ぼよよん行進曲/単独無寄港世界一周

しばらく日記をかけておりませんでした。日記を書く余裕も無いのは良くないですね。

この1週間くらいはまた仕事の見通しが悪くなっていて、ちょっと事前の想定が崩れたり、一度終わったつもりだった仕事が手戻りしたりするとすごく心理的ストレスがかかるようになってしまってました。でも、その後、普通に処理できてたりもしてて、ちょっとしたことで無駄に大きく心理負荷がかかっちゃう状況でもあります。やっぱり仕事全体の見通しがついてないからだと思うんですよね。見通しを良くするための時間を取りたいところですが、はて、さて、難しいものです。

私は理屈っぽい人間で、さらに「話せばわかる」派でずっと来てましたが、ここにきて「正しいことだからってやりすぎちゃ駄目だろ」と自分以外の人に思うようなことがあり、さらに面倒で会話もする気にならない状況もでてきました。こうなってみて自分が過去に言われていたことの意味が、自分がその立場になってみてよく分かる、というのはありますね。何事も自分がその立場になってみないと本当には理解できない、というは昔から思っていることではありますが。こういうところのバランス感覚ってどこで養われるんだろうか。

最近「ぼよよん行進曲」をちょっと練習してまして。ママさんブラスバンドでちょっと遊びで(?)演奏している曲なのですね。実はベースラインすごく面白いんですよ。吹奏楽のアレンジだと随分おとなしくなっちゃってますが、それでも面白いですね。そして、オリジナルを久しぶりにちゃんと細かく聞いてて、改めて良い歌詞だなと感じました。どんなたいへんなことがおきたって、きみのあしのしたにはつよいバネがあってぼよよんと飛べるから、おしつぶされそうだって大丈夫。とびあがってみよう。って歌詞なんですけどね。わたしもぼよよんととびあがらないとですね。

今日、床屋さんに行って髪を切ってきまして、髪を切られている間にラジオから単独無寄港世界一周ヨットレースに出場した人の話が聞こえてきました。記憶が曖昧だけど、今ネットで検索したところによるとおそらく白石康次郎さん。たったひとりで何千時間もかけてヨットで世界一周しちゃうとかそんなものすごい話だから多分間違えないと思うんですが、そんな凄いことをする人だから、ラジオでちょっと声を聞いただけでもその「精神力」のようなものがバシバシ伝わってきました。ちょっと「感銘を受けた」といってもいいかもしれない。

完全に準備をしっかりとやったけど、マストが折れてレースを途中で棄権したと、あれだけしっかりやったんだから「あの時ああしておけば」というような後悔は1つもないと、心の奥底にはもちろんいまでも悔しくてのたうち回りたく成るような感情はあるけれども、ちゃんと良いところを見ていくんだと、人生いつでもつらいこと、苦しいことはあるけれども、いつまでも落ち込んでくよくよしているのは駄目だと、前を向けるんだから向けば良いんだと、あなたはそのままでいいから、良い面をみて前をむけるだろうと。そういうことを言ってました。うまれてからずっとそういう性格ですとも言っていて、やはり精神的マッチョは生まれつきだよなと思うのですが(笑。でも、見らなわなくちゃなとすごく思いました。いやぁ、本当にすごい人は凄い。精神が強い。私は一人っきりで何ヶ月も海の上にヨットで…とか、ちょっと想像しただけでも耐えられるとはとても思えないです。

セッション初体験、キッザニア

金曜日の夜は最寄駅の近くにあるよ、と幼稚園の父親仲間に教えてもらったthrobberに会社帰りに行ってみました。月に一回の「セッションforビギナーズ」というイベントの日でして、わたしもセッションに人生初参加してみました。

本当は、ちょっと様子をのぞいてみるくらいのつもりだったのですが、みてるとやっぱり演奏したくなるもんですね。これまで楽譜をみてその通りにしか演奏したことなかったし、予習(?)もしてなかったので、はじめは本気でどうしていいのかわからず…といった感じでしたが、おおよその取り決め(?)は理解できました。

わたしもそろそろエレキベースでも、自分の出したい音がだせるようになりつつあるところなのでちょうど良い感じもします。

ピアノでは音を視覚的に捉えて一つしか選択肢のない中で適当に即興でメロディーを作って遊んだりは小学生の頃によくやってましたが、ベースだとまだそのレベルまでも到達してないです。そろそろ小学生のときの自分のピアノレベルくらいまでは行きたいなと…。

土曜日は吹奏楽の練習をすこし。ぼよよん行進曲のベースラインがなにやら面白くて良い感じです。

日曜日は家族みんなでキッザニアへ。長女はあちこち待ち時間が少ないところを狙って6箇所くらいアクティビティを1人で回ってました。息子もあちこちを妻と一緒に。わたしは次女と一緒に3つだけ。ファッションモデルと、消防士と、時計台。

ファッションショーはとても緊張して、笑顔が引きつってましたが、どれも面白かったようで、帰って来てすぐに「また行きたい!」とのこと。

キッザニアは子供達にはとても良いところですよね。親は疲れますが、もう少ししたら自分たちだけで楽しめるようになるので、のんびりできるかなと。

とはいえ、わたしはPCを持っていって待ち時間に仕事してましたが。最近あちこちでFree Wifiがあっていいですね。

たまにはオフラインで頭の整理をする時間が必要ですね。

今日はもともとは13時~18時に客先でずっとミーティング漬けの予定だったのですが、直前に連絡をもらって15時~18時に変更になりました。

すでに移動済みだったので、近所のマックに入ってオフラインでGTDでいうところの週次レビューを行いました。OneNoteでタスク管理するようにしたのでオフラインで実施しました。

かかった時間は2時間ほどですが、随分頭がすっきりしました。話しかけてくる人もいないし、メールもチャットも入ってこないし。

この1週間はとても精神的、体力的、睡眠時間的に厳しい感じだったのですが、ちょっとほっとしました。

常にオンラインで、休日も関係なく、いつでも、どこでも仕事できちゃうし24時間インプット情報がガンガンある状況でそうとう疲れてるなというのを再認識しました。

週に1回くらいは、オフィスも家庭も離れて、どこかのお店あたりで、オフラインになってインプットを遮断してタスク整理をする、というのが習慣にできるようにちょっと動いてみようかなと思います。

日本科学未来館にまた行ってきました

今日は、長女と次女のリクエストに応えて、日本科学未来館に行って来ました。本当は家族全員で行きたかったのですが、長男は友達と一緒に遊びたい!ということで長男と嫁さんとは別行動にしました。

今日は次女は「アナグラのうた」に大ハマリ。足元に「ミー」が表示され、音楽が流れるのが嬉しくて、あちこち走り回って、音楽に合わせて踊って…というのを何度もくりかえしてました。

このアトラクションは強引に言うとIoTを題材とした空間なのですが、その中の1つの要素としてカメラで上から画像認識されて、人がどこにいるかを判別、そこに自分のキャラクターを投影してくれるんです。移動しても追従してくれるし、移動経路も記録されていて、そのあたりの要素も加味して曲が選択されたりとかもします。

本当は、その空間にある、5つの機械を回って楽しむものなのですが、前述の上から撮ってるカメラの精度の問題で、人同士が近づきすぎると判別がつかなくなって、「オフライン」になっちゃうんです。で、これが面白いみたいで、小学生くらいの子供たちが、わざと周りの人に近づいて「オフラインにさせる」いたずらをしだすんですね。

これ、面白いらしくて、次女に付き合って3,4回中に入ったのですが、常にだれか複数人がこの「いたずら」してました。日本人も、アジア人も、欧米人も。友達とやってるだけじゃなくて、知らない周りのひとにもやりまくってて、はっきりいって本来の楽しみ方が全然まともにできないレベルでした。常に。

なんかもう、ここまで行くと、もう違うルールにしたほうが楽しめるんじゃないかというくらいでした。

カメラと認識の精度が上がれば近づいても「オフラインになる」ということ自体をふせげるのだとは思うのですが、個人の認識と「重なり」まわりには結構深い話があるんだろうなぁと想像したりしました。

それにしても、長女と次女は日本科学未来館が楽しすぎてヤバイらしいです。開館の朝10時過ぎから閉館の17時までずっといても「まだ全然たりなかった!」という感じです。今日はじめてってわけでもないのに。いや、うれしいけど、付き合う方は大変です(笑

エレキベースを演奏してみました/ルパン三世のテーマ(吹奏楽)

今日は、ふと思い立って、先月の演奏会のために一番練習した「ルパン三世のテーマ」を演奏してiPhoneで撮影してyoutubeに公開してみました。

はじめは全然演奏できなくて、毎日朝出勤する前の15分の練習を数ヶ月続けた気がします。でも、結局このくらいの出来ですが…。

本当はサクッとなんでもいいから一発で撮ってアップロードしたかったのですが、いやーうまくいかないものですね。納得いかなくてなんどもなんども撮影しなおしましたが、やればやるほど深みにはまる感じでうまく演奏できず。

1発どりでCDとか出しちゃうミュージシャンとかほんと、変態ですね。

複数テイクの一番良いところをつなぎ合わせたくなってしまいましたが、今回はこれで妥協しました。

もっとうまくなりたいですね。

ここ数日はちょっと無理してました。

ここ数日は、(個人的に)ちょっと大きなイベントに向けての準備で無理をしてしまい、メールもまともに見られず、数百個のTodoが溜まっている状況になっております。さっきまで3時間弱くらいさばいてたのですが、まだまだ終わらず…。今週末には消化しないと…です。

先週は「ちょっと余裕ができた!」ってかんじだったのですけどね、おかしいなぁ。

技術的なことでハマってしまうと、何時間もつかっても進捗が全くなしになってしまうので、そこは今の状況だとクリティカルに厳しいですね。いや、一度うまくいった所から不用意に環境変更しだしてしまったのが今回は本当に失敗でした。技術的な事をやってると面白くて熱中してしまって、深夜遅くまで、2時でも3時でもやってしまうのでいかんですね。次の日がヤバイことになります。

でも、今日、一段落したはずなので…、また調子を取り戻したく。

来週は次女の幼稚園で演劇発表会的なイベントがあるので、そこへの参加はなんとしても死守したいと考えております…。

長女と一緒の本を読もう運動

ここのところ、通勤電車の中で本を読んでます。小5の娘から借りた本を。

気がつけば本は技術書かビジネス書ばかり読むようになってしまっていたのですが、少し精神的な余裕が出てきたので息抜きで本を読みたいなと思い、娘の本棚にあった本を1つ借りて読んだら結構面白くてあれこれと長女に本を借りて読んだり、図書館で娘が好きそうな本を借りてきて一緒に読んだりしています。

長女もかなり成長してきて、少しづつコミュニケーションの取り方も変わってきておりまして、『素直じゃない』ことも増えてきてます。健全なことですね。なんというか、読書と音楽を通しての共感を高めたいなと思う今日このごろなのです。

ここ3日くらいは「響けユーフォニアム」の1,2,3を読んでました。なんというか、自分が読むには「若すぎる」本なのですが、でもやっぱり一度読み出すと面白くて途中で止められないんですよね…。本をよむ速度は早い方だし、通勤電車は行き帰りで1.5時間くらいあるので、もうちょっと時間を足すと1日で1冊読み終わる感じで、そのくらいペースで本を読んでおります。

この時間を勉強や仕事に使うと色々捗るんだろうけどなぁとはちょっと思いますが、ついついくだらないネット記事を読みふけってしまうような時に比べると遥かに充実した時間です。

自分が子供の頃は自分の好きなことにはあまり自分の両親は興味を示してくれませんでした。ゲームとか、自分の好きだった本とか、PCとか、作曲とか。それって私寂しかったんですよね。多分。自分は子供と同じ目線で楽しめるようなことを極力沢山持っていたいなぁと思います。

次に楽しみにしてるのは、長女がつくった曲を聞くとか、最近RPGツクールでRPGをつくってるようなので、長女が作ったRPGで遊ぶとか、そういうものです。このへんは完成させるのは難しいと思ってますが、作り途中の一部分だけでも「こういうの作ってみたんだ」と今は見せてくれるのでそれを沢山褒めたいなと思います。実際、感心するような出来だったりもします。

でも、こういうのも、そのうち全然自分が「理解」「賛成」できない趣味を子供たちが持つようになると同じようには対応できなくなるんでしょうね。きっと。そうはなりたくないなぁと思ってます。どんなものでも、子供が好きなことなら理解、賛成できるといいなぁと思ってます。……難しいのかもですが。

書いてて思い出しましたが、小学校の先生から「ゲームをしている時には頭を使ってないから良くない」的な話があったらしく「そうなのかなぁ?」というような質問が長女からありました。「そんなわけないだろ。あほか。」と答えておきましたが(笑。RPGツクールで自分で物語を作ってる人にそれはひどいよなぁと思いますが、まぁ、しかたないですかね。

息子8歳。おめでとう。

「やらなきゃ」と思ってからずっと手がつけられず、他の人(チーム)にやってもらおうと調整したけど、そちらでも進まず、再度自分のところに戻ってきてからも忙しくてできていなかった仕事を今日ちょっと無理して進めました。(それでもう深夜1時30分…。)

この仕事を進めたせいで他の仕事が遅延して大変なことになってもいますが、「やればすぐ終わる」と思っている仕事をずっとずるずる遅延させまくっているのも精神衛生上大変よろしくないので、ちょっとだけ余裕のある今のうちに…と思っております。

自分は管理職なので、こうなっているのはどう考えても自分のせいなのです。自分の力の無さにがっかりしますが、できる範囲でしかできないので仕方がないですね。

と、私が仕事でもじもじしているスキに先日息子が誕生日でした。8歳。おめでとう!

でも、息子は誕生日に小学校で女の子からプレゼントをもらったり手紙をもらったりしたらしいです。しかも2人から。このあいだから「1人にしなさい」と言ってるのですが(笑。息子的には「だから今どっちにするか考えてるんだよ!」とのことです。もてる男はつらいですね。

RPGツクール。2人の彼女。伝える力。図書館。ブックカバー。OMSデモ。WebHook。

うーん。日記が書けてない。

  • 娘が自分のお小遣いで3DSのRPGツクールを買って、RPGを作って喜んでいる。良いことだ。
  • 息子(小2)にはすでに彼女がいるらしく、しかも1人ではなく2人いるとのこと。けしからん。1人にしなさいと叱っておきました。
  • 伝える力を講習の中でおすすめされたので、その場でKindle版を購入したのだけれども、読んでみたらすでに既読だった。。。。でも、せっかくなのでもう一度読みました。
  • 近所の図書館で「長女が好きなんじゃないか?」と思う本を借りてきた。思惑通り長女はガリガリ喜んで詠んでいる模様。最近腑抜けの私も「本をよむのもいいかもなぁ」と思ってとりあえず1冊、ライトノベルを詠んでみた。面白かったけど、自分の成長につながっているような気がしない…。
  • いつも本にはカバーをしないのが当たり前だったけれども、流石にこれはな、とおもって、ブックカバーを購入。
  • 土日にOMSのデモ環境を作成して、サーチアラートからのWebhookやAzure Automation(こちらも結局裏でWebHookが作成されている)周りを結構しっくりと理解できてよかった。が、デバッグがやりづらくて厳しい。postされてきたデータをそのまま使って、新しいコードで簡単に「再実行」できたらいいのに、と思う。
  • 明日はMCP試験でWindows10の試験をうけなきゃいけないので、ちょっと勉強した。2時間くらい。とりあえず明日はこれで行ってみよう…。
  • 眠たい。

金曜日の夜新幹線にて

金曜日の夜、東京方面へ帰る新幹線の中で日記を書いています。

何か大きな事があった時には、心乱れてしばらく落ち着くまで時間がかかるものだと思います。それは良い事であっても、悪い事であっても、避けられたことであっても、避けられないことであっても。昔からずっとある人類にとって普遍的なイベントに関しては、きちんと昔からある「やりかた」があって、それに従う事もできる。こういうものが文化なんだなぁと改めて思います。

仕事はやっと、1日に入ってくるものを、1日以下で処理できるようになって、少しづつ「やらなくちゃいけないこと」に時間を割く事ができるようになってきました。

個人としてやりたい事だけど、時間に余裕がなくて封印していたことも少しづつできるようになってきました。自分の趣味の時間も少しはとれるようになってきた感じです。

今週くらいの感じでずっと仕事ができると色々と楽なんだけどなぁと思うところです。