Internet Explorerに関しての重要なサポートポリシーの変更

ちょっと前のことですがInternet Explorerのサポートポリシーに関して非常に重要な変更がアナウンスされています。個人ユーザーはあまり気にしなくて良いと思いますが、企業ユーザーには非常に重大な内容です。皆さんもう認識済みでしょうか?

2016 年 1 月 12 日以降、サポートされるオペレーティングシステムで利用できる最新バージョンの Internet Explorer のみがテクニカル サポートとセキュリティ更新プログラムを提供されるようになります。

2016 年 1 月 12 日以降、下の表に示す、サポートされるオペレーティング システムで利用できる最新バージョンの Internet Explorer のみがテクニカル サポートとセキュリティ更新プログラムを提供されるようになります。

Windows デスクトップ オペレーティング システム Internet Explorer のバージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Update Internet Explorer 11
Windows Server オペレーティング システム Internet Explorer のバージョン
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 IA64 (Itanium) Internet Explorer 9
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 IA64 (Itanium) Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11
Windows Embedded オペレーティング システム Internet Explorer のバージョン
Windows Embedded for Point of Service (WEPOS) Internet Explorer 7
Windows Embedded Standard 2009 (WES09) Internet Explorer 8
Windows Embedded POSReady 2009 Internet Explorer 8
Windows Embedded Standard 7 Internet Explorer 11
Windows Embedded POSReady 7 Internet Explorer 11
Windows Thin PC Internet Explorer 8
Windows Embedded 8 Standard Internet Explorer 10
Windows 8.1 Industry Update Internet Explorer 11

 

これはつまり、企業ユーザーが社内のWebアプリケーションの事情でIEの下位バージョンを使い続けてしまっている現状に対するMicrosoftからのNoなのだろうと思います。勝手な推測ですが、O365でのサポート対象であるはずのIEバージョンでの動作不具合対応が多すぎてサポートしきれないという現実があるのではと思っています。

2016年1月12日までには新しいブラウザへの対応を済ませないと、セキュリティ更新プログラムを適用不可能になってしまうわけですから、さすがに企業ユーザーでの対応も進むのかなと思います。2016年だからまだ先…とも言えません。企業によっては今すぐ対応にとりかかっても期間的に厳しいところも多数あると思います。

MSもそのあたりの対応は一応考えていて、最新のIE11では「エンタープライズモード」を搭載し、下位互換性を高めています。

とはいえ、動作確認と必要によっては改修とテストが必要になるため、猶予は本当にあまりないなと思います。Microsoftの向かっている方向(クラウドファースト、モバイルファースト)を考えるならば、やはり常に最新のブラウザで常に更新プログラムを適用し続けられるような開発体制、サーバー/クライアント環境であるべきなのだろうと思います。社内のWebアプリの自動テストなども実装されていて当たり前にしなくてはいけないでしょう。

言うのは簡単ですが…。

子供3人。家族優先。都内SIer勤務。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。 Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。