SCCMのログファイルの確認方法

SCCMで何かうまくいかないことが起きた時には、ログファイルを確認することになります。サーバー側、クライアント側両方に多数のログが生成されているのですが、メモ帳で開いて見るのは中々厳しいログです。そこでサーバー上にログファイルを閲覧するためのツールが用意されています。

ツールの置かれている場所は”C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\tools\cmtrace.exe”です。

Image(13)

 

初回起動時には、*.logへの関連付けの設定が行えます。

Image(14)

 

サーバー上のログファイルは”C:Program FilesMicrosoft Configuration ManagerLogs”に格納されています。

Image(15)

 

何か問題がある場合には、問題の箇所が赤でハイライトされます。

Image(16)

単純にインストールしただけなのにうまく動いていない事が結構あるので、ログファイルはこまめにチェックしたほうがよさそうです。

 

ログファイルの場所に関しては以下のKBに記載されています。

あまりにも多くのログファイルがあってクラクラしますね…。

さらに、このツールはクライアントPCにコピーすればクライアントPC上のログの確認にも使えます。ノートパットで見るよりもはるかに便利なので是非使ってみて下さい。追記されたものも自動的に見られて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です