今日は幼稚園の父親の会の日で、父の日が近かったので歌を歌ってもらったり、プレゼントをもらったりしました。

息子は今までもですが、最近やけに私が大好きで早く色んな物を見て欲しかったり、教室の中に入ってきて欲しかったり、抱きつきたかったりという感じでした。歌を歌ってまだ先生が何も言ってないのに私の所に抱きつきに来たりとか。それでも、いろんなことを一緒に楽しんできちんと出来ました。

先日の事があったので事前に先生と「明日はお父さんがきても泣かないように頑張ろうね」なんて約束もしていたようで、途中何度か泣きそうになりながらもすぐに気持ちを入れ替えることができてよかったと思います。

私もこんなにお父さん大好きだったかな?随分一緒に遊んでもらった記憶があるので好きだったのだろうとは思うのですが。

それにしても息子の甘えん坊はいつまで続くかな。長女がもうすっかり独り立ちしはじめているので、そのコントラストが際立ちます。

今日は、幼稚園でお餅つきをしました。私も参加4回目(3回目かも)、はじめて参加のお父さん達にかなりゆずるかたちで過ごしました。でも、ちょっとだけついただけでも筋肉痛ですが…。去年と違ってことしは素直に楽しめました。

帰ってきたあとは、幼稚園の年少のお父さん達であつまっての忘年会の参加してきました。お酒入ってるのでもう眠いです…。色々しがらみが無い中でお酒を飲んだりできるのはいいですね。やっぱり。

さて、主夫生活の中で面白かったことを記録しておきます。

幼稚園に毎日送り迎えに行っていると、子供たちからも一緒に遊んでくれるおっさんだということを認識されます。そして遊んでくれる親父好きの子供たちに囲まれて体力を削られることになります。もちろん一緒に遊びたくてやってるのですが。そうすると、色々な子と色々な触れ合いをすることになるのですが、その中に5歳にしてすでに魔性の女としての素質を開花させつつある子がいます。

毎日私をみて「××ちゃんパパだー」と言い、ちょこちょこちょっかいを出してきてくれたり、話しかけてきてくれたりします。ここまでは普通です。そして、「××ちゃんパパ大好きー」と言います。まぁここまではまぁいいとしましょう。でも、そこからがすごいです。抱きつきます。嘘泣きをしながら抱きついてきます。ほっぺにチューをしてきます。かと思うと「バカタレがー」と私を指さし、砂を投げます。蹴ります。大好きとバカタレが1日のなかで同居しており、しかも他のパパたちにも同じ事をしているそうです。同級生にそういうことをしているのは見た事無いですが…。魔性の女っぷりは実のお母さんも認める所だそうです…。

いったい何をどのように学習してこうなったのでしょうかね?うちの娘は絶対にこういうことはしないと思います。自宅で両親がこういうやり取りをいつもしてるんでしょうか?…などと妄想が膨らみます。将来が心配です、ってのは余計なお世話だと思いますけれども。

今日は幼稚園のバザーでした。去年と同じく朝はまず父親たちの焼きそば屋さんのお手伝い。焼きそばの面の袋とソースの袋を破りまくってきました。

自分の担当時間が終わってから一度家に帰って、11時から家族でバザーに。嫁はお昼の時間にお店のお手伝いをするので、子供二人の面倒は私が見てました。人がすごく多くてただでさえ動きづらい中、1歳児と4歳児をつれて歩くのでかなり大変でした。

娘は事前に400円ほどお小遣いをもらっていたのですが、それで色々買う…ということもなく。事前にほしかったのは「スライム」とのことで、それを買って満足したそうです。息子はあちこちでおもちゃをつかんで離さない感じでしたが、娘がそれを買ってあげていました。車のおもちゃ10円とバイキンマンのぬいぐるみ30円。自分のお金でも全然嫌がらずに買ってあげるとは優しいです。

ただ、娘は自分がほしいものを「ほしい!」と言って、ねだることを全然しません。いつもこんな感じなのですが、本当にほしくないのか、本当はほしいけれども言い出せないのか、ちょっと図りかねます。でも、普通に考えて4歳の子供がほしいものがない、というのは考えづらいと思うんですよね。あれもほしい、これもほしいと思うのが普通だと思うんだけど、きっと色々なことを娘なりに考えて言い出せず、そのうち自分でもそれほどほしくないと思い込んでいる気がします。

嫁が娘に言われたわけではないけれども買ってあげたネックレスはすごく喜んでつけていて、パジャマになってもつけていたくらいです。それだけ喜べるのなら、自分で買ったらいいと思うんだけど…。乙女心は4歳にしてすでに複雑なのでしょう。。。

2件のコメント

今日は幼稚園の夕涼み会でした。お父さん連中も協力して準備をして。盆踊りをしたり、ゲーム(出店)をしたり。私もスーパーボールさんのお店の人としてがんばりました。30分で300人くらいの子供たち(と、親)がお店を全部まわるもんだから大忙しです。でも、面白かった。

息子も端っこでゲームの時間が始まる前、終わった後のお店の商売道具で大ハッスル。プールに飛び込まんばかりになってました。

お店と息子の世話が忙しくて、娘や嫁が踊っているところが見られなかったのが残念だけど、まぁ、いいでしょう。

今日は月に一度の幼稚園の父の会の日。例のごとく参加してきました。子供と一緒にお正月遊びをしました。私は「コマ」のグループだったので、手作りのコマを子供と一緒に作って回して遊んだり。

時間のなかで、自分の親じゃないお父さんと一緒に組になるときがあったのですが、その時に自分の知っている子が私とペアになりたくて来てくれたのがとても嬉しかったです。しかもひとりじゃなくてふたりも。足繁く通っていると子供にもある程度覚えてもらえるようで、うれしいことです。

今日は幼稚園の年少組の父親だけで集まっての忘年会がありました。結局私は宣言通りここまで幼稚園のイベント等にはフル参加中ですし、忘年会にも参加してきました。

今日の参加者の中では私が30歳で最年少。他に同い年のお父さんがひとりだけいました。上は50歳くらいまで。自分がまだまだひよっこであることを再認識しましたし、周りに沢山の仲間がいることの安心や嬉しさを感じました。

毎日早く寝ているので23時過ぎくらいから眠くて眠くてしょうがなくなってしまいましたが、面白かったです。