SCCMのクライアントアクションをスクリプトで実行する方法

SCCM自体ほぼリアルタイムに反応するようなシステムではなく、設定が反映されるまでに長い時間がかかってしまいます。ですが、そういう環境でも「なるべく早く設定を反映したい、結果を得たい」という時にはクライアント側でアクションをキックする、ということができます。

クライアントアクションは以下のように多数存在しています。

クライアントコンピューター上で1台ずつすべて操作をするのも大変なので、スクリプトでキックできると素敵です。これはCPAPPLET.CPAppletMgrというCOMオブジェクトを使うことで可能です。以下、VBScriptとPowerShellのスクリプト例です。

参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です