Miracastについてすこしだけ調べてみました

最近身の回りにSurface HUBが複数台ある環境なのですが、Surface HUBへの投影方法として提供されているMiracast(ミラキャスト)がうまく動作しない(PC側からSurface HUBを見つけられない)という事象がありました。

Miracastに関してはまだ何も調べたことがなかったので、トラブルシューティングのとっかかりもつかめなかったため、すこし調べてトラブルシューティングができる程度にはなりたいと思います。

というわけで、この記事は勉強したことの記録です。ですので、深い話があるわけではありません。

 

  • AppleのAirPlayに代わるオープンな企画
    • 対応していれば機種が異なっていてもつながる
  • 接続はP2P型のWi-Fi接続であるWi-Fi Directを使う。
    • Wi-Fiに接続している状態でイーサネット接続デバイスとTCPで繋がって画面をストリームして…というわけではない
    • 対応機器同士が1対1でつながる
    • Wi-Fi Directを使うためにMiracast接続時には通常の無線LAN接続は無効化される
      • …という記載が見られるが、そうもない、という情報も見つかる。自分で確かめたい。
      • 違う周波数帯を使って1つはアクセスポイントに、1つはWi-fi Directに接続…ということができるらしい。
      • Source, Sink共にアクセスポイントへのアクセスあり、無しの接続パターンあり。
  • WindowsではWindows8.1以降でMiracast対応
  • HDMIとの共通部分も多いが別物
  • プロトコル周り
    • 通信路はWifi Direct
    • セキュリティはWPA2
    • 伝送プロトコルはRTP
    • 伝送制御プロトコルはRTSP
    • 映像はH.254
    • 音声はLPCM/AAC/AC3
    • 多重化はMPEG2-TS
    • 著作権保護技術にHDCP2.0/2.1

 

参考にしたもの

 

 

 

 

…。と、ここまで調べてから改めて、Wifi Allianceの 以下のドキュメントを見てみると…、ここまでの話とはまた全然違う話が書かれていました。

 

例えば接続形態に関してだけでも以下3つが記載されています。

  • Wi-Fi P2P
  • TDLS
  • Infrastructure and Wi-Fi Protected Setup

 

規格と実装も違うでしょうし、企画自体もバージョンアップしますし。ネットの記事も古くなりますし。このあたりはやっぱり難しいなぁと改めて思うのでした…。

Surface HUB関連の情報としてはとりあえず以下のあたり…。

子供3人。家族優先。都内SIer勤務。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。 Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。