Windows Server 2016へのSystem Center Configuration Manager Current Branchインストール中に文字化けが発生する

件名の通りなのですが、久しぶりに検証環境を新規に構築する必要があり、作業をしていましたら、SCCMのインストールウィザード中の前提条件の確認で文字化けが発生してしまい、メッセージが読めませんでした。 Windows Server 2012 R2ではこの現象には出会ったことがないので、推測ですが、Windows Server 2012 R2には含まれているが、Windows Server 2016に...

SCCMのコンプライアンス設定を使って、ローカルのアドミニストレーターグループに特定のグループが入っているかどうかを検出する

今回はSCCMのコンプライアンス設定の1つの例として、ローカルのアドミニストレーターグループに特定のグループが入っているコンピューターを抽出し、さらには修正まで行ってみたいと思います。 まず、コンプライアンス設定として構成項目を作成します。   今回はローカルアドミニストレーターグループに対してTestGroupが入っていたら、それを検出するようなものを作成してみましょう。  ...

SCCMでのWindows10のビルドバージョン/サービスブランチの確認方法

Windows 10ではCB(Current Branch), CBB(Current Branch for Business), LTSB(Long Time Service Branch)というようにリリース速度によって複数のブランチがあります。 新機能が出てきたらすぐに展開されるもの、そおから数ヶ月たってから展開されるもの、長い期間ずっと同じバージョンで安定させるもの…。 詳しい説明は以下が...

Orchestratorの「.NETスクリプトの実行」アクティビティ内で最新のバージョンのPowerShellを利用する

Orchestratorの「.NETスクリプトの実行」アクティビティ内でPowerShellスクリプトを実行した際には、古いバージョンのPowerShell環境が立ち上がります。このせいで、「手で動かしたら動くのに、OrchestratorのRunbookにしたら動かない!」という状況が発生します。 回避策として以下のレジストリ設定をOrchestratorサーバー上で行うことで最新バージョンのP...

SCCMにてレポートを自動生成し、メールで送付する方法

SCCMにてレポートを自動作成して、メールで送付したいケースは結構あるものと思われます。 簡単な手順で実行できますので、そのやり方を紹介します。 まず、自動生成したレポートを探します。そして「サブスクリプションの作成」を行います。 ※目的にあったレポートが規定のレポート群から見つからない場合には、カスタマイズして作成するのも良いですね。 あとはこのウィザードをすすめていけばよいだけ・・・なのですが...

Configuration Managerの配布ポイントのコンテンツの状況の確認ツール「Content Library Explorer」

Configuration Managerの配布ポイントへのコンテンツ展開状況の確認は直接共有を覗く!…というのも可能ですが「Content Library Explorer」を使用するのが簡単です。Content Library ExplorerはSystem Center 2012 R2 Configuration Manager Toolkitに含まれています。以下からダウンロードできます。...

SCCMのコレクションを「PC名の末尾の数字」で作成する/webmtestでテストする

SCCMのコレクションを「PC名の末尾の数字」によって作成し、ある程度ランダムに、均等に分割して管理したい…という要望がありました。 これはWQLのクエリを書くことで実現できますね。例えば「末尾1で終わっているもの」を抽出するには以下のようなクエリで実現できます。 select * from SMS_R_SYSTEM where SMS_R_System.Name is like “%...

SCSMセルフサービスポータルのインストールに失敗する

SCSMのセルフサービスポータルHTML5で実装された新しいものが発表されておりますが、先日SilverlightベースのSCSMのセルフサービスポータルを諸事情あり構築する必要がありました。その中でインストールに失敗する事象があったので書き残しておきます。 下記の画像のように、セルフサービスポータルのインストール中にエラーが発生し、インストールはロールバックされてしまいました。 色々調べたのです...

Service ManagerのセルフサービスポータルでOrchestratorのRunbookを公開するあたりの設定の理解

Service ManagerのセルフサービスポータルでOrchestratorのRunbookを公開するあたりの操作ははじめてやるとわかりにくいと評判ですが、一度わかってしまえば大したことないのも事実です。今回はちょっとこの辺りのメモを自分用に書いておきます。 Service ManagerとOrchestratorの連携は、Service Manger側が一方的にRunnbookを認識しRun...