SCCM 2012 R2をSQL Server 2014を利用して新規インストールする方法

SCCM 2012 R2をSQL Server 2014をSQL Serverとしてインストールしようとすると、以下のようにエラーとなってしまいます。

Image(95)

一時期、SCCMでのSQL Server 2014のサポートはされていない時期があり、サポートはされるもののSQLをアップグレードするシナリオでのみサポートされている時期もありました。ですが、現在ではきちんと新規インストールでもサポートされるようになっています。

方法は、SCCMのインストーラーを展開し、hotfixで一部上書きする方法です。

Hotfixを展開すると以下の2つのDLLが入手できます。

Image(96)

これらを、「SMSSETUP\BIN\X64」に上書きすればOKです。

あとは「SMSSETUP\BIN\X64\Setup.exe」を実行して普通にインストールすればインストールに成功します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です