Azure Migrateのラボを体験

皆さんこんにちは。胡田です。

Windows Server 2008, 2008 R2のサポート終了が間近に迫る中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

Azureへの移行にはAzure migrateが良い感じに使えます。スクリーンショットがほしい状況がありましたのでAzure Migrateのラボの手順をなぞりましたので簡単にスクリーンショット含めて共有しておきます。

Azure Migrateこれでまずは無料で使えちゃうっていうんですからすごいですよね~。

スタートはこちら

 

image

ハンズオン ラボで Azure Migrate を試すという素敵なリンクがありますのでクリックします。

 

image

環境が自動作成されます。素敵ですよねぇ、こういうの。

 

image

環境ができました。目的が明示されます。Azure MigrateではオンプレミスのVMWare環境をアセスメントしてAzureにマイグレーションできるのか、パフォーマンスの状況からのサイジングの提示、コスト見積もりなどができる、ということですね。

地味に、VMWare環境のみが対象なのが現時点の弱点です。Hyper-Vへの拡張も普通に考えてありますよね!

 

image

マイグレーションプロジェクトを作成します。

 

image

Ctrl + Alt + Deleteを押してスタートです。パスワード等は下の説明に書かれています。

 

image

Azureにアクセスしていきます。

 

image

クレデンシャルは「Resources」にまとまってますね。

 

image

クリックするだけで入力してくれるのですが、キーボードレイアウトの影響でしょうか。記号が…。このあたりはパスワードも含めてがんばって対応します。

 

image

Azure管理ポータルにはいれました!

 

image

Azure Migrateを検索、選択します。

 

image

指示通りにMigration projectを作成します。ちなみにリソースグループを新規に作ろうとしたら権限がないと怒られました。デモ環境としてよくできていますね。

 

image

作成にはちょっと時間がかかります。そんなことまで教えてくれるUIが素敵です。

 

image

Migration projectに移動します。プレビューはもうとれてますね。

 

image

今作成したものをクリックします。

 

image

できたばかりの新品のプロジェクトです。まず、仮想マシンを探していきます。

 

image

正規の手順では情報収集のためのアプライアンスをダウンロードし、VMWare環境上に作成するのですが、それはもう終わっているそうです。素敵!3, 4のステップに進みます。

 

image

はい。次に進みます!

 

image

では、VMware環境を探索していきましょう。

 

image

vSphere環境にアクセスしていきます。

 

image

入れました。この環境でどこまで何ができてしまうのか…にも興味ありますが、それは試さないことにします。

 

image

コレクターの仮想マシンの電源を入れました。

 

image

IPアドレスを確認(10.10.10.11)

 

image

RDPで接続していきます。

 

image

Run Collectorをスタートします。

 

image

 

image

vCenterへの接続情報はこの環境でははじめから入っていました。リードオンリーの権限で十分とのことです。

 

image

きちんとVMWare環境に接続できました。

 

image

Project IDとProject KeyはAzureポータル上から入力します。

 

image

データ収集が開始され、終了しました。あとはAzure側へのデータ連携は自動でやってくれますね。

 

image

データの収集から表示にはしばらく時間がかかるので、すでに準備済みの環境を見せてくれるそうです。いたれりつくせりですね…。

 

image

さて、探索した環境に対してのアセスの結果をみていきます。

 

image

違うユーザーでAzure管理ポータルにアクセスします。

 

image

ディレクトリの切り替えの必要は今回はありませんでした。ポータルのUIが変化しており、説明がちょっと古いですね。

 

image

Migration projectsにアクセスします。

 

image

LabProjectをみていきます。

 

image

 

image

2台のVMを選択してアセスメントを作成します。

 

image

計算してくれています。

 

image

Readyになったので見ていきます。

 

image

持っていけるのか、いくらかかるのかなど、一目瞭然ですね。

 

image

VMサイズだったり、移行に使うツールなどもおすすめしてくれています。

 

image

個別の仮想マシンをもうちょっと細かく見ることもできますね。

 

image

こちらはコストの詳細です。コンピュートの料金、ストレージの料金なども表示されています。

 

image

Edit propertiesにて見積もり条件の変更やVMの稼働時間の想定の変更等も可能です。

 

image

実際に取得したパフォーマンス情報に基づいたサイジングであると同時に、どのくらいの安全係数を取るのか、というような設定も行えるのは良いですね。

 

image

Excel形式でのエクスポートもできるのが地味に嬉しいですね。この環境にはExcel入ってませんでしたが…。

 

image

大規模な環境のデモ環境に切り替えました。335台のVMがある環境ですね。大きい。

 

image

依存関係を見ていきます。

 

image

サービスマップにて依存関係が表示されています。やっぱりサービスマップは素敵ですよね!

 

image

依存関係のあるVMを複数選択してグループを作成します。

 

image

グループを作成します。

 

image

image

このアセスメントは一部の仮想マシンに修正をいれないといけないパターンですね。

 

image

ブートタイプやOSの種類という点でReadinessに注意が出てますね。それでもASRでマイグレーションできちゃいます、ということですね。

 

image

image

これで終了です。

 

あとはASRで移行する流れになるわけですね。

子供3人。家族優先。都内SIer勤務。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。 Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
11月15日にHuaweiさん、IIJさん、Microsoftさん、JBSでAzure Stackのセミナーを行います。私も登壇させてもらいます。懇親会もあります。 是非ご参加下さい! セミナー申し込みページ:https://www.jbs.co.jp/event/list/2018/1115