1件のコメント

Exchange Server 2013のメールフロー

MSExchange.orgでExchange Server 2013のメールフローについて解説されています。(英語)

以下要点です。

  • Exchange Server 2013ではロールは2つ。MBXとCAS。Edgeは現在無い。
  • メールは「トランスポートパイプライン」を流れる。これは3つのサービスでできている。
    • Front End Transport service: CAS上。ステートレスのProxy。基本的なフィルタ処理(コネクション、ドメイン、送信者、受信者)。ローカルにキューを貯めない。Transport serviceと通信する。
    • Transport service: MBX上。以前のHUBと同等のことを行うが、直接メールボックスデータベースと通信はしない。Mailbox Transportと通信する。
    • Mailbox Transport: MBX上。2つのサービスから成る。
      • Mailbox Transport Delivery: Transport serviceからメールを受け、RPCでメールボックスデータベースに配信する。
      • Mailbox Transport Submission: メールボックスデータベースデータベースからRPCでメッセージを取り出しTransport serviceへ投げる。ローカルにキューを貯めない。
  • Exchange Server 2007, 2010とは異なり、2013のCASは規定の状態で匿名ユーザーからのメールを受信するように構成されている。
  • 組織には4つの方法でメッセージが入ってくる
    • Receive connector
    • Pickup, Replayディレクトリ
    • Mailbox Transport service
    • Agent Submission
  • Transport Agentは2013でも健在。2010のHUB用に書かれたものは2013でも動く。
  • メールボックスもtransportサービスを持つため、全サーバーがDAGを認識して動作する。
  • 配布グループを展開するのはメールボックスサーバー。

 

すべてのサーバーがトランスポートサービスを持ち、それぞれ明確に役割分担していますね。どちらかと言うとCASよりもMBXの方が色々メール周りの処理を行なっているというのは中々面白いところです。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。