ansibleが使えるコンテナイメージ

TerraformでWindowsVMを展開した後はansibleで構成を自動化しようと考え中です。

Windowsからの管理は現実的に無理みたいなので、仕方なくDocker for Windows上のLinuxコンテナで管理しようとかんがえています。

ansibleの公式イメージをpullすれば瞬殺だろうと思ったのですが以下のあたりはもう公式ではイメージメンテナンスされてません、ということだったのでそのままの利用を躊躇してしまいました。

で、勉強も兼ねて自分でDockerfileを書きました。(あまり根本的解決になっていない気もしますが)

Dockerfile作成中には「pip install –upgrade pip」というコマンドも入れていたのですがこちらはpipの9と10のバージョン違いによるトラブルが発生してしまいうまく行かず。結局pipのアップグレードはやらないことにしました(逃げ)。

このあたりは下記ブログに解説されていました。

助かりました。ありがとうございます。

 

というわけで、Dockerイメージも準備できました。

次は、このコンテナを利用して、Azure上に展開したWindowsVMを自動構成する予定です。明日時間取れる予定…!

業務時間にこうやって自分がやりたい領域のことを勉強しながら作業できるのは本当にありがたいです。(注意:遊んでいるわけではありません。仕事です。)

子供3人。家族優先。都内SIer勤務。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。 Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。