サイジングの友。Exchange 2013 Server Role Requirements Calculatorが公開されています。

以前からExchange guysの間では使うのが常識になっているExchangeのサイジングツールですが、そのExchange Server 2013版が出ています。しかもメールボックスサーバーに限定されていない、全ロール向けのものになっています。助かりますね。

サイジングは適当に行ってしまうと後で困るわけですが、きちんとやろうと思ってもアーキテクチャを理解していないと出来ない難しいものです。

例えばメールボックスを格納するディスクのサイズを計算しようと思っても単純にユーザーが使う領域を人数分掛け算すれば良いわけではなく、削除済みアイテムの領域も必要だし、削除されたメールボックスが完全に消されるまでの領域も必要だし、検索のためのインデックスを格納する領域も必要だし、トランザクションログ領域も必要だし、バックアップに失敗してトランザクションログがクリアされない時のための余裕も必要だし、DAGのメンバが長期間停止した時の考慮も必要だし……と、言い出したらきりもなければ抜け漏れも出やすいわけです。それが開発チームからガイドラインが出て、必要なパラメータを入れると参考値を出してくれるわけですから使わない手はないですね。

最もこれがあればあとは何もいらないわけでは全くありませんけれどもね。

リンクはリンク集にも追加しておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。