SCCMでクライアントが自動承認されない場合のチェックポイント

System Center Configuration Managerでクライアントが自動承認されない現象がありました。自動承認されるにはいくつか条件が必要なので、今回わかったポイントを書いておきます。

クライアントのログとしては「ClientIDManagerStartup.log」に「Approval status」が記録されており、承認されているとこれが1に、承認されない状況だと0になります。以下は手動で承認した状況のログです。

ClientIDManagerStartup.log(34): <![LOG[[RegTask] – Client is registered. Server assigned ClientID is GUID:2A9845EB-B858-42AA-BB46-51DEB2858736. Approval status 0]LOG]!><time=”14:31:33.175-540″ date=”11-28-2013″ component=”ClientIDManagerStartup” context=”” type=”1″ thread=”2004″ file=”regtask.cpp:1755″>
ClientIDManagerStartup.log(77): <![LOG[[RegTask] – Client is domain-joined and already registered. But the client is not approved yet. Retry in case it was not approved because of AD issue. Retrying 1 time]LOG]!><time=”22:37:30.771-540″ date=”11-28-2013″ component=”ClientIDManagerStartup” context=”” type=”1″ thread=”3068″ file=”regtask.cpp:789″>
ClientIDManagerStartup.log(94): <![LOG[[RegTask] – Client is registered. Server assigned ClientID is GUID:2A9845EB-B858-42AA-BB46-51DEB2858736. Approval status 1]LOG]!>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です