handshake  behind a corporative building.Great for any design.
1件のコメント

Exchange 2010を仮想化し役割を統合する

Exchange 2010を仮想化し役割を統合することについて以下で書かれています。(英語)

要約は以下です。

 

ただし、この構成ではDAGはFailOverClusterを使っており、Fail Over Clusterが機能している状態でのNLBはサポート外なので、ハードウェアロードバランサーは必須になります。実際に私の知っているある程度大規模な顧客でも3つのロールを共存させた構成で正常に稼働しており、悪くない構成であると思います。

以下のExchange Teamのブログエントリではかなりこの構成をおすすめしています。

HUB, CASが同居、MBXは別サーバーという構成はExchange Server 2007の時にはMBXを冗長化した上で他のロールと共存できなかったのでよくありましたが、2010以降では3ロール共存をまず検討してよさそうです。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。