先日Xenobladeをクリアしました。土日に子供たちと一緒にやる…って感じでずっと進めてたので、相当時間かかりましたが、やっとクリア。すごいボリューム!色々と素晴らしく面白かったです。人生のベストゲームトップ5には食い込んだ気がしますね。「最近ゲームがおもしろくなくなっちゃったな」と思う期間が相当長く、それを打破してくれるゲームを探していた中でこのゲームが出来たのでよかったです。

エンディングのスタッフロールの途中で息子から「お父さん、お疲れ様。」と言われて笑ってしまいました。

で、次はXenoblade Xをやろうと画策してます。また相当時間使う感じになると思いますが~。どうせ土日に仕事とか自分のことは出来ないので子供たちも一緒にやるのなら良いだろうと思ってます。

この間の土日に子供たちにlightbotを遊ばせてみました。

パズルゲームなのですが、ちょっとしたプログラミングのお勉強にもなる感じのものです。ロボットに前に進めとか右に回れとか指示をあたえて動き回らせて、全ての青い床のところでライトをつければクリアッて感じです。単純に全部の動きを指示すればクリアできちゃうのははじめの少しだけで、ちょっと進むと繰り返し部分に関してはサブルーチンを効果的に使わないと命令数が足りなくなったりします。大きなステージになってくると再帰処理で書かないといけなかったりもします。遊びながらプログラミングのエッセンスが学べる感じになってるのですね。

2歳の娘にはまだちんぷんかんぷんなのですが8歳の娘と5歳の息子にはヒットしまして、喜んで遊んでます。親の作戦とも知らず…(笑

こういう「遊んで、ためになる」ものっていいですよね。私はプログラミング大好きなのでこのようなプログラミング要素があるものがさらに大好きです。私はステージを見るとぱっと「どこが繰り返しとしてサブルーチンに切り出すべきなのか」がぱっと分かるのですが、子供たちが苦労している様子を見ているとそれってそこまで本能的なものじゃなくて、繰り返し練習することによって習得したもののようです。あんまり長くやってるのでもうよく覚えていないのですが…。こういう頭の使い方はプログラミングにかぎらず色々な所で役に立っている気がします。

…気のせいかもしれませんが!!!

久しぶりに自分が面白いゲームをやりたくて、この間からイース -フェルガナの誓い-をやってます。

USBゲームコントローラーが大学時代に買ったものしかなくて、しばらく遊んでるとまともに操作できなくなってしまうので困っていたのですが、Weyを使ってWiiのコントローラーで遊べるようにしたらかなり快適になりました。やっぱりコントローラーって大事ですね。

音楽が良くてウキウキしながら遊んでます。

ガンスターヒーローズがここの所息子のお気に入りです。ガンスターヒーローズって知らない人も多いと思いますが。

1993年のゲームなんですね。アクションゲームで色々な要素があって、2人協力プレイができるんです。それを4歳の息子と一緒にやっていたのですが、EASYにしても結構難しいんですね。しかも、一人がやられるとコンティニューするときに生き残っている方の体力が半分奪われる仕組みなので、私が上手にノーダメージで進めても、息子がやられまくると全然クリアなんてできないんです。

はじめの頃は息子が弾の打ち方もわからないほどで全然先に進めなかったのですが、息子がルールを覚えて、敵の登場パターンや攻撃の仕方、その避け方等を学ぶことで先に進めるようになりました。でも、このゲーム途中でサイコロのステージがあって、そこは協力プレイじゃなくてひとりずつやらなくちゃいけないんです。息子が一人で敵を倒さなくちゃいけないわけで、ここがかなり厳しかったです。それでも何度かやるうちに色々と上手になって、ついにクリア出来ました。

何をそんなことをと思うかもしれませんが、全然なにもできなかった息子が少しつづ操作を覚えて、パターンを覚え、勇気を出して行動して、協力して敵をたおすことの感動って結構ありますよ。しかも最新のゲームもある中で20年前の私の思い入れがある(ただし、当時はやってない)ゲームを進んで一緒にできるっていうのは。まぁ、クリア後のスタッフロールを私はゆっくり感慨に浸りながら見たかったのですが、息子は「つまらない」と見せてくれませんでしたが…。

今日はGitHub / Gitの練習をかねつつ、おしえてもらったSourceTreeを試しつつ、シューティングゲームをちょっとだけ改造して遊んでました。元のゲームはこれ。

ちゃんとオブジェクト指向で、たったの99行でこの程度動くとかいい時代になりましたね、本当に……。

で、改造して遊んでみてます。

そういえば自宅にものすごく昔に買ったシューティングゲームアルゴリズムマニアックス (C magazine)という本が家にあるので、それを見ながら弾幕よけゲームでも作って遊んでみようかと。

それにしても、こういうのってスマートフォンでやろうとすると自分の指で時機が見えないですよね。世の中のスマートフォン向けシューティングゲームはどういう操作方法にしてるんだろう……。

帰りにトイザらスに寄って、ドラゴンクエストI・II・IIIとスイートプリキュア♪ メロディコレクションを買って帰りました。ドラクエは嫁さん用。ファミコン版のドラクエIIIがやりたいと何年も前から言ってたので。プリキュアは娘用。特になんでもない日なのですが、買ってあげちゃいました。ものすごく喜んで夜も寝れない位になってます。息子はちいさなメダルが気に入ったようです。

私はみんなのリズム天国がやりたいのですが、子どもたちがなかなかやらせてくれず・・・。

昨日作ったものを子供にみせたら、早速ゆびでつついてました。そして反応がなかったので不満だったようです。というわけで叩くと「くまー」といいつつ消えるようにしてみました。50匹をたたき切るまでのタイムアタックのミニゲームにしてみました。

ソースはとりあえずなにも考えずに適当にガリガリかいたので早速訳が分かりづらくなっております。javascriptではどうやってファイルを分割したりするといいんですかねぇ?あしたはソースを綺麗にしてみようかな・・・。

enchant();

今日、はじめてNintendo 3DSの画面を見ました。どれだけすごいんだろうと夢が膨らみまくっていたのですが、残念ながらずいぶんがんばらないと立体に見えませんでした。正直なところ買う気になれないレベル・・・。非常に残念です・・・。

今日もJavascriptのお勉強。Sleepができないということをしってちょっと困りました。結局GonzalezさんにsetTimeoutを教えてもらって解決しました。

Sleepできないっていうのはやはりブラウザ上で稼動していルカらなんだろうなぁ・・・。

オセロは思考ルーチンをとりあえず私レベルにしたら、自分で勝てなくなりました(笑

  • http://ebi.dyndns.biz/minigame/othello1.html

次はテトリスをJavascriptで作ってみようかなと思います。

なんだか妙にゲームが作りたくなったので、Javascriptのお勉強がてらちっこいゲームを作ろうとしています。最近はニコニコ動画なんかで実際にプログラムを一から作成している過程をすべて見せてくれるようなものなんかがあって、本当にすばらしい時代になったものです。この環境が私が小さいころにもあれば、もっとちがった人生を送っていたでしょうね。(いい方向かどうかはわかりませんが・・・。)

動画の内容をそのまま写経し、自分でコメントを書き、ほんのちょこっとだけ機能追加してみました。ただのオセロです。

  • http://ebi.dyndns.biz/minigame/othello1.html

Javascriptって面白いですねぇ。