System Centerを中心とした統合管理~オンプレミスからクラウドまで

ここの所色々忙しくて全然ブログに投稿できておりませんでした。やっと少し自分の時間を持てるようになってきたので久しぶりの更新です。 忙しくしている間に、Microsoft MVPとしてCommunity Camp 2014のWebinarで喋らせてもらいましたのでその時の資料を共有しておきます。   System centerを中心とした統合管理-オンプレミスからクラウドまで from M...

SCVMM 2012 R2のネットワーク周りの理解に非常にお勧めのTechNet Virtual Labs

以前「SCVMM 2012 SP1のネットワーク周りが難しい | System Center Blog」というエントリも書きましたが、その後それなりにネットワークの仮想化も含めて理解が進んでおります。そんな中で「これは良い!」という教材を教えてもらったのでシェアします。 TechNet Virtual Labs TechNet Virtual Lab: Configuring Networking...

Azure Site Recoveryでクラウドおよび仮想マシンの保護を有効にする際にハマったこと

以前ブログ記事でも紹介しましたが、現在Azure Site Recoveryの検証を進めています。 Azure Site RecoveryでAzureをDR先に構成可能に | System Center Blog 実際に検証を進める中で、仮想マシンの保護を有効にするまでにいくつかハマったポイントがありましたので共有します。 参考情報 Azure Site Recoveryって何?という方のためにリ...

SCVMMのメモリ計算ロジック / SCVMMの「バーチャルマシンのワークロードをサポートするハードウェアに展開できません」エラー

SCVMMで新規に仮想マシンを展開することができない事象が発生しました。 この評価時のメッセージのみからでは原因がよくわかりませんでした。タスクIDからメッセージを追うには以下のようにSQLサーバーのテーブルを直接覗く必要があるようです。 Task IDs in VMM 2012 今回の場合は新規に仮想マシンを展開しようとした時の評価結果をきちんと見たいだけなので以下のようにしてGet-SCVMH...

SCVMM エラー 20552

SCVMMのエラー対応の備忘録です。エラー20552発生時にはSCVMMのサービスアカウントがHyper-Vホストのadministratorsグループから削除されてしまっている場合があります。 タイミングとトリガーは不明ですが、何度か構築中にSCVMMのサービスアカウントが管理者では無くなってしまい、このエラーが発生することがありました。安定して運用するようになってからは発生していません。

セミナーの動画が公開されました。「System Center + EMCストレージで 楽をしましょう!」

2014年3月12日にEMCジャパン本社で行われたセミナーで30分ほど喋らせてもらったのですが、その際に撮影された動画が公開されましたので紹介です。 このような場で話をするのははじめてだったので不慣れな点が多く見られますが、よろしければ御覧ください。 System Center+VSPEXで実現可能!JBSのプライベートクラウド環境 System Center + EMCストレージで楽をしましょう...

System Center サイジング情報まとめ

System Center 2012 R2のサイジング情報をまとめようとしてみています。まだまとめきっておりませんが、必要になったらこのページを更新していこうと思っています。情報がありましたら、コメント等で教えてもらえると嬉しいです。 なお、いつも英語版が更新されてから日本語版が後日翻訳および更新される…という感じですので極力英語のドキュメントを直接参照することをお勧めします。特にSPや新製品の登...

HP Insight Control for Microsoft System Center

HP Insight Control for Microsoft System CenterはSystem CenterとHPの製品を連携させるソフトウェアです。 以下は日本語のページなのですが残念ながら更新されていないようです。情報は古いです。 日本HP – HP Insight Control スイート for Microsoft System Center:Showcase 以下...

SCVMMのライブラリで「隠し属性」回りは注意が必要

SCVMMライブラリのスキャン中にSCVMMのサービスがクラッシュするということが頻繁に発生しました。結局色々調べたうえでライブラリ上の実ファイルとSCVMMのDB上のレコードの不整合に起因していたことが原因だったようです。以下のFAQには隠し属性がついているファイルに関してはライブラリに登録されないと書かれています。 Frequently Asked Questions: VMM Library...

SCVMM 2012 SP1ではSCSIアダプター数は最大4までしか扱えない

SCVMM 2012 SP1で仮想マシンの設定を変更しようとしたところ、以下のようなエラーが発生してしまいました。 エラー (23437) ID [xxxxxx] のバーチャル マシン、テンプレート、またはハードウェア構成でこの操作を行うと、指定されたクラウドおよびファブリックの機能に必要な SCSI アダプター数 (0 ~ 4) になりません。 推奨される操作 SCSI アダプター数が 0 ~ ...