Exchange Server 2010 DAGのトランザクションログがバックアップしても消えない

Exchange Server 2010のDAGのトランザクションログがDPM 2012でバックアップを実施しても消えないという話を受けて、調査してみました。

調べた所以下のブログに非常に良い情報がありました。

Exchange Server 2010 SP1以降挙動が変わっており、要点は以下とのことです。

  • ログファイルを消しているのはバックアップソフトウェアではなくて、ExchangeのReplicationサービス
  • トランザクションログが作成されたタイミングのチェックポイントがログファイルに埋め込まれている
  • DAGのコピーノード毎にどこまでログの切り詰めをしていいか報告される
  • 一番わかい番号までログのきりつめを行えると判断されるが、実際には”checkpoint depth”の分だけは消さずに残しておく
  • 切り詰めされるのはきちんと増分バックアップされているファイルのみ
  • “Checkpoint at log creation time”はeseutil /ml <ログファイル名>”で確認できる

要は、きちんとバックアップが成功していても、チェックポイントとして100程度、実際のファイル数としてはそれ以上のログファイルが残っているのが正常だ、ということです。

今回の検証環境では200ファイル程度ログファイルが残っており、確かに最新のログと最古のログとでチェックポイントとして100の違いがありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。