SCOMでのO365監視

SCOMでのO365監視設定の手順を書き残しておきます。

O365 管理パック

上記から入手できます。手順はいっしょにダウンロードできるWordドキュメントから入手できます。

 

O365監視用ユーザー作成

https://login.microsoftonline.com にアクセスする。

管理者アカウントでサインインを行う。

管理画面にて「新しいユーザーを追加する」をクリック

image

image

clip_image003

※この時入力する「連絡用電子メールアドレス」は結局管理者であれば全てのアカウントのパスワード管理ができるので、任意のものを入力すれば良いです。

clip_image004

ライセンスは「何も割り当てずに」次へをクリックします。

clip_image005

image

 

(オプション)監視用ユーザーのパスワードを無期限にする

Microsoft Online Services Sign-In Assistant for IT Professionals RTWのインストール

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=41950

からダウンロードしてインストール。64ビット版推奨。

clip_image001[4]

clip_image002[4]

clip_image003[4]

Azure Active Directory Module for Windows PowerShell(64ビットバージョン)のインストール

http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=236297

からAzure Active Directory Module for Windows PowerShellをダウンロードしてインストールします。

clip_image004[4]

clip_image005[4]

clip_image006[4]

clip_image007

clip_image008

Azure ADへの接続

Import-module MSOnline

connect-msolservice

clip_image009

Azure ADに接続できるクレデンシャルを入力する。

 

ユーザーのパスワードを無期限にする

Set-MsolUser -UserPrincipalName <user ID> -PasswordNeverExpires $true

 

SCOMへのO365管理パック追加

管理パックダウンロード

以下のURLから管理パックをダウンロードします。

clip_image001[6]

clip_image002[6]

管理パックのインストール(ローカルディスクへの配置)

ダウンロードしたmsiをSCOMサーバー上で実行します。

clip_image003[6]

clip_image004[6]

clip_image005[6]

clip_image006[6]

この操作で管理パックが以下の場所に配置されます。

C:\Program Files (x86)\System Center Management Packs\System Center Management Pack for Office 365

clip_image007[4]

SCOMへの管理パックインポート

clip_image008[4]

clip_image009[4]

clip_image010

clip_image011

clip_image012

clip_image013

 

SCOMへのO365サブスクリプション追加

サブスクリプションの追加

SCOMコンソールで[管理]にて[Office 365]セクションに移動します。

image

[Add subscription]をクリックしてウィザードを起動します。

image

ここでは専用に作成した監視用の管理者ユーザー(ライセンス割り当て無し)を指定します。

clip_image003[8]

ここではサーバーリソースプールを選択します。独自のリソースプールを作成できれば望ましいですが、このあたりはリソースと監視対象量との兼ね合いになります。

clip_image004[8]

この手順をサブスクリプションの数だけ繰り返します。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です