1件のコメント

およそ1年ぶりにTOEIC IPを受験しました。

およそ1年ぶりにTOEIC IPを社内で受験しました。先ほど受験がおわったばかりでまだ結果は出ていないのですが、受験した時の感覚…を記録しておくべく、ブログ記事を書いておきます。

 

リスニングは「できた」気がした

まず、リスニングに関しては練習も含めて今までの中で一番「できた」感じがしました。聞き取れなかったのはナチュラルな発音じゃない話者のほんの数問のみで、ほぼ全部聞き取れました。さらに、問題を先に読んでおいて英語を聞きながら途中で答えをマークしていく事まで出来ました。英語を聞きながら同時に読む…という事が今までほぼできなかったのですが、今日はできてよかったし、「聞き取れたはずなのに、もう覚えてない!」ということが無くてストレスが無くて良かったです。

TOEIC用の勉強はしていませんが、英語は毎日沢山聞いているので(最近はChannel9の動画をiPadに入れて通勤中にずっと見てます)、リスニングの力は伸びてる模様です。スコアにも出てると良いけどな…。

前回の受験後の感想は以下。

それにしても、今回あらためて思ったのは、「話を聞きながら、同時に読む」という能力の低さです。同時にやるとどちらも頭に入ってこないです。これが出来ないとリスニングのスコアは上がらないと思うし、実際の英語を使う場面でも必要になってきてます。この部分をきちんと練習する必要がありますかね…。

うん。この感想からすると、1年で間違いなく英語能力は向上してますな。

 

リーディングは「終わらなかった」

リーディングに関してはTOEICテストの時間配分をすっかり忘れてのんびりやってしまい、全然終わりませんでした。10問程度は終わらずにマークを全部Aにつける感じになっちゃいました。読む速度自体は上がってる感じを日々英語のブログ等を読んで実感してたので残念!

前回の受験後の感想は以下。

そんな中でも、リーディングテストで練習ふくめてはじめて制限時間内に解き終えた…というのは自分の中で大きかったです。実際にスコアもリーディングで上がってますし、英語を読むスピードと正確性は向上したようです。リスニングセクション中にリーディングセクションをやってしまうようなテクニックも以前はやってましたが、現在は明確に禁止され、そういう意味でも時間は以前より少なかったわけで、能力の向上を実感できると嬉しくなりますね。受験期間を空けたことの良い点だと思います。

うーん。前回は最後までおわってよかった~って感想だったのに…ですねぇ。いつもコンピューター関連の英文しか読んでいないのでそこに特化されすぎているかも…。TOEICの事を考えると、一般のニュース記事なんかも読むようにしたほうが良さそうですね。でも、それは時間が勿体無いからやらないかな…。

次回の受験(来年?)にはリーディングセクションは「急いでやる」事を意識しないとダメですかね。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。