連のツールをいじったりしています。といっても仕事のTodoの未消化が常に数千個ある状況なのでほんの少し、気休めに、1回30分程度で…という感じですが。

で、今日はdlibで画像認識をさせて遊んでみたりしました。

結構少ない枚数でちゃんと認識させられるもんなんだなという感想です。

自由な発想とチャレンジと

今日は仕事前に自宅で次女と一緒に演奏をしました。私がベースを弾いて、次女がカホンを叩いて。

カホンなんて先日買ったばっかりで、叩き方も何も教えてないのですが、次女は感性の赴くままに自由に叩いてくれます。そして、単調なのは飽きちゃうしつまらないんでしょうね、リズムをどんどん変化させたり、盛り上げてみたり、盛り下げてみたり、頭を強くしたり、裏を強調したり。とても豊かに表現します。

正直なところ、リズムはヨレヨレなので非常に演奏しづらいのですが(笑

でも、なんというか、音楽を楽しむ感じがすごくあって、とても楽しいです。そして、どんどん自由な発想でバリエーション豊かにできるのがすごく良いです。

長く音楽をやっているけれどもアドリブなんて全然できない…という話をする人は結構多いのですが、楽譜をみてその通りに演奏することを長く続けると楽譜にかかれていることが「正解」であって、勝手に自分で自由にやっていいよって言われても「(正解が)わからない」という感じになってしまうのかもしれないななんて考えたりしました。

小さい子供はそんなこともよくわからないから、自由に発想できるのかなと。

これ、何事も同じだと思っていまして、仕事をしていても「どうしたらいいのかわかりません(正解を)教えてください。」という感じの人が結構います。学校でテストばっかり、暗記勉強ばっかりがんばっちゃったのかな…と思っちゃうんですよね。そもそも正解なんて存在しない中で自由に発想してチャレンジすることをしなければいけないのですが、「教えてもらえなきゃわからない」ではスターろラインからずれてしまっていまして…。

私にも子供が3人いますので、自由に発想して自分の考えをもって、自分の責任で行動してけるようになってほしいなと思います。そういうことをきちんと私がお手本として提示しなければいけないよなと思います。

 

ところで今日はDellEMCさんにて以下のイベントにて登壇させてもらいました。

50分の枠の中でAzure上でのライブデモ(クラスタ構成~S2D有効化~ボリューム作成~ノード追加~2ノード障害テスト)も含めてやったのですがかなり時間的に厳しくなってしまいました。あと2回ありますので次回に向けての改善点メモ。

  • デモのときはインスタンスサイズをケチらずに高性能なものにしておく(時間短縮!)
  • mstscだと解像度の関係でMMCが小さすぎてしまうので、UWPアプリのリモートデスクトップを使うようにする
  • よけいなことを前半から喋りすぎない(笑

それでも、今回はデモ環境を何度でも簡単に作り直せるようにコードを書いて自動化しておいて、それがかなり効率化に繋がったので良かったです。また次も使えますし。

今月はまだあと登壇が4つあるので、引続き頑張りたいと思います。

誕生日×2

先日、9月29日は次女の誕生日でした。もうすっかりおおきくなって6歳になりました。

次女は震災があったときに妻のお腹の中にいたことをよく覚えているので、次女の年齢+1年前に震災があったのか…と思い出します。そう思うと随分長い時間がたったように思います。

女の子なこともあり、もうすっかりしっかりものになりました。まだまだ甘えん坊なところもいっぱいありますが、お兄ちゃん、お姉ちゃんの悪いところはしっかりと指摘してあげられます。

そして、家族から、父親の私がむげにされているところをきちんとフォローしてくれる心優しい子です(笑

そして、私も10月1日に誕生日を迎えまして、38歳になりました。なんだかもうすっかり歳をとったなぁという感じがします。家族5人で過ごす期間もあと3年、6年くらいしか無いだろうと思うと毎日の時間をもっと大事に過ごさなくてはという気になります。

 

で、誕生日なので、自分で自分にプレゼントとしてカホンを買いました。

多分これです。…多分。

早速子どもたちも喜んで叩きまくっていて、賑やかになって良いです。

長女がリズムゲームをやってるときにそれに合わせて叩くと叱られますが…。

Throbber セッションビギナーズ今月も参加してきました

今日は、いけるときには毎月行っている、Throbberのセッションビギナーズの日だったので、参加してきました。

そろそろJazzのお作法にもちょっと慣れたので、Bassのソロにも挑戦したく、曲の進行が簡単な曲を…ということでIsn’t she loveryに挑戦。

ソロ以外のパートでは、随分と自由に遊べるようになってきましたが、ソロになって周りが静かになるとなんだかよくわからなくなってしまいました。やっぱり家での練習のようにはいかないですねー。

それでも、だんだんと思った音が出せるようになってきましたので、引き続きやっていきたいなとおもいます。

次は、Walts For DebbyとCantaloupe Islandあたりに挑戦してみようかなと考え中です。まだ難しすぎるかも?