DAGにて、どのトランザクションログまでシードしたと認識しているかを確認する方法

Exchange Serverにてどのトランザクションログまでコミット済みかということはeseutilでチェックポイントファイルを確認することで可能ですが、「DAGでどこまでトランザクションログをコピーしたのか?」ということを確認する方法は調べても情報が見つかりません。適当に探してみたらそれらしいものがあったので記録しておきます。(情報の正確性は保証しません)

いきなり答えですが、おそらくDAGのアクティブ側DBを保持しているサーバーの以下のパフォーマンスカウンタがそれを示していると思います。

  • MSExchange Replication\CopyNotificationGenerationNumber
  • MSExchange Replication\CopyGenerationNumber
  • MSExchange Replication\InspectorGenerationNumber
  • MSExchange Replication\ReplayGenerationNumber
  • MSExchange Replication\ReplayNotificationGenerationNumber

image

検証環境で確認してみたところ、上記のカウンタがすべて24になっていました。すべて同じ数字でそろっているのは、検証環境で新しいトランザクションログが発生していないからだと思われます。

image

最後に複製されているトランザクションログのファイル名は「E0200000018」となっており、16進数の0x18は10進数の24なのでビンゴだと思われます。

さらに、このカウンタはアクティブなDatabaseを持っているサーバーでのみ値が確認できました。アクティブ側のみで数字を把握しているようです。

 

そもそも論としては「こんなこと知ってどうするの?普通にトランザクションログ自体を確認すればわかるじゃない」という感じではあるのですが、手動でDB自体やトランザクションログをごねごねしたり、シード処理を自動で行わせずに無理やりやりたいようなケースで確認したいという話があったので調べてみました。本当はそういう変なことはせずに、きちんと普通のオペレーションでできるように環境をつくったり、スケジュールを立てたりするのがいいんですけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。