SCCMにてレポートを自動生成し、メールで送付する方法

SCCMにてレポートを自動作成して、メールで送付したいケースは結構あるものと思われます。

簡単な手順で実行できますので、そのやり方を紹介します。

まず、自動生成したレポートを探します。そして「サブスクリプションの作成」を行います。

clip_image002

※目的にあったレポートが規定のレポート群から見つからない場合には、カスタマイズして作成するのも良いですね。

あとはこのウィザードをすすめていけばよいだけ・・・なのですが、結構な環境で配信方法に「Windowsファイル共有」しか存在しないのではないでしょうか。

clip_image004

SCCMのレポートおよびレポート配信は完全にSQL ServerのReporting Servicesの機能を利用しています。ですので、Reporting Services上でメール配信の構成を予め行っておく必要があります。

以下が、その構成方法が書かれているページです。

残念ながら英語のみですが…。

ここでは、別途SMTPを投げつけるとメールを送信してくれるSMTPサーバーがいる場合の設定を紹介します。

clip_image006

SQL Server 2014 Reporting Services構成マネージャーを起動します。

clip_image008

SCCMが利用しているレポートサーバーインスタンスに接続します。

clip_image010

「電子メールの設定」に適切な設定を入力して「適用」を押します。

clip_image012

これでレポートサーバーへの電子メールの設定が行われました。

再度SCCMサーバーでサブスクリプションを作成します。

clip_image014

レポート配信手段として「電子メール」も構成可能となりました。

clip_image016

適宜パラーメーターを埋めます。Toの部分が「終了」になってしまっているのはローカライズのバグですね…。

clip_image018

配信スケジュールを設定します。

clip_image020

レポートパラメータを決定します。

clip_image022

clip_image024

設定したサブスクリプションはReporting Serviceのレポートマネージャーサイトから確認出来ます。

clip_image026

clip_image028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です