日本HPでノートPCを注文したのですが

  • 11月3日に注文
  • 11月5日に欠品のため時間がかかる連絡あり
  • 本日11月11日まで何も連絡なし

という状況です。

こうなるとわかっていたら、別の在庫有りのところで注文したんだけどな…という感じです。残念。

自宅にビデオデッキと記念に取ってあるいくつかのビデオテープがありまして、いよいよじゃまだから処分しようという話になりました。せっかくなので映像をデジタル化して取っておきたく、そういえば昔PCをテレビ代わりにしていたときに使っていたGV-MVP/RZ2が眠っていてビデオ入力端子もあったのでそれでMPEG2に仕様と思ってやってみました。

が、自宅のPCは既にWindows8。GV-MVP/RZ2はWindows XP時代のハードなのでドライバがありません。適当に入れてしまえないものか結構頑張ったのですが結局駄目でした。仕方が無いのでVMWare Player上にWindows XPを新規にインストール。すると、I-O DATA mAgicTV5 for GV-MVP/RZ2 Ver5.20.00 のインストールが完了せず、以下のエラーが発生してしまいました。

  • 1つ以上のファイルを正しく自己登録しませんでした。自己登録されなかったのは、次のファイルです。1.C:\Program Files\I-O DATA\mAgicTV\IODataDump.ax メモリアロケーションへのアクセスが無効です。
  • エラー番号: 0x80040707 詳細: dll関数呼び出しに失敗しました。 : USER32.MessageBoxA セットアップが終了します。

このエラーも何をしてもクリアできず仕方なく断念しました。無視してソフトを起動してもまともに起動せず、アプリが落ちてしまいます。

しかし、ネットを検索すると全く同じエラー、同じ症状の人がいる一方で、きちんと動作させられている人もいるようでした。違いは単純に時期が違うだけのように見えました。もしやと思い、古いVMWareのイメージを引っぱりだしてきて(昔使っていて処分済みのPCの最後のバックアップイメージ)そちらにインストールしたところ、さくっと正常に動作しました。

違いといえばVMWareイメージのバージョンで、正常に動作したのは「Workstation 6.5-7.x virtual machine」で正常に動作しなかったのは「Workstation 9.0 virtual machine」です。この辺りが挙動の違いにつながっているように思います。が、具体的に何がどうなのかはよくわかりません…。

で、やっとビデオ端子からの入力に成功!テープを再生して録画……しようとしたらまともに再生できず、結局デジタル化には失敗しました…。どのテープも再生できなかったのでビデオデッキ自体がもうだめになってしまったようです。もうずいぶん古い物だから仕方ないですね。


節電対応でNotePCをメインで使うようにしたのですが、どうしてもキーボードが打ちずらいのでスタンドを購入してキーボード、マウスを接続するようにしました。あとはどうしても2画面ほしい場合に、モニタの高さがそろうので使いやすいです。

結構安い割に買ってよかった印象です。 iPad用のスタンドもちょっと欲しいかも…。

嫁用に購入したNotePCが先日届きました。

  • 新品がいい
  • Windows7が動けばいい
  • サブノート(小さいもの)はいやだ

ということだったので、以下のものにしました。

もっとも購入したのはスーパーバリューキャンペーンの第一弾でしたが。

この内容でこの価格ならまぁ、悪くないと思います。もっともWindows7を2GBで使うのは若干重いとは思いますが・・・。

ここのところ使っているとそのうちHDDから変な音がして、勝手に再起動してしまっていたメインPC。買ったばかりではあるけれども、HDDがはずれだったのだろうと思って、今日は息子と2人で秋葉原までお買い物。新御茶ノ水から歩けば通勤区間なので移動費がかからずいい感じです。(時間はかかりますが)

で、予定よりも安い買い物ができてそこまではよかったのですが、帰ってきてHDDを換装したら、なんだかしらないけど、電源がまともにはいらなかったり、入ってもすぐに切れてしまったりするようになってしまいました。

今までこういう挙動はなかったんですけどね・・・。

twitterでもアドバイスをもらいながら色々試してみたのですが、結局駄目。

怪しいのはやはり電源ユニットかMBなのですが・・・まずは電源ユニットから交換してみましょうかね・・・。

自宅でメインで使っているNotePC(ThinkPad G41)があんまり重いし、かなりPCも安くなっているし、デスクトップPCを設置する机も準備した。ということで、メインPC用としてデスクトップPCを1台購入しました。お金をかける気は全くないのでコストパフォーマンス最重視で、しかも自作もめんどくさいのでできあいのもので。

結局ドスパラで以下のPCを3万円で購入しました。

このスペックで3万円でおつりがくるんだから、いい世の中になりましたねぇ。次回以降もPCは3万円以下で購入していこうとおもいます。

自宅にもPCをおくための机を用意して、やっとデュアルディスプレイ化しました。会社ではトリプルディスプレイ+Synergyの実質クアッドディスプレイでやっているので、自宅のディスプレイ1台環境は不便でしょうがなかったのですが、これで少しは改善されます。

環境を維持できるかどうかは嫁がこの環境に慣れるかどうか・・・。

2件のコメント

姉と二人で秋葉原へ。結局買ったのはこれ。

このスペックで45000弱だったのでまぁ、いい買い物ができたのではないかと。もう1万くらい出せばずいぶんスペックアップできたんだけど、まぁ、いいかな。

先日久しぶりにサーバーを触っていたら知らない単語が。せっかくなので調べる。

VRM

“”Pentium Proから導入されたCPU用電源安定化回路

“”電圧調整器(モジュール)VR(Voltage Regulator)は、一般に入力電圧を一定電圧に変化する装置全般を示す。マザーボードでは、CPUの要求に応じて電圧を供給するインテリジェントなDC-DCコンバータを指し、ソケットなどに装着するものをVRMと言う。
Pentium 時代からは、モデルやステッピング(CPUのリビジョン)の違いで要求電圧も微妙に異なるようになり、現在では、電圧を動的に変更する機能も求めらている。こうしたCPUによるVID(Voltage ID)の変化に応じて、電圧を変化させる仕組みはVRMが担っている。

なるほど。今まではマザーボードにあったけど、気にしていなかっただけで、今回は自分でささなければいけなかったので気になっただけのようです。

無線LANとPCのパフォーマンス

自宅PCにて無線LANを使って大容量のファイルをやり取りすると、その後ずっとPCのパフォーマンスが悪くなり、PCではなく無線LANを再起動してあげると直るという現象が発生しています。無線LANが発狂してブロードキャストパケットを投げまくってるのかな?