2件のコメント

Windows Server 2012の検証環境にVyatta(Linuxルーター)を導入する

ずっとまえに書いたブログの下書きが残ったままでもったいないので公開しちゃいます。Windows Server 2012の検証環境で複数セグメントをネットワーク管理者の手を煩わせずに作りたくてVyattaを使っています。かなり簡単にお手軽にルーターを構築できるので助かってます。2013年6月ごろの手順ですが、今でもほぼ変わっていないだろうと思います。

 

ダウンロード

新規仮想マシンを作成してISOファイルをマウントする。

clip_image001

仮想マシンを電源ONして、コンソールを開く。

clip_image002

id: vyatta, password: vyattaでログイン

clip_image003

install systemを実行

clip_image004

ディスクは1つしか接続していなかったのに、なぜかディスクが2つ見つかり、ミラーにするかと聞かれて困惑する。とりあえずNoと答えておく。

あとは、基本的に全部規定の回答でインストール。特に迷うところもありませんでした。

clip_image005

Windows Server 2012の統合当初は色々とネットワーク周りで問題があったようだが、2013/06/20現在では特になんの問題もなく(統合)ネットワークアダプタが認識されました。楽でいいですね。

今回まず2つのネットワークをルーティングしたかったので、NICを2つ接続しています。

ネットワーク設定をするために、どちらがどちらのネットワークに接続されているのかを知る必要があります。色々方法はあると思いますが、私は動的に設定されたMACアドレスを確認しました。

image

 

vyatta側のMACアドレスはshow interfacesコマンドで確認出来ます。

clip_image007

 

set interfaces ethernetコマンドでアドレスを設定します。

clip_image008

その後、commitで反映、saveで設定を保存するします。これでOKです。

 

なお、使っている中でNICのMACアドレスが意図せず変更され違うNICとして認識されてしまい構成が反映されないことがありました。これを防ぐにはMACアドレスが動的に設定されたあとで、同じ値を静的に登録しておくのが良いのでは無いかと思います。

clip_image009

構成する上では以下の記事が非常に参考になりました。

 

子供3人。家族優先。都内SIer勤務。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。 Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management.

2件のコメント

  1. Vyattaの無償版はBrocadeに喰われた影響で消滅したっぽいですね・・・
    VyOSが一応の後継のようです。

    1. 情報ありがとうございます。サイトに行って状況を確認しました。おっしゃる通りの状況ですね。

      forumでのbrocadeからの応答が無いところが残念な感じですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。